六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

従軍慰安婦問題 橋下市長は裸の王様の子供?

 日本維新の会共同代表で橋下徹大阪市長が13日に従軍慰安婦問題について発言したことが尾を引いている。ニュースでは部分的に取り上げられているので、全文を探してみたが見つからなかった。ただ、朝日新聞が以下のような趣旨の発言があったと記事にしていたようだ。
 
************************
【午前】
 侵略の定義について学術上、きちんと定義がないことは安倍首相が言われているとおりだが、日本は敗戦国。敗戦の結果として侵略だということはしっかりと受け止めないといけない。実際に多大な苦痛と損害を周辺諸国に与えたことも間違いない。反省とおわびはしなければいけない。
 ただ、事実と違うことで日本国が不当に侮辱を受けていることにはしっかりと主張しなければいけない。
 なぜ日本の慰安婦問題だけが世界的に取り上げられるのか。日本は「レイプ国家」だと、国をあげて強制的に慰安婦を拉致し、職業に就かせたと世界は非難している。その点についてはやっぱり、違うところは違うと言わないといけない。
 意に反して慰安婦になってしまった方は、戦争の悲劇の結果でもある。戦争の責任は日本国にもある。心情をしっかりと理解して、優しく配慮していくことが必要だ。
 当時は日本だけじゃなくいろんな軍で慰安婦制度を活用していた。あれだけ銃弾が雨のごとく飛び交う中で命をかけて走っていくときに、そんな猛者集団というか、精神的にも高ぶっている集団は、どこかで休息をさせてあげようと思ったら慰安婦制度は必要なのはこれは誰だってわかる。
 ただ、日本国が、韓国とかいろんなところの宣伝の効果があって、レイプ国家だと見られてしまっている。ここが一番問題。証拠が出てくれば認めなきゃいけないが、今のところ2007年の(第1次安倍内閣の)閣議決定ではそういう証拠がないとなっている。そこはしっかり言っていかなきゃいけない。
【午後】
 慰安婦制度じゃなくても、風俗業っていうものは必要だと思う。だから沖縄の海兵隊・普天間に行ったとき、司令官に「もっと風俗業を活用してほしい」と言った。司令官は凍り付いたように苦笑いになって「米軍ではオフリミッツ(出入り禁止)だ」と。(ぼくは)「そんな建前みたいなことを言うからおかしくなるんですよ。法律の範囲内で認められている中で、いわゆるそういう性的なエネルギーを合法的に解消できる場所は日本にあるわけだから、もっと真正面からそういう所を活用してもらわないと、海兵隊の猛者の性的なエネルギーをきちんとコントロールできない」と言った。(司令官からは)「行くなと通達を出しているし、これ以上この話はやめよう」と打ち切られた。
 兵士なんていうのは、命を落とすかも分からない極限の状況まで追い込まれるような任務のわけで、どっかで発散するとか、そういうことはしっかり考えないといけない。建前論ばかりでは人間社会は回らない。
 (慰安婦制度は)朝鮮戦争の時もあった。沖縄占領時代だって、日本人の女性が米軍基地の周辺でそういうところに携わっていた。良いか悪いかは別で、あったのは間違いない。戦争責任の一環としてそういう女性たちに配慮しなければいけないが、そういう仕事があったことまでは否定できない。
 歴史をひもといたら、いろんな戦争で、勝った側が負けた側をレイプするだのなんだのっていうのは、山ほどある。そういうのを抑えていくためには、一定の慰安婦みたいな制度が必要だったのも厳然たる事実だ。そんな中で、なぜ日本が世界から非難されているのかを、日本国民は知っておかないといけない。
************************
 
 橋下市長はニュースで取り上げられ、批判を受けてもツイッターなどで反論を続けるので、収まらない。
 どのニュースを見ても同じ様な構成になっていて、「韓国中国から批判されている」「市民団体から批判されている」「慰安婦から批判されている」「政治家から批判されている」というのを繰り返すばかりだ。「△△から批判されている」との他人の言葉を使って間接的に批判するが、発言の何処に歴史的事実や認識に間違いがあるのかを具体的に指摘する者などいなかった。
 下手なことを言って批判を浴びるのが怖いのだろうが、ジャーナリストを自認する者達なら、間違った発言というイメージを作ろうとせず、正面から批判するべきだろう。ただ、従軍慰安婦が強制的に拉致された訳ではなく、商売として行われていたことは広く知れ渡ってきているので、自分達も売春だったと認識しているから、まともな反論は出来ないのかもしれない。
 
