六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

電子タバコ 25

蒸留装置の製造(1)

 

 「電子タバコ23」で書いた通り、アルコールに浸けるだけでは香り成分を抽出できないのかもしれないと思い、蒸留を試してみることにしました。
 蒸留法は色々ありますが、簡単な蒸留法である直接蒸留法を採用することにしました。材料を直接水の中に入れて沸騰させ蒸留する方法です。

 直接蒸留法を行うには蒸留装置が必要ですので、蒸留装置の製造から始めます。

 

◆蒸留装置の製造過程
 1)コーラの缶の上部を切り取り、底に穴を開けます。

 

 2)水槽用のエアーホース(5m)を螺旋状に巻き、アルミテープで固定します。螺旋部は約10cm。

 

 3)1)のコーラの缶の中に螺旋部をいれ、ホースの端を穴から出します。
 4)ホースと穴の隙間をホットメルトでふさぎます。

 

 5)圧力鍋のフタに接続するために、太めのホースにエアーホースを差し込み、ビニールテープを巻いて固定します。
 6)圧力鍋のフタの蒸気噴出部にホースを差し込みます。

 

 

◆蒸留装置の使用方法
 1)圧力鍋に材料と水を入れ、フタをします。
 2)コップの上にコーラ缶を置きます。
 3)コーラ缶に氷水を入れます。
 4)圧力鍋を加熱し、沸騰させます。
 5)蒸気が螺旋部で冷却され、コップの中に蒸留水が溜まります。

 

◆蒸留装置のテスト
 蒸留を始める前に、水だけでテストをしました。
 結果は蒸留水を採取することが出来ましたが、50cc位の蒸留水を溜めるだけで、冷却のための氷水が熱湯になってしまい、ホットメルトが溶けていました。
 また、蒸留水にエアーホースの臭いが移っていました。
 
 蒸留水を採取することが出来ましたが、今回の蒸留装置は失敗でした。蒸留装置を作り直すことにします。
 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。