六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

北海道で大規模停電

 11月27日午前に発生した暴風雪は室蘭市、えりも町、浦河町などで瞬間最大風速が約40m/secに達し、北海道の太平洋沿岸に被害をもたらしました。特に、胆振西部の被害が大きく、室蘭市内では数十本の電柱が倒れ、登別市郊外では高圧送電線の鉄塔が倒壊しています。それらに加え、暴風雪によって送電線が振動、自動的に送電停止となったことから、室蘭周辺に大規模停電が発生しています。
 
 

 北電の発表によると、全道で約56130戸(14時現在)の停電が発生し、その内、室蘭周辺(胆振総合振興局管内)は約55750戸でした。内訳は室蘭市約29880戸、登別市約20790戸、伊達市約990戸、豊浦町約320戸、壮瞥町約50戸、白老町約870戸、洞爺湖町2850戸。
 23時になっても、室蘭市では約24220戸、登別市では約20720戸、伊達市では約650戸、4町合計では390戸がまだ停電したままです。全面復旧には3日程度かかる模様。
 ちなみに、この7市町については道が災害救助法の適用を決めました。
 
 この大規模停電は様々な事態を引き起こしました。報道された事例をいくつか挙げてみます。
●室蘭市役所や登別市役所の電話が不通。行政機能が麻痺。
●携帯電話は利用可能。
●室蘭市内ほぼ全域の信号機が消灯。各地で渋滞が発生し、事故多数。
●室蘭市・登別市の全小中学校が臨時休校
●日鋼記念病院と市立室蘭総合病院が外来を休診。自家発電で入院患者に対応。
●イオン室蘭店や多くの店舗が休業。コンビニなど一部が手作業で対応。
●日本製鋼室蘭製作所が休止。
●登別温泉のホテルが近隣の宿泊施設に客を移動させる。
介護施設の部屋の暖房と水道ポンプが停止。暖房がある食堂に入所者を集め、民家に水汲み。
●家で暖房が使えない人達が自家用車内で過ごす。
●暖房を使えない住民のために7市町が避難所として小学校や会館等を開放。
●自衛隊が避難所に暖房器具と毛布を運搬。
 
 この冬、北海道では電力が逼迫している状態で、北電は節電を呼びかけています。
 2010年度並みの厳寒を前提として、最大電力を563万kWと想定し、600万kW前後まで供給力を上積みをしているため、一番厳しい2月でも33万kWの供給予備力(予備率5.8%)があります。ただし、この供給力は発電設備が全て運転していることを前提としたもので、発電設備の計画外停止や出力抑制が考慮されていません。去年の計画外消失電力は最大で96万kWあり、一昨年は137万kWでした。例年、計画外の最大消失電力は100万kW以上になるようです。苫東厚真火力発電所の4号機(道内最大火力)は70万kWですから、停止が重なったら、それ位には直ぐになるのでしょう。
 なので、日頃から節電を実行して少しでも予備力に余裕を持たせ、発電所の突然の故障に備えようとのようです。
 ただ、北電社員の言によると、大型火力発電が停止して供給が逼迫しても、大口需要家(工場やデパートなど)に供給制限をするため、直ぐには計画停電に至らないとのこと。
 
 北海道において電力不足は社会生活などに甚大な影響を及ぼします。今回の大規模停電でその一端がよく分かったはずです。
 室蘭の住民の老人は暖房も電灯も使えず、簡易ストーブと重ね着で寒さをしのぎ、テレビも見ることが出来なかったので、外の状況がまったく分からなかったといいます。
 もし、全道的に停電が発生したとしたら、大混乱になり、皆この老人のようになること必至です。いや、もっと悪い状態に置かれるでしょう。特に、札幌での停電は行政も情報機関も麻痺させますますから大問題です。
 
 今、多くの政治家は選挙に向けて生き残りに必死です。脱原発なんて軽々しくスローガンを掲げる輩もいますが、本当に将来のエネルギー政策について現実可能な道筋を具体的に考えているのでしょうか。現実を見据えているのでしょうか。政争の道具や保身のために脱原発を利用しているようにしか見えないのは私だけだろうか。
 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