 橋下市長は「発言を撤回しろ」との圧力に屈せず、なかなか持論を撤回しない。日本では珍しいタイプの政治家だ。信念や性格もあるのだろうが、喧嘩上手の橋下氏のことだから、参議院選挙に向けてやっているのかなとも思える。安倍人気で維新の会の支持率は落ちている。維新の会に風は吹かないだろうと見切り、一般受けを狙わず、嫌韓・反韓層や村山談話に不満を持っている保守層にターゲットを絞ったのかなとも感じられる。考えすぎだとは思うが。
 
 この騒動を見ていると、アンデルセン童話の「裸の王様」を思い浮かべる。従軍慰安婦問題を次のように置き換えると似た話になるのではないだろうか。
●馬鹿には見えない服:慰安婦狩り
王様:日本の社会
●詐欺師:朝日新聞、吉田清治、韓国人慰安婦
●家来や町の大人:偽善者
●子供:橋下市長
 朝日新聞をはじめとする詐欺師が、慰安婦狩り(善良な者には見える)があったと日本の社会に吹き込み、証拠も無いのにジャーナリストや政治家などの偽善者はあったがごとく振る舞い、嘘らしいと気付いても善良でないと思われるのが嫌なので皆が嘘と言い出せないでいる。そこに橋下市長が現れ、「嘘じゃん」と叫んだ。
 どうだろうか。似てないだろうか。
 
 日本の大手マスコミはお互いに批判しないという不文律があるのか、大手マスコミ同士が批判しあうことは滅多にない。そればかりか、1社が言い出せば各社同じ方向を向く傾向にある。
 マスコミは権力の監視が役割と言い、政府や政治家、官僚機構などに対して批判ばかりを繰り返すが、メディアは第4の権力と言われる程大きな権力を持っているのにチェックの対象外だ。本来なら影響力の大きい大手マスコミ同士がチェックし合うことで世論形成されるべきだが、自己保身による談合体質のために、そうはなっていない。
 従軍慰安婦問題で言えば、朝日新聞がキャンペーンを張った時に各社は検証するどころか、それに乗っかるメディアばかりだった。それに慰安婦の強制連行は証拠の無い虚言だと分かってきていても朝日新聞批判を展開する大手マスコミは現れなかった。もし、マスコミ相互のチェックが機能していれば、世界から非難されるような事態にはなっていなかっただろう。
 だが、ここに来て読売新聞が下記の記事を載せた。
************************
慰安婦発言 広がる波紋…橋下氏「当時は必要」
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20130515-OYO1T00592.htm
Q&A 従軍慰安婦問題とは…報道きっかけに政治問題化
 Q 従軍慰安婦問題とは。
 A 1992年1月に朝日新聞が「日本軍が慰安所の設置や、従軍慰安婦の募集を監督、統制していた」と報じたことがきっかけで、政治問題化した。特に「主として朝鮮人女性を挺身(ていしん)隊の名で強制連行した」と事実関係を誤って報じた部分があり、韓国の反発をあおった。
 Q 強制連行はあったか。
 A 元「労務報国会下関支部動員部長」を名乗る吉田清治氏が83年に出版した著作「私の戦争犯罪」で、韓国済州島で“慰安婦狩り”にかかわったとしているが、研究者によって信ぴょう性が否定されている。政府は慰安婦の強制連行について「直接示す記述はない」と明確に否定している。
 Q 橋下氏は慰安婦制度について「当時は世界各国が持っていた」と発言している。実際はどうか。
 A この点は、現代史家の秦郁彦氏の著作「慰安婦と戦場の性」(新潮選書、1999年)が詳しい。第2次世界大戦に参加した各国の対応について〈1〉「自由恋愛」型(米英)〈2〉慰安所型(日独)〈3〉レイプ型(ソ連)――に分類し、それぞれの実情を紹介している。「自由恋愛」型の米英を含めて「参戦国の政府や軍隊にとって共通の悩みは、性病による戦力低下を防ぎつつ、いかにして若い兵士たちへ適当な性の捌(は)け口を与えるかであった」(147ページ)と、同書で指摘している。
************************
 片隅にではあるが、朝日新聞という社名が出てきている。当時の記事の検証とまでは至っていないが、少しは風向きが変わってきたのだろうか。

 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。