六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

証人喚問の可能性

検察当局の喚問要求 漁船衝突事件で石原氏

 

 自民党石原伸晃幹事長は26日のNHK番組で、那覇地検が尖閣諸島周辺で起きた中国漁船衝突事件の船長を釈放したことに関し、10月1日召集の臨時国会で検察当局の証人喚問を求める考えを表明した。
 石原氏は政府の対応について「外交音痴で、歴史に残る大失態だ」と批判。公明党の井上義久幹事長も「日本は圧力を加えたら屈するという誤ったメッセージを与える可能性が高い」と指摘した。
 民主党の岡田克也幹事長は「われわれは法に基づいて粛々とやった。政治的な介入はしていない」と反論した。
 一方、岡田氏は臨時国会に提出方針の2010年度補正予算案をめぐり、野党の要望も踏まえて修正に柔軟に応じる意向を示した。


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/444400/

 

 

 

 証人喚問の手続きを調べてみました。
 国会の慣例では委員会理事会で全会一致、その後委員会において全会一致で決議することが慣例となっているようです。
http://allabout.co.jp/career/politicsabc/closeup/CU20071202A/
 

 多数決で決議することも出来るようですが、過去の経緯から公明党、共産党が全会一致にこだわるでしょうから、証人喚問は現実になりそうも無いようです。
 ぜひとも、検察に政治が働き掛けたのかどうか知りたかったのですが、無理のようです。残念。

 

 10月から始まる国会での野党攻勢を菅政権はひたすら同じ言い訳を繰り返すだけでしょうが、そんな中、謝罪を求める中国がフジタの社員の件で揺さぶりを掛けてきたらどうするのでしょうか。尖閣諸島に中国の漁業監視船(武装護衛艦)を伴って漁船団が現れたとしても見てみぬ振りをするだけでしょうが、日本の漁船を拿捕し始めたら、どう対応するのでしょうか。

 中国の国家、人民に「日本に対しては威嚇すればいい」と思わせてしまった以上、目に見える成果を上げるまで中国は状況をエスカレートさせる可能性が大きいですよ。中国政府も安易な妥協は出来ない状況になってると思います。安易な妥協は「弱腰外交」と中国政府に批判が向きますから。不満を表す人が学生や市民なら天安門事件のように戦車で蹴散すことも出来るのでしょうが、軍人が相手では難しいでしょう。中国政府は軍部が不満を持つことが一番恐ろしいでしょうから。


 反小沢で上がった政権支持率がガタ落ちする中、菅政権が迷走し、取り返しの付かない判断をしないか心配です。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

>菅政権が迷走し、取り返しの付かない判断をしないか心配です。

 ワタシもこれが心配です。 支持率低下を防ごうと、一転して今度は成算のない強攻策に出て、ホントに戦争へと突っ走る可能性があります。

よもぎねこ | URL | 2010-09-26(Sun)23:55 [編集]


No title

To よもぎねこさん
>>菅政権が迷走し、取り返しの付かない判断をしないか心配です。
>
> ワタシもこれが心配です。 支持率低下を防ごうと、一転して今度は成算のない強攻策に出て、ホントに戦争へと突っ走る可能性があります。

 トラバックさせていただいた上にコメントまでいただき、ありがとうございます。

 新聞によると菅首相は人一倍権力志向が強いそうです。首相の座を死守するためなら、手段を選ばないかもしれません。

ボルト | URL | 2010-09-27(Mon)19:30 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。