六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

<ショートショート>菅氏の処分

 8月某日、永田町の民主党本部の一室で両院議員総会が開催されていた。一時は400人を越える国

会議員で賑わっていたが、今は衆議院議員57人、参議院議員59人だけになってしまい、重苦しい空

気が支配していた。
 役員席に陣取る面々がうつむく中、細野豪志幹事長参議院選挙惨敗のお詫びの言葉が響く。今更、

やめる人間の敗戦の弁を聞いても仕方が無いと思っているのか、出席者は皆、うわの空で、まるで法事

の読経を聞いているような雰囲気を醸し出している。
 その空気を変える言葉が細野幹事長から発せられた。
「それでは鳩山由紀夫・菅直人両元代表の処分を発表します。」
 議員たちの背筋が伸びる。今日の両院議員総会は役員会の下した処分を承認するために開かれていた

のだった。
鳩山由紀夫元代表につきましては、既に離党されているため、党としては処分する手立てがありませ

んが、党として黙認することも出来ませんので、復党を認めないということになりました。」
 議員席からは次々と声が上がる。
「それで処分になるのか。」
「元民主党代表という肩書きを使わせないように出来ないのか。」
「言動を制限出来ないのか。」
「皆様のお怒りはよく分かりますが、党籍のない人に処分を下せないという現実をご理解下さい。鳩山

元代表の復党を認めないということに異議がある方は挙手をお願いします。」
 細野幹事長がそう言うと、議員たち黙り込んだ。
「異議なしと認めます。それでは次に菅顧問の処分を発表します。除名です。」
 話が終わらない内に、幾人かの議員から怒号が上がり、どよめきが広がった。
「お静かに。続けます。処分理由は党最高顧問という地位にありながら党の方針に従わず、再三の注意

を無視し、執行部に反旗を翻し無所属で出馬した大河原雅子氏を公然と応援したことです。公認候補の

鈴木寛氏の足を引っ張り、重要地域である東京での議席を失わせたという結果の重大性を重視しました

。重大な処分ですので、菅顧問に弁明があれば伺います。」
 菅氏は立ち上がり、役員席を睨め付けて怒鳴った。
「お前ら、俺を追い出すというのか。民主党は俺と鳩山が作った党だ。気に入らないならお前らが出て

行け。俺は出て行かないぞ。」
 議員席から次々と罵声が飛んだ。
民主党を私物化するな。」
「党の決定に従えない者は党にいる資格が無い。」
「お前のせいで何人の議員が落選したか分かっているのか。」
 声がした方に、菅氏は向き、見据える。
「誰だ。文句があるなら堂々と言え。」
 すると、若手議員が立ち上がった。
「ホォー、勇気がある奴だ。みどころがある。お前の選挙には俺が直接応援演説に行ってやる。」
「来ていただかなくとも結構です。そんな必要はありません。」
「何だと。お前が断っても俺は行くからな。お前の選挙区で、俺の後継者なれる優秀な人物だと褒めて

やる。」
 若手議員は青くなった。そんなことされたら票が減る。すかさず、菅氏がたたみ掛ける。
「俺が除名になったら、民主党から自由になるんだ。誰が何と言っても止められないんだ。分かってい

るのか。」
 菅氏は若手議員に近寄り、顔を覗き込みながら静かに言い放った。
「お前は俺の除名に賛成なのか。」
「いいえ。」
「聞こえない。ハッキリと言え。」
「除名に反対です。」
「除名に賛成する奴はいるか。俺に応援演説をして欲しい奴はいるか。」
 周囲を見渡しながら、菅氏はそう言うと、更に続けた。
「俺の除名に賛成する奴は手を上げろ。」
 議員たちは震え上がり、皆下を向いた。挙手する者はいなかった。
「見ろ、俺の除名に賛成する奴はいないだろう。除名処分は不承認だ。処分は無しだ、いいな。」
 そう細野幹事長に言い放つと、菅氏は部屋から出て行った。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

おはようございます
 もうア菅、反党行為でこりゃ遺菅、気が付きゃ党はスッカラ菅。「可哀想なは、ズボンのおナラ、右と左へ泣き別れ」ってデカンショ節の歌詞がありましたねえ。それに倣って戯れ句「可哀想なは、ビビンバ民朱、右と左に泣き別れ」ってとこでしょうかねえ。

yasutaroh | URL | 2013-07-24(Wed)06:29 [編集]


No title

To yasutarohさん
>おはようございます
> もうア菅、反党行為でこりゃ遺菅、気が付きゃ党はスッカラ菅。「可哀想なは、ズボンのおナラ、右と左へ泣き別れ」ってデカンショ節の歌詞がありましたねえ。それに倣って戯れ句「可哀想なは、ビビンバ民朱、右と左に泣き別れ」ってとこでしょうかねえ。

拙い小説を読んでいただきありがとうございます。
http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%25B0%2591%25E4%25B8%25BB%25E5%2585%259A/" class="keyword">民主党は今後、内紛が続くと思いますが、2つの理由から、社会党のようにはならないと思います。
一つ目は離党しても受け皿が無いこと。社会党の場合は、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%25B0%2591%25E4%25B8%25BB%25E5%2585%259A/" class="keyword">民主党が受け皿となり、多くが移りました。連合が、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%25B0%2591%25E4%25B8%25BB%25E5%2585%259A/" class="keyword">民主党支持に回っていたことが大きく影響しました。
二つ目は、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%25B0%2591%25E4%25B8%25BB%25E5%2585%259A/" class="keyword">民主党に多額な資金が残っており、毎年80億円弱の政党助成金が入ってくるということです。離党してしまえば、党から資金が回ってこなくなります。
http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%25B0%2591%25E4%25B8%25BB%25E5%2585%259A/" class="keyword">民主党は家庭内別居のような状態になるのではないでしょうか。

ボルト | URL | 2013-07-24(Wed)21:51 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。