六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

電子タバコ 2

電子タバコのリキッド製造

 

 取扱説明書には成分が記載されていなかったので、Googleさんに聞いてみた。

 この電子タバコの成分は分からなかったが、多種の電子タバコの例から電子タバコの成分は大体同じで、次のようになっているようです。
 グリセリン30%、プロピレングリコール55%、水10%、エタノール、香料などが計5%。
 

 甘味の原因はグリセリンであったか。この電子タバコ中国製なんだよなあ。中国産偽造グリセリンによる大量死亡事故を思い出し滅入る。プロピレングリコール、不凍液だよなあ。発ガン性があるのではなかったかな。
 こんなの吸って大丈夫かと心配になりつつ、調べてみるとグリセリン、プロピレングリコールともに食品添加物なので安心なんだと自分に言い聞かせる。
 

 色々調べているうちに、電子タバコWikiというサイトを発見。
http://www19.atwiki.jp/ecig/
 有用な情報が満載です。インターネット万歳。
 煙になる液体を一般にリキッドと呼ぶようです。何種類も市販されていて、ニコチン入りの物もある様子。自作される方も多いようです。
 

 色々なサイトを参考にした結果、グリセリン、エタノール、ハッカ油、バニラエッセンスで自作することにした。次の理由からプロピレングリコールは省いています。食品グレードのプロピレングリコールの入手難、発ガン性の可能性、煙の元は主にグリセリンなので無くても発煙する、ノンプロピレングリコールの市販リキッドがある。

左から、消毒用エタノール、グリセリン、バニラエッセンス、ハッカ油。

 

 以下、レシピ。
 エタノール0.3ccにハッカ油0.2cc、バニラエッセンス0.1ccを加え、撹拌。更に、グリセリン2.5ccを加え、撹拌。

 空のカートリッジに少量のリキッドを注射器で注入し、余分なリキッドを吹き飛ばした後、放置する。

 

 喫味はバニラの甘い香りがするが、メンソールが弱い感じ。煙は純正カートリッジと同じくらいか。
 改良が必要だな。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。