六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

CMのベタ踏み坂



 ダイハツ・タントカスタムのCMの「ベタ踏み坂」、てっきりCGだと思っていましたが、実在する橋だそうです。その橋は、島根県と鳥取県の間に架かる「江島大橋」。
江島大橋1

江島大橋2

◆江島大橋
区間:鳥取県境港市渡町~島根県松江市八束町江島
工事期間:平成9年度~平成16年度
事業費:約230億円
構造:橋脚と橋桁が一体となったPCラーメン構造
全長:1.7km(うち橋梁部1446.2m)
高さ:水面から約45m(中央部)
最大橋脚間隔:250m(中央部)
幅員:標準部11.3m、非常駐車帯部15.3m
縦断勾配:江島側6.1%、渡側5.1%
制限速度:40km/h

 CMに映っているのは江島側で、とんでもない傾斜に見えますが、勾配が6.1%ということは約3.5度の傾斜です。それ程でもないですね。別角度から見るとそれがよく分かります。
●CM映像
江島大橋3

●上空から(左が江島側)
江島大橋4

●海上から
江島大橋5

 道路構造令で規定されている道路最大勾配(普通道路)は9%で、設計速度が40km/hの場合は7%(普通道路)です。ですから、この程度の傾斜の坂道は珍しくもありません。天空に伸びて行っているような感じがインパクトを与えていますが、スキー場のゲレンデで言えば緩斜面です。周りに地面が無いために遠近感を狂わし、余計に急勾配に感じさせるのでしょう。

 この江島大橋から西側に直線距離で50km程行くと出雲大社があります。現在の出雲大社本殿は、1744年に造営され、高さ約24mですが、平安時代の出雲大社本殿は約48mもあったそうです。950年頃に書かれた「口遊(くちずさみ)」という本には、東大寺の大仏殿よりも高いとの記述があります。
 江島大橋の中央部の高さが約45mですから、平安時代の出雲大社本殿と同じくらいの高さです。昔の本殿は、江島大橋のように見えていたのかもしれませんね。

●平安時代の出雲大社本殿を再現したイメージ図
江島大橋 平安出雲大社


 FC2に慣れるため、写真や動画を載せたエントリをアップしてみましたが、イザ!とは勝手が違いなかなか大変です。

//////////////////////////
ダイハツ公式 タントカスタム 坂篇 30秒ver
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=xySyTUJujhQ
江島大橋の概要
http://www3.pref.shimane.jp/houdou/files/3FC68CB9-4F24-46E5-9718-24A993F9C804.pdf
道路最大勾配
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/road_slope.html
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/01/06 08:54)

境港市エージェント:あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。ご訪問をお待ちしています。

ケノーベル エージェント 2014-01-06 (Mon) 08:54


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。