六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

高齢夫婦殺害事件に対する疑問点

鹿児島夫婦殺害 判決要旨

 

 高齢夫婦殺害事件で、10日の鹿児島地裁の判決要旨は次の通り。
 【争点と証拠関係】
 争点は、被告を犯人と認めることができるかだ。
 検察官は(1)犯人が侵入する際にスコップでたたき割った窓の網戸に被告のDNAが、室内に被告の指紋などが付着していたこと(2)スコップが凶器に使用されたこと(3)不審な第三者の痕跡がないことなどを総合し、被告を犯人だと主張。弁護人は、DNAや指掌紋も偽装工作の疑いがあるなどと主張する。
 被告を有罪であると認定するには、状況証拠から合理的な疑いを差し挟む余地のない程度に立証されることが必要である。また、不利な状況証拠だけではなく、有利な状況証拠や、犯人であれば発見されるべき痕跡がないことなどの消極的な状況証拠も取り上げるべきだ。
 【検討】
 検察官が主張する真犯人の行動には、侵入の手口や犯行目的、逃走経路など重要な部分に疑問があり、犯人性を認定するには慎重であるべきだ。
 DNA型鑑定の結果は信用でき、汚染や偽装工作が行われたとか、再鑑定できないから信用できないとの弁護人の主張は採用できない。しかし、細胞片が網戸のどこに付着していたかは断定できないので、被告が過去に網戸に触った事実を認定できるにとどまる。
 整理だんす周辺から採取された被告の指掌紋が捏造(ねつぞう)であるとの弁護人の主張は採用できず、被告が過去に周辺を触った事実は動かないが、被告の指掌紋が付着した後に別人が物色した偶然の一致も否定できない。
 重大犯罪を犯すほど経済的に追い詰められていたとは認められない。アリバイがないこと自体は犯人性を推認させる事情ではない。
 現場保全が完璧であったかも疑問であり、真相解明のための捜査が十分に行われたのかも疑問で、検察官の証拠提出の経緯などに照らし、他に被告に有利に働き得る証拠があるのではないかと疑わざるを得ない。
 最重要証拠であるスコップから被害者のDNAが検出されたのに、被告の痕跡がまったく検出されなかった事実は犯人性を否定する事情だ。本件が金品目的の強盗であったのか自体に疑問が残ることなどは、犯人性を疑わせる事情だ。
 「被害者宅に行ったことは一度もない」という供述はうそであるが、その一事をもち、直ちに犯人であると認めることはできない。
 結局、(1)過去に網戸に触った事実(2)過去に窓ガラスの外側に触った事実(3)過去に現場に立ち入り、整理だんすやパンフレット類に触った事実が認められるにすぎないが、単独ではもとより、総合しても被告を犯人であると推認するには遠く及ばない。犯人性を否定する事情が多々認められる以上、うその供述をしていることをもって犯人性が強く推認されるともいえない。
 【結論】
 本件程度の状況証拠によって被告を犯人と認定することは、「疑わしきは被告人の利益に」という原則に照らして許されない。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/473351/

 


 読売新聞では判決の骨子として下記が記載されている。
 ▽最重要証拠であるスコップから被告の痕跡が全く検出されなかった事実は、被告の犯人性を否定する事情だ。
 ▽犯行目的が強盗であったのか疑問が残る。
 ▽被害者宅に行ったことは一度もないという被告の供述はウソだが、それをもって被告を犯人であると認めることはできない。
 ▽本件程度の状況証拠で被告を犯人と認定することは許されない。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101210-OYT1T00399.htm

 

 傍聴しておらず、裁判の詳細を知っている訳ではないので的外れかもしれないが、幾つか疑問があるので書き出してみる。

 

