六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

<ショートショート>チョッパリ

韓国人作家「蔑称『チョッパリ』はただの哀れな呻き」と指摘
http://www.news-postseven.com/archives/20150103_295067.html
 比較できるすべての事柄で、日本は韓国より遥かに先んじている。尊重すべき対象にはなっても、蔑視対象にはならない。根拠がない日本への蔑視は、自激之心(劣等感)の赤裸々な露出以外の何物でもない。国家間で表れる自激之心は、やがて国粋主義の根源となる。国粋主義の閉鎖性は、国家を最初から麻痺させる慢性病のようなものだ。
 “チョッパリ”という日本人の蔑称は、新国粋主義、新鎖国主義的な防御意識であり、コンプレックスを抱えた嫉妬に過ぎない。卑称や蔑称は、それを発した者に跳ね返ってくるのが常である。
 “チョッパリ”──それは自尊心を踏みにじられた者の哀れな呻きに過ぎない。しかも日本には“チョッパリ”や“倭人”のような蔑称、卑語がない。彼らは私たちをひどく蔑む時も、その呼称はそのまま“韓国人”であり“朝鮮人”だ。批判や拒否や攻撃は、堂々とした正攻法であってこそ意味があり、正攻法には一定の力が伴われなければならない。
 ※柳舜夏氏・著/『韓国人の癇癪 日本人の微笑み』より
//////////////////////////////


 ソウルの一流ホテルのロビーで、一人の老人が時間を持て余していた。老人は韓国人作家で、雑誌の取材を受けるために待ち合わせをしていたのだが、予定より早く到着していたのだ。
 老作家がソファに腰掛け、ロビーを見渡していると、一人の青年と目が合った。老作家は視線をそらしながら身構えた。
 老作家が警戒する素振りを見せたのには、理由がある。8月に【あなたたちの日本】という日韓比較論を出版した時、韓国社会から『親日派』『歴史観を傷つけた』などと大批判を受け、直接『京都生まれのパンチョッパリ』『売国奴』と罵声を浴びせる者もいたからだ。

 素知らぬ顔でやり過ごそうとしていた老作家に向かって、青年が歩み寄ってきた。
 老作家は、【あなたたちの日本】の日本語版を日本で出版したことを責められるのではと思い、立ち去ろうと腰を上げようとしたが、遅かった。青年は既に前に立ちはだかっていた。
「柳先生ですね。突然声をお掛けして申し訳ありません。」
 その言葉に、老作家の警戒心は和らいだ。
「そうだが、何か用かね。」
「実は、日本人に詳しい先生に教えて欲しいことがあるのです。」
「待ち合わせをしているので、時間が無いのだが・・・。」
「簡単な事なので直ぐに済みます。」
 この青年に答えてやる義理など無いのだが、雑誌の担当者が来るまで付きまとわられるよりはマシと思い、老作家は答えることにした。
「分かった。手短に頼むよ。」
「日本人が怒り狂う悪口を教えて欲しいのです。精神的ダメージを与えるような罵りの言葉を。」
 老作家は、何故そんなことが知りたいのかと理由を尋ねようとしたが、込み入った話になると面倒なので止めた。
「チョッパリやウェノムではダメかね。」
「そんなの悪口じゃありません。」
「意味を知らないからではないかね。」
「奴らは、チョッパリが『豚の足』ということや、ウェノムが『倭奴=矮小野郎』ということを知っているのに全く怒らず、歯牙にも掛けないんです。」
「では、『父なし野蛮人の息子』『物乞いして食べまくるやつ』『糞尿で揚げて殺すべきやつ』とかではどうかね。」
「そういう類の韓国で使われている悪口は既に試してみましたが、通じないんです。」
「やむを得ない。取って置きの言葉を教えよう。これを言われたら、確実に日本人は侮辱するなと怒るだろう。」
 老作家はそう言うと、青年の耳元である言葉をささやいた。青年は怪訝な表情を浮かべたが、信じることにし、立ち去った。

 青年はパソコンに向かい、いつもの様に日韓交流サイトで日本人相手に論戦を仕掛けていた。そしていつもの様に資料を示され、論破されていた。今までなら悔しい思いだけが残るだけだったが、今日は老作家から教えられた言葉がある。半信半疑ながら書き込んでみると、怒りに震える反応が返ってきた。思った以上の効果があり、相手に精神的ダメージを与えられたようだった。
 それ以来、青年は日本人に向かって『この朝鮮人』と書き込み、溜飲を下げるのだった。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

傑作

良く出来た小話と思います。星新一ファンが喜びそう。

相模 | URL | 2015-01-12(Mon)10:39 [編集]


Re: 傑作

> 良く出来た小話と思います。星新一ファンが喜びそう。

拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。
でも、星新一ファンは目が肥えているから、この程度ではボッコボッコに批判するでしょう。

M8ボルト | URL | 2015-01-14(Wed)00:40 [編集]


 ハハハ、在特会への悪口で一番多いのが「在特会は在日」ですから、マジにこのショートストーリーの通りでしょう。

よもぎねこ | URL | 2015-01-14(Wed)12:32 [編集]


Re: タイトルなし

>  ハハハ、在特会への悪口で一番多いのが「在特会は在日」ですから、マジにこのショートストーリーの通りでしょう。

楽しんでいただけた様で幸いです。
「コリアだめだ」と言われなくて良かったです。

ちなみに、Re:傑作の「ボッコボッコ」も「ボッコちゃん」(星新一の作品)の駄洒落だったのですが、気付きましたか?

M8ボルト | URL | 2015-01-14(Wed)22:55 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。