六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ウクライナで撃墜されたマレーシア航空機はすり替えられた?!

 ウクライナで撃墜されたマレーシア航空機が3月に行方不明となったマレーシア航空機だったという驚くべき言説をネット上で見かけました。検索してみると幾つかのブログ等で取り上げられていて、情報源は一様に「日本や世界や宇宙の動向」というブログの「写真が明かす・・・MH17はMH370だった」というエントリのようです。
 このエントリで、ブログ主はすり替えられた証拠として海外の記事を紹介し、「全てはねつ造だった」と主張しいます。犯人は、世界を支配するエリートら(イルミナティ、世界シオニスト機構、その実行部隊)及び複数の国の政府(マレーシア政府、米政府、イスラエル政府、ウクライナ政府、その他)と思っているようです。
 それはともあれ、証拠として上げられていることを要約すると以下の通りになります。

 ウクライナで撃墜されたマレーシア航空機17便(MH17)の 残骸の写真には、マレーシア国旗の左下の窓が白く塞がれている。しかし、過去に写されたMH17の写真を見ると、その位置の窓は塞がれていない。一方、行方不明となったマレーシア航空機370便(MH370)は塞がれている。よって、ウクライナで墜落した機体はMH370であり、機体がMH17からMH370にすり替えられていた。
●ウクライナで撃墜された航空機の破片の写真
ウクライナで撃墜された航空機の破片の写真
●過去のMH17とMH370の写真を比較した画像
MH17とMH370の比較


 ウィキペデアでマレーシア航空機370便と17便を調べると、どちらも機体は「ボーイング777-200ER」でした。また、MH370の機体記号は「9M-MRO」、MH17の機体記号は「9M-MRD」ということが分かりました。
 そこで、「Planespotters.net」というサイトからそれぞれの写真を探してみると、「9M-MRO」の写真は13枚、「9M-MRD」の写真は18枚ありました。
●9M-MROの写真一覧
mro.jpg
●9M-MRDの写真一覧
mrd.jpg

 それぞれの写真の該当窓部分と機体記号部分を掲載します。
◆9M-MRO
●1枚目
撮影場所:オーストラリア 撮影日時:2014/1/4
mro01.jpg
●2枚目
撮影場所:マレーシア 撮影日時:2014/2/8
mro02.jpg
●3枚目
翼のみのため割愛
●4枚目
撮影場所:オランダ 撮影日時:2013/5/5
mro04.jpg
●5枚目
撮影場所:香港 撮影日時:2008/9/13
mro05.jpg
●6枚目
撮影場所:ドイツ 撮影日時:2012/2/4
mro06.jpg
●7枚目
撮影場所:イタリア 撮影日時:2012/1/15
mro07.jpg
●8枚目
撮影場所:フランス 撮影日時:2011/12/24
mro08.jpg
●9枚目
撮影場所:フランス 撮影日時:2011/10/20
mro09.jpg
●10枚目
撮影場所:イタリア 撮影日時:2011/1/30
mro10.jpg
●11枚目
撮影場所:ドイツ 撮影日時:2008/8/31
mro11.jpg
●12枚目
確認できないため割愛
●13枚目
撮影場所:オーストラリア 撮影日時:2007/12/29
mro13.jpg

◆9M-MRD
●1枚目
撮影場所:トルコ 撮影日時:2014/2/8
mrd01.jpg
●2枚目
撮影場所:トルコ 撮影日時:2013/9/7
mrd02.jpg
●3枚目
撮影場所:トルコ 撮影日時:2013/6/1
mrd03.jpg
●4枚目
撮影場所:ドイツ 撮影日時:2012/2/1
mrd04.jpg
●5枚目
撮影場所:ニュージーランド 撮影日時:2013/2/24
mrd05.jpg
●6枚目
撮影場所:トルコ 撮影日時:2012/7/2
mrd06.jpg
●7枚目
撮影場所:香港 撮影日時:2010/3/6
mrd07.jpg
●8枚目
撮影場所:スイス 撮影日時:2006/9/27
mrd08.jpg
●9枚目
撮影場所:フランス 撮影日時:2010/7/18
mrd09.jpg
●10枚目
撮影場所:マレーシア 撮影日時:2010/2/10
mrd10.jpg
●11枚目
撮影場所:オーストラリア 撮影日時:2009/10/30
mrd11.jpg
●12枚目
撮影場所:イタリア 撮影日時:2006/2/26
mrd12.jpg
●13枚目
撮影場所:中国 撮影日時:2005/12/
mrd13.jpg
●14枚目
確認できないため割愛
●15枚目
撮影場所:マレーシア 撮影日時:2007/4/7
mrd15.jpg
●16枚目
撮影場所:オーストラリア 撮影日時:2006/9/20
mrd16.jpg
●17枚目
撮影場所:イタリア 撮影日時:2006/2/26
mrd17.jpg
●18枚目
撮影場所:オーストリア 撮影日時:2005/7/14
mrd18.jpg


 以上、確認すると、9M-MROの該当する窓は全て塞がっており、9M-MRDも18枚目以外は全て塞がっていました。
 9M-MRDの18枚目は2005年7月14日に撮影されていて、次に撮影されたのは2005年12月の13枚目です。この間に機体のカラーリングが青に変わっていて、窓が塞がれたのが分かります。2009年10月30日に撮影された11枚目からは元のカラーリングに戻っていますが、窓は塞がったままで、以後も塞がったままです。
 「過去のMH17とMH370の写真を比較した画像」に用いられている9M-MRDの写真は、カラーリングが青に変わる前、2009年10月以前のものでしょう。ですから、この画像をもってすり替えられたとは言えません。

 すり替え説は、3月に行方不明となった航空機とウクライナで撃墜された航空機が共にマレーシア航空のボーイング777-200ERだったことから、思いつかれたものでしょう。
 大体、ロシアを追い詰めるために民間機を墜落させるという陰謀があったとしても、すり替える必要性は全くありません。ウクライナの親ロシア派の支配地で墜落させるのが目的なら、マレーシア航空機17便に時限爆弾を積み込むだけで済みます。こんな大掛かりなことを態々することは無いのです。
 ブラックボックスがEU側に渡り、シリアルナンバーが明らかになって、撃墜されたのはマレーシア航空機17便の9M-MRDに間違いないことが確認されるでしょう。でも、海外の陰謀論者はそれも陰謀だと言って、認めることはないのでしょうね。

/////////////////////////
日本や世界や宇宙の動向「写真が明かす・・・MH17はMH370だった」
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51933909.html
マレーシア航空370便
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A2%E8%88%AA%E7%A9%BA370%E4%BE%BF
マレーシア航空17便
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A2%E8%88%AA%E7%A9%BA17%E4%BE%BF
Planespotters.net 9M-MRD Aviation Photos
http://www.planespotters.net/Aviation_Photos/search.php?tag=9M-MRD
9M-MRO Aviation Photos
http://www.planespotters.net/Aviation_Photos/search.php?tag=9M-MRO
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。