六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

WBC1次ラウンド

 WBC1次ラウンドA組最終戦の対キューバ戦。日本代表は7安打したものの3得点。残塁10という結果からも分かるように、チャンスを作りながらも後1本がなかなか出なかった。一方、キューバ代表は10安打で6得点。本塁打2本、2塁打2本と、単打しかなかった日本に比べ、明らかにパワーで勝っていた。それだけではなく、出塁しながら得点にならなかったのは7回だけということから分かるように、チャンスを逃さない勝負強さもあった。
 日本代表は9回に粘りを発揮したものの、力の差で押し切られた感じだ。中国代表チームの監督のマクラーレン監督は「日本を悪く言うつもりはないが、過去の強豪さはなく、圧倒させる投手も不在。第1回大会の日本チームが、パーフェクトだったと思える。」と言っていたが、認めざる得ない。今大会の日本代表は第1回、第2回の代表より力が落ちているのは確かだろう。主軸と期待されていた投手や打者の調子も上がっていないことから、2次ラウンドの試合も厳しい戦いを覚悟せねばなるまい。
 
 キューバ代表には力の差を見せつけられて負けてしまったが、2次ラウンドには進出できる。対して、韓国はB組最終戦の対台湾戦に勝利したにもかかわらず、1次ラウンドで敗退した。韓国では「韓国野球の恥辱の日」などと報道されているようだ。WBC開幕前はイ・スンヨプ、李大浩、金泰均を擁したことで「最強打線」と呼んで、初優勝のつもりでいただけに落胆は大きかっただろう。
 韓国がオランダに0-5で惨敗した時には、「韓国代表が力を発揮できないのは、台湾の気温が例年より低く、強風が吹いているため、疲労が原因」(台湾韓国より遥かに暖かいのに)、「3週間も濃い味付けの台湾の食事を摂り続けたことで選手たちは食欲不振になった」(普段からキムチのような刺激の強い食べ物を食べているのに)、「台湾人の観客のヤジが韓国代表に深刻な影響を与えている」などと敗戦の言い訳報道をしていた。だから、敗退決定で今回も言い訳報道が出てくるだろうと思っていたら、やっぱり、出てきた。
 今回はルールに難癖を付けるものや台湾の嫌韓感情が酷かったからとするものがあったが、面白かったのは「『劇的ではあるが奇跡は…』賭博せずに美しい脱落」との記事だった。9回表にわざと1失点して、3-3の同点で9回裏を迎え、6点取れば韓国が予選突破できるのにあえてせず、韓国代表はスポーツマンシップを発揮して正々堂々と脱落の道を選んだとの内容なのであるが、記者は野球をよく知らないようだ。9回裏に1点でも取ってしまえば逆転サヨナラ勝ちになり、それでゲームセットだ。最高に得点したとしても満塁ホームランの4点まで。6点なんて無理なのだ。大体、満塁になったら台湾が四球を出して終わりにするだろう。
 韓国が何が何でも予選突破をしようとするなら、9回表に韓国応援団が騒ぎを起こし、台湾人の観客を巻き込んでグランドに乱入するなど、球場全体を混乱に陥れてゲームを続けられなくし、没収試合に持ち込むしかなかった。ゴネて台湾側の警備の非を認めさせれば、0-9で勝つ可能性があったかもしれない。
 
 今大会は同率の場合、1イニング平均の得失点差で順位を決定する方式だった。オランダがオーストラリアに4-1で勝っていたため、台湾戦で韓国は最低でも5点差、勝ち抜けるには6点差で勝つことが必要だった。
 韓国の柳仲逸監督は「大勝しなくてはいけない条件だったので、選手には相当負担になった」と述べていたが、5点差以上が必要だということを理解していたのか甚だ疑問だ。大量得点が必要なのに、1点を争うような果敢な走塁をさせてチャンスを自ら潰していた。ランナーを溜めるのが大量得点に必要なことなのにそれをしなかった。韓国のマスコミはこの失策を責めるべきなのに、どこからもその様な批判は出ていないようだ。何故だろうか。
 
 韓国のことは如何でもいいので、話を日本代表に戻す。
 日本代表の各選手の1次ラウンドの打撃成績は次の通りだった。
 
__打席数 打数 安打 長打 死四球 打率
相川 04 02 00 00 02 .000
阿部 09 08 00 00 01 .000
炭谷 --
鳥谷 08 04 00 00 03 .000
井端 06 05 03 00 01 .600
松田 11 10 03 00 01 .300
坂本 14 12 01 00 00 .083
松井 07 06 00 00 01 .000
稲葉 10 09 01 00 01 .111
本多 01 00 00 00 01 ----
糸井 13 10 03 01 02 .300
中田 08 07 04 00 01 .571
内川 09 07 03 00 02 .428
長野 13 10 02 00 03 .200
角中 04 02 00 00 01 .000
 
