六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

靖国神社の放火犯は中国人? 続報19

 劉強の帰国後、たまに中国のサイト「百度」などで劉強のことを検索したりしていたのだが、今に至るまで全く消息がつかめない。自己顕示欲が強い上、愛国者として名を馳せたのだから、何らかのアクションを起こしていてもおかしくないのに、そんな様子はうかがえない。中国政府の保護下に入った、というより、監視下に置かれたということだろうか。もう、劉強が表に出てくることは無いのかもしれない。
 
 今年の2月、ジパングの住人さんのブログ「黄金の国ジパングに生まれて」で靖國神社崇敬奉賛会誌「靖國」2月号(691号)に関する記事を見かけた。コラムの「靖濤」に劉強が神門への放火の前に近くにあった消火器も放火していたと書いていたとのこと。ジパングの住人さんから会誌の画像をいただいたので、掲載する。
 
 犯行の詳細が書いてある部分を拡大。
 
▼この事件は平成二十三年十二月二十六日の午前三時五十五分、劉強容疑者が夜陰に乗じて境内に侵入し、神門に液体燃料を撒いて放火。幸い着火直後に衛士が監視カメラで視認。大きく火柱が上がっていたものの、職員三人が対処し数分後には消し止めて延焼を免れたのである。驚愕すべきは、神門の消火作業を妨害する目的で直近の消火栓にも放火しており、計画的で極めて悪質な犯罪であった。
 
 劉強がネット上に公開した手記(靖国神社の放火犯は中国人? 続報5 参照)の該当部分を再掲する。
********************************
 3時57分、神門に近づいて10メートル離れた小木の下に隠れ、リュックサックを開け、ペットボトルとガラスコップを取り出し、中をガソリンで満たし、小走りを3回繰り返して神門に近づき、木の門の上にガソリンを注ぐ、神門は13メートルの高さがゆうにあり、1メートルの半分近くの厚さで、焼却するには100リットルのガソリンの半分を用いると短時間の内にすることも根本的に不可能ではない、それで今回はマークをするのみ、後に続く同志がまだあると信じる。神門の上方の金色の日本国章、恕恩は詰め込み用に清酒の小さいガラスコップを選択、上へ蒔くのに都合よい、やはり効果があり。
 4時ちょうど、抗日戦の勝利目前に戦死した新四軍抗日将軍である祖父を記念して、日本の軍国主義を完全な「死」に落とすために開始を同じにした(日本語の「4」と「死」は同音)。恕恩は手の中のライターを点ける、たちまち神門は一面の小さい火の海の中に陥り、しかも音も無く静かに上方へ広がる、やはり予想通りで、火は上へと燃えた。恕恩は小走で走る途中でついでに神門そばの消火栓の箱を燃やし、消火活動を防ぐのにあまりにも「タイミング」が良い。
 4時5分、恕恩は塀をよじ登り小さい通用門から出た、意外にも警察と通行人に出会わなかった、恕恩はひたすら小走で、走りながらリュックサックの中の火炎の瓶を用意した。1分後、恕恩は4つの大きい文字で「靖国神社」と書かれた高さ10メートル程の石碑の場所に駆け寄った、恕恩は燃焼瓶(火炎瓶のことか)に点火、力一杯石碑上方に投げつけた、「タン【訳者注:銅鑼の音の擬音】」の一音、「靖国神社」は燃え盛る火の中で溶解する。
********************************
 時系列にまとめると次のようになる。(靖国神社の放火犯は中国人? 続報10 参照)
03:57    神門から10メートル離れた小木の下に隠れる
03:58(推定)木の下でPETボトルから清酒の小さいガラスコップにガソリンを入れる
03:59(推定)神門にガソリンを上に向けて撒く
04:00    ライターで点火
04:02(推定)神門そばの消火栓の箱を燃やす
04:05    塀をよじ登り、木戸から出る
04:06    社号標に火炎瓶を投げつけ、燃やす
 
 会誌の記述と手記の内容を比較すると、点火した時間が5分ずれている。会誌が示した時間は靖国神社の防犯カメラの記録からのものだろうから、こちらの方が正確だと思われる。劉強の時計が進んでいたのか、後で「4」と「死」が同じ発音なのに気付き、時間をずらしたのか。
 次に消火栓について。劉強は消火栓へ放火したと書いていたが、消火栓への放火は報道されていなかった(と思う)ので、会誌によってその事実が確認された。一般には知られていなかったことを書いているということは、「秘密の暴露」と考えてもいいのではないか。今まで、劉強が犯行に関わっていたことは間違いない(事件を知った後に日本の旅館らしき場所で混合ガソリンを持った写真を撮る時間的余裕が無いため)が、実行犯ではない可能性もある(手記の記述に疑問があるため)と考えていた。しかし、消火栓への放火が秘密の暴露と考えられるため、やっぱり劉強が実行犯だったのかもしれない。
 劉強の手記には社号標への放火が書いてある。会誌には書いていないが、社号標へも放火されていたのだろうか。もし、社号標への放火もあったなら、ますます劉強が実行犯の可能性が強くなる。
 
//////////////////////////////////////////
「黄金の国ジパングに生まれて」靖国神社を放火した犯人、中国へ送還される
http://ameblo.jp/asukasecondlife/entry-11463870911.html

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。