六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

小沢首相は無い

窮地の民主党 ポスト菅トップは小沢氏

 

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が20、21の両日行った合同世論調査で、今の首相にふさわしい政治家は誰かを聞いたところ、民主党小沢一郎元代表が8・6%でトップになった。
 調査では、民主党の有力政治家の勢いが減速したことが顕著になった。首相に「ふさわしい人はいない」も6・3ポイント増の33・3%にのぼった。
 小沢氏は前回5位(6・1%)から2・5ポイント増で首位へ。前回2位(8・9%)の菅首相は今回4位(6・6%)へ後退。前回唯一2ケタのトップ(10・2%)だった前原氏は2位(7%)。岡田氏は前回3位(6・8%)から7位(5・4%)へ転落した。
 一方、菅首相支持勢力は驚きを隠せない。「反小沢」の急先鋒(せんぽう)の牧野聖修前国対委員長代理は22日、記者団に「小沢さんが1番というのは国民が今の民主党をちゃかしている結果だ。小沢総理なんてあり得ない。国家がつぶれます」と、拒否反応を示した。
 もっとも、小沢氏も2ケタの数字はとれなかった。小沢氏周辺は「裁判を控える身として党代表や首相の座をねらうことは難しい」ともらす。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/466310/
一部抜粋

 


 記事中には出ていない政治家もあるので、改めてこの調査の結果を下記に記す。ただし、具体名が無いものは除いている。

 小沢一郎  8.6%
 前原誠司  7.0%
 舛添要一  6.8%
 菅直人   6.6%
 渡辺喜美  6.5%
 石破茂   6.4%
 岡田克也  5.4%
 蓮舫    3.7%
 小泉進次郎 3.6%
 谷垣禎一  1.7%
 仙谷由人  0.6%
 馬淵澄夫    0%

 このアンケートに回答した人の中に何故選んだのかを論理的に説明できる人はどれ程いるだろうか。大半はマスコミに登場する回数と報道されるイメージ左右され、取り合えず選択したに過ぎないと思う。だから、この種のアンケートは直ぐに結果が変わる。
 
 それにしても、自民党総裁の谷垣氏がこの数字ですか。1年生議員の半分とは情けない。あまりにも、存在感が無さ過ぎ。
 仙谷氏の0.6%は徳島票のみですかね。偶然の一致なのだが、徳島県の人口78万人を日本の人口1億2770万人で割るとほぼ0.6%になる。

 小沢氏が1割近い支持を集めている結果を見ると、未だに小沢幻想を抱いている人がいるのだなと思う。小沢一郎は権力争いが得意なだけで、政策よりも政局の政治家であり、政治家と呼ぶより政治屋と呼ぶのが相応しいのに。何を期待しているのだろうか。

 

 現実問題として小沢一郎が首相になることがあるだろうか。来年には強制起訴されるのである。刑事裁判をしながら総理大臣の職務をこなす状態になり、異様な事態を向かえる。
 刑事裁判を中止すれば、この様な事態は避けられる。法務大臣が指揮権を発動すれば可能であろうか。
 検察庁法第14条は「法務大臣は検察官の刑事事件の公訴、犯罪に関する捜査について一般に指揮監督することができる。ただし、個々の事件の取調または処分については、検事総長のみを指揮することができる」となっており、検察庁法第7条は「検事総長はすべての検察庁の職員を指揮監督することができる」となっている。
 つまり、法務大臣が指揮監督できるのは検事総長であり、検事総長が検察官を指揮監督して個別の事件を中止できるのだ。
 小沢一郎の場合は検察審査会の議決による強制起訴であるから、起訴は指定弁護士がする。検察官ではないのだ。指定弁護士に対する指揮監督権有する者はおらず、刑事裁判を中止させることは出来ないのだ。
 

 小沢氏周辺の認識の通り、近い将来に小沢一郎が首相になることはないであろう。
 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。