六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大谷選手の日ハム入団は正解か

 花巻東高の大谷翔平選手がファイターズに入団した。契約金1億円、年俸1500万円、出来高払

い5000万円の破格の条件は、ファイターズではダルビッシュ投手以来だ。
 2009年のドラフト1位で春日部共栄高から入団した中村勝(21歳)投手は、今年後半から先

発で出場、8試合登板、2勝2敗、防御率1.79の成績を残し、780万円から1350万円(来

年の年棒)に年棒がアップしたが、それより高いのだから期待値の高さがうかがえる。高卒時のダル

ビッシュ投手より身体能力が高いとも評価されているのだから無理も無い。
 ただ、ダルビッシュ投手はプロになってから、普通の投手で終わるか、特別の投手になるのか自問

自答し、特別の投手になるために絶えず筋力アップに励み、体を大きくした。だから、今があるのだ

。大谷選手もダルビッシュ投手のようになろうと思うなら、しっかり体を作るべきだろう。斉藤投手

を見習ってはいけない。
 
 メジャー行きを表明していた大谷選手をファイターズは強引にドラフト指名し、最終的に入団させ

ることに成功した。大谷選手の両親の希望もあろうが、ファイターズの説得がメジャー行きを断念さ

せたのだろう。
 その説得に使われた資料が一部を除いてファイターズのサイトで公開されている。

「大谷選手との入団交渉時に提示した球団資料について」
http://www.fighters.co.jp/news/detail/3251.html
 
 ファイターズは公開した理由をファンや報道関係者からの問合せが多いためとしているが、出来レ

ース疑惑を払拭する意味があるのだろう。「ドラフト単独指名のために、大谷選手にメジャー行きを

表明させ、他球団に指名を断念させようとした」と思われないためには有効な方法だ。
 この資料では過去にメジャーへ渡った選手や他競技の選手を引き合いに出し、メジャーのトップ選

手として長く活躍したいのなら、高卒でアメリカに渡るより日本で実力をつけた方が良いと結論付け

ている。高卒でメジャーに挑戦した韓国人選手を持ち出すのは分かるのだが、サッカー、卓球、柔道

、スノーボード、バレーボールなどの選手の海外挑戦を持ち出すのはどれ程の意味があるのか。それ

だけ、ファイターズが必死だということなんだろうが。それにしても、卓球選手は若年の内に海外移

籍した方が良いとするのは余計なお世話では。
 
 大谷選手が高卒でアメリカに渡らなかったのは正解だと思う。身体能力が高いといっても、日本人

にしてはということであり、アメリカの選手に混じるとそれ程でも無いのではなかろうか。
 現時点ではプロで十分通用する実力は無いのだから、アメリカに渡れば、マイナーから体を鍛え、

技術を磨くしかない。若手のケアをアメリカと日本で比較すると、日本の方が層が薄いのだから上だ

ろう。それに言葉の壁もある。そう考えると、基礎を作るには日本の方が良さそうだ。
 ただ、メジャーに行けば、多かれ少なかれアメリカの野球にフィットしなければならないだろうか

ら、柔軟性のある若いうちに移籍するのが望ましい。大谷選手がメジャーで活躍するつもりなら、急

速に成長し、頭角を早いうちに現すことが必要だろう。時間はあまり無い。
 
 大谷選手にとって、ファイターズは最適な球団だったのかもしれない。ダルビッシュ投手という先

例があるからだ。ダルビッシュ投手の例は色々な面で非常に参考になるに違いない。
 それに、ファイターズが選手にあまり執着しないチームというのもプラスだ。主力選手であっても

放出する。ファイターズは高年棒選手を嫌う傾向にあり、あまりにも高年棒(3億超え)になれば球

団の方から移籍の方向に持っていくようなチームだ。だから、チームの大黒柱となっていたとしても

、移籍で揉めることはないだろう。
 
 大谷選手とダルビッシュ投手の入団時の条件は同じだ。スタートラインは同じなのだから、ダルビ

ッシュ投手がどの様な道程を経てメジャーに行ったのかを振り返るのは、この先の大谷選手を考える

上で有用だろう。
 
1年目 14試合  5勝5敗 防御率3.53 1500万円
2年目 25試合 12勝5敗 防御率2.89 3000万円
3年目 26試合 15勝5敗 防御率1.82 7200万円+出来高払い
4年目 25試合 16勝4敗 防御率1.88 2億円+出来高払い
5年目 23試合 15勝5敗 防御率1.73 2億7200万円+出来高払い
6年目 26試合 12勝8敗 防御率1.78 3億3000万円+出来高払い
7年目 28試合 18勝6敗 防御率1.44 5億円
 
 ダルビッシュ投手は上記の成績を経てメジャーに移籍した。大谷選手はメジャー移籍前提での入団

なのだから、同様の成績を残せば、もう少し早く移籍することも可能だろう。それでも、5年はファ

イターズ暮らしかな。
 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。