 2チャンでこの停電のスレを見たら、石油ストーブの運転に電気がいると言う事を全然理解していない人が多いのですね。

 だからこの危機感は本州の人にはわからないでしょう。
 
 それで無責任な反原発を騒ぎ泊発電所が稼働できないのです。 ホントに恐ろしい事です。

よもぎねこ♪ | URL | 2012-11-28(Wed)11:40 [編集]


No title

はじめまして。

私は関東在住ですが、賃貸の契約上火を使うストーブは使えません。
東京あたりにはそういうヒト、多いんじゃないでしょうか。

私はこのニュースを見て「ホラ、電線の地下化を進めないと!」と思いました。やっぱり、公共事業は必要です。

pochi-one | URL | 2012-11-28(Wed)19:58 [編集]


No title

To よもぎねこ♪さん
> 2チャンでこの停電のスレを見たら、石油ストーブの運転に電気がいると言う事を全然理解していない人が多いのですね。
>
> だからこの危機感は本州の人にはわからないでしょう。
エアコンやコタツ、電気ストーブ、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25AA%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25AB/" class="keyword">オイルヒーターはあっても、石油ストーブがない地域も有りますから。そんなものなのかもしれません。
テレビを見ていたら、自衛隊が避難所に昔懐かしい対流形石油ストーブを搬入していました。避難所にも暖房器具が備わっているはずですが、停電で使えないのでしょう。
道民には暖房に電気が必要ということは当たり前ですが、避難所で暖房器具が使えないという事態を目にすると、暖房に電気が必要ということを本当の意味で理解していたのか、反省しないではありません。

> それで無責任な反原発を騒ぎ泊発電所が稼働できないのです。 ホントに恐ろしい事です。
今日の読売新聞(電力維新上 脱原発)にドイツの脱原発事情が載せられていました。
http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2589%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2584/" class="keyword">ドイツは2022年までに原発を廃止し、再生可能エネルギーの発電比率を2050年に80%にしようとしていますが、再生可能エネルギーの普及のために電気料金が1.8倍に上昇したそうです。
消費者団体は電気料金が値上がりするなど多くの問題点が明らかになれば、政府への不満が高まるだろうと話し、商工会議所は電気料金の上昇を理由に2割の製造業が生産拠点を海外に移転したか、計画していると話しています。
環境関連産業は育成されるところが、ソーラーパネルメーカーがhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国製に押され、相次いで破錠したとのこと。
http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2589%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2584/" class="keyword">ドイツは脱原発の負の側面に直面したため、今年から買い取り価格を引き下げ、買取対象を制限したそうです。脱「脱原発」に舵を切り始めているなのだとか。

脱原発には様々な負の側面があります。安易に脱原発を唱える政治家達はこうした負の側面を説明していないし、対処方法も提示していません。選挙のために唱えているだけです。
この人達に将来を託すことなど、とても出来ません。

ボルト | URL | 2012-11-29(Thu)00:43 [編集]


No title

To pochi-oneさん
>はじめまして。
>
>私は関東在住ですが、賃貸の契約上火を使うストーブは使えません。
>東京あたりにはそういうヒト、多いんじゃないでしょうか。
はじめまして。よろしくお願いします。
北海道でもhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AB/" class="keyword">オール電化マンションではそうですよ。http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AB/" class="keyword">オール電化住宅が増えてきてストーブが無い家も増えているようです。

>私はこのニュースを見て「ホラ、電線の地下化を進めないと!」と思いました。やっぱり、公共事業は必要です。
東京は過密地帯ですから地中化が必要でしょうが、ほとんど発生しない事故のために地下化を促進するのはコストがみあわないと思います。特に、送電線は。
地中化はコストが掛かりすぎるし、地震や水害のことを考えれば、過密地帯以外では架空のままでいいと思います。

ボルト | URL | 2012-11-29(Thu)00:49 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。