 「▽最重要証拠であるスコップから被告の痕跡が全く検出されなかった事実は、被告の犯人性を否定する事情だ。」について。
 他の報道ではスコップで100回以上殴ったともあり、スコップから被告人の指紋やDNAは検出されなかったとあった。
疑問①
 スコップが凶器として認定された理由は何であろうか。被害者の体に残った殴打痕とスコップの形状が一致したのか、スコップに被害者の血液が付着していたのだろうか。血液が付着していたとしたら、スコップに残った付着状況と遺体の状況に矛盾は無いのか。
疑問②
 スコップから検出されなかった指紋やDNAは被告人の物だけであったのか。被告人以外の指紋やDNAは検出されたのか。誰の指紋やDNAも検出されなかったとしたら、それは拭き取られたことを意味する。
 判事は「被告の痕跡がまったく検出されなかった事実は犯人性を否定する事情」と述べているので、当然、他の指紋やDNAは検出されたと考えるべきか。

 

 「▽犯行目的が強盗であったのか疑問が残る。」について。
 記事では「容易に発見できる場所に現金があるにもかかわらず、全く物色されていない個所もあり、金品を奪う目的であるとは断言できない」と否定。犯人が被害者2人の頭や顔を100回以上殴打していることから、「むしろ 怨恨 ( えんこん ) が疑われる」とあった。
疑問③
 「容易に発見できる場所」とはどんな場所であろうか。窃盗のプロでもない限り、探し忘れがあるのは当たり前で、それをもって金品目的を否定するのは妥当だろうか。
疑問④
 殴打回数が多数だからといって、怨恨を推認するのは安易ではないか。過去の残忍事件を見ると、被害者を酷く傷付けたのは小心や非力が原因(反撃を恐れ、夢中で攻撃)であったことが多々あった。

 

 「▽被害者宅に行ったことは一度もないという被告の供述はウソだが、それをもって被告を犯人であると認めることはできない。」について。
 判事は被告の供述はウソと断定し、被告人が被害者宅に行った事があると事実認定したが、それは犯行以前の可能性もあるとした。
疑問⑤
 犯行以前の可能性はあるのだろうか。例えば、過去に窃盗目的で被害者宅を物色して、それを隠すために被告人が嘘の供述をしたとも考えられる。ただ、被告人が求刑されているのは死刑である。過去に被害者宅に侵入したとしたら、正直に話したほうが被告人に有利である。他の犯罪で裁かれるかもしれないが、死刑になるリスクを犯すより良いではないか。
 それとも、自分の命を賭けてまで、隠さなければならない事情があるのだろうか。

 

 最後に、記事中に「現場保全が完璧であったかも疑問であり、真相解明のための捜査が十分に行われたのかも疑問で、検察官の証拠提出の経緯などに照らし、他に被告に有利に働き得る証拠があるのではないかと疑わざるを得ない。」とある。
 過去の事件を振り返ると、素人目に見ても杜撰と思える捜査がある。司法解剖する数も少なく、事件にならない場合もある。特に、地方では事件が少なく、捜査員が不慣れなんじゃないかと思われる捜査もある。
 この事件では現場に捜査員の足跡が多数残っていたとの報道もある。判決でこの様な発言が出るのは他にも色々とあるからなのであろう。裁判員から見ても酷い捜査と思われたか。
 実際の事件捜査では刑事ドラマの様にはいかないのは分かってはいるが、捜査員にもっと経験を積ませ、レベルを上げる制度を作る必要があるのではないだろうか。
 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

ご訪問&コメント有難うございます。
プロではありませんよ(^_^)
これからもよろしくお願い致します。

こちらのブログも読ませていただきました。
昨今の社会状況、多角的な視点を持って注意深く見て行きたいですね。

mangadayo | URL | 2010-12-12(Sun)23:45 [編集]


No title

To mangadayoさん
>ご訪問&コメント有難うございます。
>プロではありませんよ(^_^)
>これからもよろしくお願い致します。
>
>こちらのブログも読ませていただきました。
>昨今の社会状況、多角的な視点を持って注意深く見て行きたいですね。

わざわざ、ご訪問いただきまして申し訳ありません。
週刊誌に風刺漫画として載っていても良いようなレベルでしたので
もしかしたら、プロなのかなと思ってしまいました。
才能がある方は羨ましい。

私のブログは備忘録の様なもので、読んでいただいても
面白くないかもしれませんが、これからもよろしくお願い致します。

ボルト | URL | 2010-12-13(Mon)00:10 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。