六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

韓国のロケットと北朝鮮のミサイルの発射

 今日の午後(16:00~18:55)、韓国の羅老ロケット(KSLV-1)が打ち上げられる予定だ。過去に2度、打ち上げに失敗し、今回が3度目(3号機)になる。成功しても失敗しても、今回の打ち上げでKSLV-1は終了となる。
 
 羅老ロケットは2段式で、1段目がロシア製、2段目が韓国製である。
 1号機は7回にも及んだ延期の末、2009年8月25日に東シナ海に向けて打ち上げられたが、目標軌道を外れて衛星の軌道投入に失敗。2号機も打ち上げ延期の後、2010年6月10日に打ち上げられたが、途中で爆発。2度の失敗の原因を巡り、ロシア韓国が揉めた末、3号機の打ち上げが決定した。
 3号機は当初、10月26日に打ち上げられる予定だったが、部品の破損が判明し、延期となっていた。過去の経過を見ると、直前になって延期も十分ある。
 今日は予定通り発射され、成功するだろうか。
 
 韓国のロケット発射に会わせるかの様に北朝鮮が長距離弾道ミサイルの準備を進めている。3週間以内に発射可能となるとみる向きもある。
 北朝鮮は過去、何度もロケットと称した長距離弾道ミサイルを打ち上げてきたが、いずれも失敗している。今年の4月13日にはアメリカの食糧支援を無にしてまで「銀河3号」を発射し、失敗した。
 4月の発射は金日成生誕100年の祝賀と金正恩の新体制強化を兼ねた祝砲だったが、今回の目的は何だろうか。長距離弾道ミサイルの保有を目的としているのは明らかだが、この時期に前ぶれも無く行おうとしているのは何だろう。
 国内統制の必要に迫られてのことなのか、12月19日に韓国大統領選挙があるので、揺さぶりをつもりなのか。それとも、羅老ロケットの打ち上げに合わせて発射し、批判をかわそうとの意図があるのか。まさか、日本の総選挙に照準を合わせているなんてことは・・・。
 
 4月の銀河3号は発射予告がされていたので、今回の発射も予告がされるとは思うが、意外と韓国のロケットと北朝鮮の長距離弾道ミサイルの同日発射ということもあるかもしれない。
 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。