六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

黄海衝突事件における中国の対応

中国韓国に賠償要求 黄海衝突事件

 

 中国外務省の姜瑜報道官は21日の定例記者会見で、黄海で起きた中国漁船と韓国海洋警察庁警備艇の衝突事件について、死亡した船員と転覆した船体に対する損害賠償を韓国側に要求したことを明らかにした。
 韓国排他的経済水域EEZ)内で起きた事件にもかかわらず、姜報道官は「事件は中韓の漁業暫定措置水域で起きたもので、両国の漁業協定ではいずれの国の漁船も水域内で操業できる」と主張。違法操業との批判を否定した。
 その上で、「すでに韓国側と厳正な交渉を行っている」と述べ、韓国の法律によって事件を処理することを拒否した。責任は韓国側にあるとの強硬姿勢を崩さず、事件を起こした者を厳罰に処するよう求めた。
 韓国メディアによると、韓国側は20日から5日間、警備艇18隻を投入、違法操業の中国漁船の集中取り締まりを始めている。
 姜報道官は「両国は自国の漁船を管理する。相手国の漁船に対して法的措置をとる権利はない」と強調。拘束されている船員3人の早期釈放を迫るなど、尖閣諸島周辺海域で起きた漁船衝突事件と同様、「弱腰」との批判を避けるため強硬姿勢を貫く構えだ。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/476900/

 

 

 先日の「黄海衝突事件の場所」エントリで「中国韓国に対して抗議だけはするのではないだろうか」と書いたが、その後、中国政府は沈黙し、中国のマスコミも事件を殆ど報道していない様子であり、韓国の軍事演習のこともあったため、今回は黙殺するものと思っていた。
 韓国の軍事演習に北朝鮮が武力で対抗する様子が無いため、動き出したのだろう。やはり、中国は自国の利権拡大が最優先で、ゴリ押しも辞さないようだ。

 

 抗議はするだろうと考えてはいたが、それは報道官が抗議の談話を出すぐらいだと思っていた。まさか、損害賠償まで要求するとは思っていなかった。

 

 中国政府は国内世論や党、軍の関係上、周辺国に対して最早強硬姿勢しか取れなくなってきているのではないだろうか。共産党独裁体制を守るため、非常に硬直化してきているように思える。

 

 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。