六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東日本大震災追悼式に中韓欠席

 東日本大地震(平成23年東北地方太平洋沖地震)が発生してから2年が経過した。「もう2年」と感じるのか、「まだ2年」と感じるのかは人それぞれだろうが、時は万人に対して平等に進んでいる。しかし、被災地の復興状況の報道を見ると、東北だけ時の流れが遅く進んでいるのではないかとさえ思えてくる。
 未だ、31万人超が避難生活中だという。天皇陛下は東日本大震災二周年追悼式で「今なお多くの苦難を背負う被災地に思いを寄せるとともに、被災者一人びとりの上に一日も早く安らかな日々の戻ることを一同と共に願い、御霊(みたま)への追悼の言葉といたします。」とお言葉を結んだ。被災者が元の生活を取り戻すことは難しいかもしれないが、一日も早く平穏な生活に戻れることを願わずにはいられない。
 
 この政府主催の東日本大震災二周年追悼式には政府関係者、被災者ら約1200人が参列し、120以上の国・地域の代表者も加わっていたそうだ。
 ところが、政府に招待されたにもかかわらず、中国と韓国の代表が欠席したのだとか。欠席した理由は明らかになっていないそうだが、中国については自らの判断で欠席した模様だ。
 中国外務省は「追悼式で台湾の関係者を外交使節や国際機構と同等に扱った」として、強烈な不満と抗議の意を表しているので、台湾の代表者を「外交団・国際機関等」向けの席に座らせ、「指名献花」をさせたことが気に入らず、ボイコットしたとみられる。
 韓国の欠席理由については判然としないが、想像するに、竹島問題で両国関係が冷え込んでいるため、韓国国内の世論に配慮したのかもしれない。
 中国韓国とも儒教的思想を色濃く残し、政治が優先される国なので、慰霊より政治的思惑が優先された結果なのだと思う。
 東日本大震災は日本人ばかりでなく、外国人も被害に遭った。中国人も、韓国人も被災したはずだ。追悼式は日本人だけに向けられたものではない。被災した人々を思いなされたものである。中国韓国は自国民に対しても憐憫の情を示すことを拒否するのであろうか。
 
 この様な中韓の態度に礼節知らずと非難が上がるかもしれない。しかし、日本人が考える礼節と中韓の礼節は違うのだ。儒教が教える礼節とは本来、目下の者が目上の者に行うものであって、目上の者が目下の者にするものではない。一衣帯水などと言って、同じ様な価値観を持っていると認識してはならない。日本人と中国人や韓国人の間には根底の部分で考え方の大きな相違があるのだ。幻想は持たずに、中国人や韓国人はこんな人達だと認識していれば、立腹することも無い。
 
 
■■■天皇陛下よりお言葉■■■
 本日、東日本大震災から2周年を迎えるに当たり、ここに一同とともに、震災によりかけがえのない命を失われた多くの人々とその遺族に対し、あらためて深く哀悼の意を表します。
 2年前の今日、東日本を襲った巨大地震とそれに伴う大津波により、2万人を超す死者、行方不明者が生じました。震災後に訪れた被災地では、永年にわたって人々が築いてきたふるさとが痛々しく破壊されており、被災者の悲しみはいかばかりかと察せられました。
 一方、この厳しい状況の中、被災地で、また、それぞれの避難の地で、気丈に困難に耐え、日々生活している被災者の姿には、常に深く心を打たれ、この人々のことを、私どもはこれからも常に見守り、この苦しみを、少しでも分かち合っていくことが大切だとの思いを新たにしています。
 この度の大震災に際して、厳しい環境の下、先進救援活動に当たった自衛隊、警察、消防、海上保安庁を始めとする国や地方自治体関係者、多くのボランティア、そして原発事故の対応に当たった関係者の献身的な努力に対し、あらためて深くねぎらいたく思います。
 諸外国からも実に多くの善意が寄せられました。物資や義援金が送られ、また、救援の人々も多数来日し、日本の救援活動を助けてくれました。また、駐日外国大使など日本に住んでいる外国人を始め、災害発生後の日本を訪れる多くの外国人が、被災地に赴き、被災者を励ましてくださっていることに感謝しています。
 この度の津波災害において、私どもは災害に関し、日頃の避難訓練と津波防災教育がいかに大切であるかを学びました。この教訓を決して忘れることなく、これから育つ世代に伝えていくことが大切と思います。
 今後とも施設面の充実とともに、地域における過去の災害の記憶の継承、日頃からの訓練と教育などにより、今後災害の危険から少しでも多くの人々が守られることを期待しています。
 危険な業務に携わる人々も、この度の経験をいかし、身の安全が確保されることに工夫と訓練を重ねていくよう願っています。
 今なお多くの苦難を背負う被災地に思いを寄せるとともに、被災者1人びとりの上に1日も早く安らかな日々の戻ることを一同とともに願い、御霊への追悼の言葉といたします。
■■■■■■■■■■■■■■■
 
 
//////////////////////////////////////////////
中韓代表、追悼式出席せず=台湾処遇に北京反発【震災2年】
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013031100832
中国が追悼式ボイコット 台湾の「指名献花」に反発 東日本大震災2年
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130311/dms1303112336005-n1.htm
東日本大震災二周年追悼式 天皇陛下おことば(13/03/11) .
http://www.youtube.com/watch?v=xiK9zC7aNtU
 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

おはようございます
 今回の件でhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259F%2593%25E5%259B%25BD/" class="keyword">韓国が中国の属国への道を歩み始めたことが良く分かります。日本は国境の島、対馬にもっと多くの自衛隊を配備し、港湾を整備すべきです。先々対馬海峡が日本の防衛線になる覚悟を定める必要があります。地対艦ミサイルの配備も必要です。

yasutaroh | URL | 2013-03-12(Tue)08:18 [編集]


No title

To yasutarohさん
>おはようございます
> 今回の件でhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259F%2593%25E5%259B%25BD/" class="keyword">韓国が中国の属国への道を歩み始めたことが良く分かります。日本は国境の島、対馬にもっと多くの自衛隊を配備し、港湾を整備すべきです。先々対馬海峡が日本の防衛線になる覚悟を定める必要があります。地対艦ミサイルの配備も必要です。

こんばんは
 http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259F%2593%25E5%259B%25BD/" class="keyword">韓国大使が欠席したのは「事務的なミス」だそうですよ。韓国のテレビ局SBSは「招待のファックスが英語だったので、大使館員が重要なものと思わずうっかり捨てた」と報じているようです。
 スパムメールじゃないんだから「うっかり捨てた」なんて。後から「しまった」と思い、苦しい言い訳をしてるとしか思えませんが、野田首相の親書を受け取らず書留郵便で送り返す国だから、「もしかしたら本当かも」との思いもよぎります。

 大統領が替わっても、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259F%2593%25E5%259B%25BD/" class="keyword">韓国がhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国に傾倒する傾向は変わらないようです。歴史的必然ですかね。

ボルト | URL | 2013-03-13(Wed)01:45 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。