六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

池上彰氏コラム不掲載騒動

 朝日新聞が池上彰氏コラムを掲載拒否して一騒動起きていましたが、結局、朝日新聞が折れて掲載されました。吉田調書の件で朝日新聞を批判していた門田隆将氏には、「朝日新聞社の名誉と信用を著しく毀損しており、到底看過できません」という抗議書を送りつけて法的措置を講じると脅しを掛けていたのとは対照的です。池上彰氏は、有名人で影響力も強いので強硬な手段に出るのは得策ではないと判断したのでしょう。朝日新聞の体質がよく現れています。

 4日の朝刊で掲載されたコラムを引用します。
*** (池上彰の新聞ななめ読み)慰安婦報道検証 ***
 過ちがあったなら、訂正するのは当然。でも、遅きに失したのではないか。過ちがあれば、率直に認めること。でも、潔くないのではないか。過ちを訂正するなら、謝罪もするべきではないか。
 朝日新聞は、8月5日付と6日付朝刊で、「慰安婦問題を考える」と題し、自社の過去の慰安婦報道を検証しました。これを読んだ私の感想が、冒頭のものです。
~略~
 こういう記事が出たら、裏付け取材をするのが記者のイロハ。朝日の社会部記者が「吉田氏に会い、裏付けのための関係者の紹介やデータ提供を要請したが拒まれたという」と検証記事は書きます。この時点で、証言の信憑(しんぴょう)性は大きく揺らいだはずです。朝日はなぜ証言が信用できなくなったと書かなかったのか。今回の特集では、その点の検証がありません。検証記事として不十分です。
~略~
 ところが、検証記事の本文では「朝日新聞は93年以降、両者を混同しないよう努めてきた」とも書いています。ということは、93年時点で混同に気づいていたということです。その時点で、どうして訂正を出さなかったのか。それについての検証もありません。
 今回の検証特集では、他紙の報道についても触れ、吉田氏の証言は他紙も報じた、挺身隊と慰安婦の混同は他紙もしていたと書いています。問題は朝日の報道の過ちです。他社を引き合いに出すのは潔くありません。
 今回の検証は、自社の報道の過ちを認め、読者に報告しているのに、謝罪の言葉がありません。せっかく勇気を奮って訂正したのでしょうに、お詫(わ)びがなければ、試みは台無しです。
~略~
 でも、新聞記者は、事実の前で謙虚になるべきです。過ちは潔く認め、謝罪する。これは国と国との関係であっても、新聞記者のモラルとしても、同じことではないでしょうか。

■池上さんと読者の皆様へ
 今回のコラムは当初、朝日新聞社として掲載を見合わせましたが、その後の社内での検討や池上さんとのやり取りの結果、掲載することが適切だと判断しました。池上さんや読者の皆様にご迷惑をおかけしたことをおわびします。
■池上さんのコメント
 私はいま、「過ちては改むるに憚(はばか)ることなかれ」という言葉を思い出しています。今回の掲載見合わせについて、朝日新聞が判断の誤りを認め、改めて掲載したいとの申し入れを受けました。過ちを認め、謝罪する。このコラムで私が主張したことを、今回に関しては朝日新聞が実行されたと考え、掲載を認めることにしました。
**************************************************
 最後に朝日新聞と池上氏のコメントが載せられていますが、これは池上氏が朝日新聞から掲載の連絡を受けた時、何も無かったように掲載することに反対し、掲載する理由を載せることを掲載条件にしたからだそうです。

 読売新聞は4日の朝刊でこの騒動を取り上げ、池上氏が同コラムでたびたび朝日新聞の記事を批判していたと書いていました。その例として郵便不正事件を上げ、「池上彰の新聞ななめ読み 奇妙な訂正記事 郵便不正事件その後」で朝日新聞の訂正記事を皮肉っていたとしていました。
 そのコラムを探してみると、誤報の被害者となった牧義夫・前衆議院議員のサイトに記事の写真がありました。
奇妙な訂正記事 郵便不正事件その後

 「1面トップで報じた記事を、忘れたころに小さく訂正する。時々、見かけますね。」、「さりげなく責任を大阪地検に押し付けているようにも読めますね。読者の理解を得られるでしょうか。」と書いてあります。

 今回のコラムは、特集を読んだ誰もが抱くようなことで、週刊誌などに比べ特段辛辣ではありません。郵便不正事件のコラムを問題無く掲載していたのに、今回は何故不掲載ということになったのでしょう。この程度の批判も受け入れる余裕は無くなったということでしょうか。
 8月上旬に特集を掲載して以来、朝日新聞は社外から猛烈な批判に晒されているばかりではなく、社内からも不満が湧き上がっているようです。内部からの突き上げもあるのでしょう。朝日新聞上層部はそういうこともあり、神経質になっているのかもしれませんが、かえって迷走を招いているように見えます。組織の崩壊過程に入っているのかもしれませんね。

//////////////////////
門田隆将オフィシャルブログ「夏炉冬扇の記」 「日本を貶める朝日新聞」は生き残れない
http://www.kadotaryusho.com/blog/
(池上彰の新聞ななめ読み)慰安婦報道検証
http://www.asahi.com/articles/ASG935H4GG93UPQJ008.html
結いの党・牧義夫公式サイト 牧義夫が障害者郵便制度悪用事件に関連していたとされる報道について
http://makiyoshio.jp/post.html
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。