六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

電子タバコ 28

蒸留(1)

 

 電子タバコ(27)「蒸留装置の製造(3)」で製造した蒸留装置を使い、試験的に蒸留を実施した。

 電子タバコ(23)「電子タバコのリキッド製造(12)」で辛味抽出液3を作る際に出た、濾過後のアルコール漬けの残滓が残っていたのでそれを利用した。

 

◆蒸留手順
1)圧力鍋に水だけを入れ、ホースを繋ぐ。
2)鍋を加熱し、ホースから蒸気を出す。
3)蒸気からホース臭がしなくなったら予備蒸留終了。
4)鍋に残ったお湯を捨て、新たに少量の水と残滓を投入する。
5)鍋を加熱し、ホースから蒸気が出るまで待つ。
6)蒸気が出たらコーラ缶とサイダー缶(冷却水注入済み)の間にホースを差し込む。
7)コーラ缶を容器に溜めた冷却水に浸ける。
8)容器の冷却水を撹拌し続ける。
9)鍋の水が無くなったところで終了。蒸留水を取り出す。

 

◆結果
 75ccの無色透明の蒸留水を採取できた。

 アルコール漬けの残滓はシナモン臭を主とした強い臭いがあったが、蒸留水は僅かなシナモン臭がするだけで無味であった。
 唯の水と殆ど変わらないのでリキッド製造には使えないと判断した。

 今回は冷却水に水を多めにした雪との混合物(流動性がある)を用いたうえに、撹拌したことで冷却効果が上がり、缶から漏れる蒸気が少なくサイダー缶の温度もさほど上がらなかった。撹拌は効果的であることが分かった。
 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。