六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ベトナムの英雄がコンサドーレにキタァァァァ

******* Jリーグベトナム人選手獲得 *******
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130722/k10013196611000.html
 サッカーJリーグが東南アジアでの市場拡大を目指すなか、J2のコンサドーレ札幌がリーグで初めてとなるベトナム人の選手を獲得することになり、22日、現地で契約書の調印式が行われます。
 コンサドーレが獲得するのはベトナム代表のフォワ-ド、レコンビン選手(27)です。
 レコンビン選手は2004年からベトナム代表として国際試合に出場し、通算31ゴールを挙げているほか、2009年には、ベトナム人の選手としては初めて、ポルトガル1部リーグでプレーし「ベトナムの英雄」と呼ばれています。
 コンサドーレとレコンビン選手が現在所属しているベトナムのクラブは21日夜、レコンビン選手の移籍に基本合意し、日本時間の22日午後、ベトナムで契約書の調印式が行われます。
 Jリーグによりますと、加盟クラブがベトナム人の選手を獲得するのは初めてで、レコンビン選手は早ければ今月末にも来日する予定です。
 Jリーグでは、去年からタイやベトナムで試合中継の放送を始めるなど、サッカー熱が高まる東南アジアでの市場拡大を進めていて、コンサドーレのレコンビン選手獲得の背景には、チームの強化に加え、海外からの放送権料など新たな収入源を得たいという思惑があります。
**********************************
 
 1月にコンサドーレがレ・コン・ビン獲得に動いているというニュースがありましたが、2月にレ・コン・ビンがベトナムリーグのソンラム・ゲアンと年俸170万円で1年間の期限付き移籍契約を結んだことで立ち消えになっていました。それがここに来て急遽、移籍が現実になりました。チームからも発表がありました。
 
******* レ・コン・ビン選手(ベトナム ゲアン)コンサドーレ札幌へ期限付き移籍にて新加入のお知らせ *******
http://www.consadole-sapporo.jp/news/2013/07/015017.html
◆この度、レ・コン・ビン選手(ベトナム)がコンサドーレ札幌へ新加入することが決定いたしましたので、お知らせいたします。
なお、レ・コン・ビン選手は8月1日にチームに合流予定です。

レ・コン・ビン (Lê Công Vinh) 背番号 19
■生年月日 :1985年12月10日(27歳)
■ポジション :FW
■出身地 :ベトナム
■身長 :171cm
■経歴 :
2004年~2008年 ソンラム・ゲアン(ベトナム) ‐ 2008年~2009年 T&Tハノイ(ベトナム) ‐
2009年 レイションイスSC(ポルトガル) ‐ 2010年~2012年 T&Tハノイ(ベトナム) –
2013年 ソンラム・ゲアン(ベトナム

■契約期間 :2013年8月1日~2014年1月1日

■レ・コン・ビン選手のコメント
『日本でプレーするチャンスを与えてくれたクラブや関係者の皆さんに感謝します。
自分の特徴を生かしてチームの勝利に貢献できるように、トレーニングから必死にプレーし、早く北海道のサポーターの方に認められるよう努力します。』

■当クラブ 代表取締役社長 野々村芳和のコメント
『今回、レ・コン・ビン選手と正式に契約を結ぶことができて非常にうれしく思います。同選手にはベトナムという国を背負ってプレーするという強い思いが、ゲームで表現されることを期待しています。まずは日本の生活そしてサッカーに慣れるよう、クラブとしてもフォローしたいと思います。』
**********************************

 

 

 

 コンサドーレは5月にブラジル人FW・テレ選手(186cm23歳)を解雇して、7月にブラジル人FW・フェホ選手(197cm28歳)と契約したばかりです。枠は埋まってますので、韓国人GKのイ・ホスン選手を外すことになると思います。
 現在、コンサドーレは11勝12敗2分の9位。後半の巻き返しを図る戦力補強と考えたいですが、2008年に愛媛FCの入団テストをフィジカル不足という理由で不合格になった過去がありますので、一抹の不安があります。ベトナム代表で55試合31得点というのはどの程度の実力なのでしょう。
 
 有力スポンサーのサッポロビールは1年半程前にサッポロベトナムロンアン工場を建設し、ビール製造を開始しています。サッポロビールはベトナムを東南アジアの最重要市場としており、ベトナムで販売促進に力入れてるようです。
 もしかしたら、レ・コン・ビン選手の加入はサッポロビールの要請だったのかもしれません。ベトナムの英雄レ・コン・ビン選手が活躍すれば、コンサドーレ札幌に注目が集まり、スポンサーのサッポロビールの知名度も上がるでしょう。サッポロビールの普及に大きな効果が見込めます。
 
 レ・コン・ビン選手が途中加入で結果を残すのはかなり厳しいでしょう。しかし、成功したらJリーグにとってもアジア市場への拡大という面で大きなプラスになります。また、アジア市場を目指す企業やアジア企業がJリーグチームの新たなスポンサーになることも考えられます。
 アジア枠の目的は
1.Jリーグのゲームレベルの向上
2.アジア地域における新たな事業的可能性の開拓
3.アジア地域を対象とした国際交流、貢献の促進
です。しかし、現在は費用対効果から、アジア枠は韓国人選手枠のようになってしまっています。レ・コン・ビン選手の加入は本来、アジア枠が目的としていたことです。
 Jリーグによるアジアのサッカーマーケットの取り込みのためにも、レ・コン・ビン選手にはコンサドーレ優勝、もとい昇格枠に入れるよう頑張って欲しい。
 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。