 井端、中田、内川が好調な反面、阿部、稲葉、坂本の不振が目立っている。それに長打が糸井の2塁打1本だけしかない。長打不足が深刻だ。
 短期決戦は選手の復調を待っている余裕は無いので、好調な選手を積極的に起用する方がいいだろう。台湾戦は次のようなオーダーはいかがだろうか。
 
捕手:相川
1塁:中田
2塁:井端
3塁:松田
遊撃:鳥谷
外野手:糸井、内川、長野
DH:角中
 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259F%2593%25E5%259B%25BD/" class="keyword">韓国代表の戦いを眺めて見ますと、自チームの仕上がりの悪さ、他チーム(オランダ、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%258F%25B0%25E6%25B9%25BE/" class="keyword">台湾)が意外にも強力だったこと、兵役免除無しなどから、今回大会は優勝は無理くさいと、モチベーションが上がっていなかったと思います。ということで彼らは1次ラウンド敗退を感受していたのではないでしょうか。大量得点を狙って大勝するか大負けするという、リスクを犯すよりも、僅差でもいいからhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%258F%25B0%25E6%25B9%25BE/" class="keyword">台湾に勝って、後はルールの所為、運が悪かったと、エクスキューズして国内の批判から逃れる。グッドルーザーになる。そんな感じがしました。

maomasamao | URL | 2013-03-07(Thu)20:33 [編集]


No title

To maomasamaoさん
>http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259F%2593%25E5%259B%25BD/" class="keyword">韓国代表の戦いを眺めて見ますと、自チームの仕上がりの悪さ、他チーム(オランダ、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%258F%25B0%25E6%25B9%25BE/" class="keyword">台湾)が意外にも強力だったこと、兵役免除無しなどから、今回大会は優勝は無理くさいと、モチベーションが上がっていなかったと思います。

 http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259F%2593%25E5%259B%25BD/" class="keyword">韓国代表はオリンピック、アジア競技大会、世界野球選手権大会で優勝しているため、WBCで優勝し、「グランドhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25B9%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25A0/" class="keyword">スラム、私たちが成し遂げます」と意気込んで今大会に臨んでいました。WBC開幕前の選手達のコメントでもうかがえます。モチベーションは高かったと思いますよ。ただ、1次ラウンド突破は当然と思っていたようですが。
柳仲逸監督:「選手たちはかなりしっかり準備してきたようだ。残りの期間で調子をピークに持っていき、最高の成績を挙げたい」
李容圭:「東京(2次ラウンド)の日本戦で内海がたとえ投げなくても、日本の全メンバーは内海の仲間なのだから許すわけにはいかない。私は日本のメンバーがすべて『内海』と思って戦う」(2009年大会で内海から頭部に死球を受けていた。)
李承ヨプ:「日本戦になれば集中力と精神力がさらに高まる。良い勝負をしたい」
姜ミン鎬:「決勝戦で必ず日本に勝ちたい」
李大浩:「コーチ陣と選手たちが団結して目標通りの成績を挙げる」
ユン・ソクミン:「いい成績を挙げて国民を力づけたい」
キム・テギュン:「今回は優勝しか考えていない」

ボルト | URL | 2013-03-08(Fri)22:58 [編集]


No title

To maomasamaoさん
>ということで彼らは1次ラウンド敗退を感受していたのではないでしょうか。

 李承ヨプ「日本(東京ラウンド)に行くために、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%258F%25B0%25E6%25B9%25BE/" class="keyword">台湾に大差をつけて勝ちたい」と話してましたし、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%258F%25B0%25E6%25B9%25BE/" class="keyword">台湾戦が始まる前から諦めていたとは思えません。

>大量得点を狙って大勝するか大負けするという、リスクを犯すよりも、僅差でもいいからhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%258F%25B0%25E6%25B9%25BE/" class="keyword">台湾に勝って、後はルールの所為、運が悪かったと、エクスキューズして国内の批判から逃れる。グッドルーザーになる。そんな感じがしました。

 サッカーなら攻撃的布陣をしたために大負けすることもあるでしょうが、野球は攻守が分かれているので、そんなことはないでしょう。
 韓国の台湾戦のオーダーをみると、6点取って勝ったhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25A2/" class="keyword">オーストラリア戦のオーダーとあまり変わっていません。1番から5番までは全く同じで、当たっていない下位打線の3人を取り替えているだけです。http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25A2/" class="keyword">オーストラリア戦と同じ様に大勝するつもりでいたのだと思いますよ。

ボルト | URL | 2013-03-08(Fri)22:59 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。