六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

尖閣問題の処理で日本孤立化

「歴史歪曲を非難」“被害者”の立場を強調 中露首脳共同声明全文を公表

 

 中国国営新華社通信は28日、27日に中国胡錦濤国家主席とロシアのメドベージェフ大統領が署名した第二次大戦終戦65周年を記念する共同声明の全文を公表した。声明には当初の見通し通り、「中露は第二次大戦の歴史歪曲(わいきょく)を断固非難する」との文言が盛り込まれ、領土問題を抱える中露が対日史観で連携する姿勢が浮き彫りになった。

 

 また、戦略的協力関係の深化に関する共同声明では「主権や領土保全にかかわる核心的利益を、お互いに支持し合うことは戦略的協力関係の重要な部分だ」と強調。沖縄・尖閣諸島(中国名・釣魚島)や北方領土といった具体的な名称の記載は避けたものの、領土問題で日本を牽制(けんせい)した形だ。

 

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/445451/
一部抜粋

 


 尖閣問題で日本政府が中国の圧力にあっさり負けたことで、ロシア北方領土問題で厳しくなると予想しましたが、早速とは。ロシアは仕事が速いですね。韓国もこの輪に加わるのも遠くないかもしれません。
 中国の領土拡張と戦っているASEAN諸国やインド中国を勢いづかせると怒っているでしょう。
 アメリカは安全保障の範囲内と明言したのにもかかわらず、へたれた事であきれたでしょう。

 

 左翼の人の中には「日本が孤立する、譲歩しろ」(アメリカは対象に含まず)とよく言う人がいますが、今のこの状況をどう考えているのでしょう。安易に譲歩したことで孤立してしまったのではないですか。
 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。