六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ファイターズを去る者達

 11月4日、北海道日本ハムファイターズは木田優夫投手に再契約しないことを通知し、木田投手の退団が決まりました。現在44才で、今期は1試合しか登板していませんので、致し方ないことでしょう。
 木田投手は引退せず、合同トライアウトに臨むそうです。現役続行が叶わなくとも野球に関わっていきたいとのこと。
 木田投手は画伯と呼ばれ、「明石家サンタ」に出演するなど、バラエティ系の面白い選手だっただけに残念です。今年の「明石家サンタ」に期待しましょうか。
 
 また、木田投手と同じくメジャー帰りの吉井理人投手コーチも退団します。投手起用などをめぐり、栗山監督とたびたび衝突し、最後まで監督と合わなかったようです。
 ファイターズには芝草宇宙投手コーチもいますが、梨田監督時代から5年間投手コーチを務めた吉井コーチに比べれば、心許ないのは否めません。ヘッド格の投手コーチとして牛島和彦横浜監督が候補として上がっているようです。木田投手が投手コーチとして来年のファイターズベンチに座って居るなんてことも面白いと思ったのですが、ありそうにもありませんね。
 
 メジャー復帰組がファイターズから去る一方、メジャーを目指してファイターズを去る生え抜きの選手もいます。田中賢介内野手が海外FA権を行使してメジャーに挑戦するため、退団することになりました。
 メジャー挑戦した内野手は松井稼頭央井口資仁中村紀洋岩村明憲西岡剛川崎宗則の日本代表を経験した選手ばかりです。それでも、どの選手も日本にいた時のような活躍を出来ていません。昨年メジャー挑戦を表明した中島裕之内野手はヤンキースの評価(控え選手扱い)が低く、条件面で折り合いがつきませんでした。田中賢介選手はファイターズでは不動のレギュラーですが、全国的な名声は前記選手達に比べ劣ります。
 メジャー球団の日本人内野手に対する評価が高くないことに加え、田中賢介内野手は今年怪我をして左腕整復手術を受けています。9月から1試合も出場していないので回復具合も不明です。
 そのような状況で、果たして本気で獲得に乗り出すメジャー球団はどれ程あるのでしょうか。ロッキーズ、レイズ、ジャイアンツドジャース、Wソックスなどが興味を示しているという記事もありますが、信用していいものなのかどうか。
 田中賢介選手は「ファイターズの野球が、世界で通用するんだというところを見せたい。日本に帰ってくる選択肢はない。」と不退転の覚悟をしているため、せめて、試合に出られる機会が多い球団に決まればいいのですが。
 
 現在、ファイターズ退団が決まっている主な選手、コーチは以上の3人の他に金森敬之投手、ターメル・スレッジ外野手、福良淳一ヘッドコーチ、清水雅治外野守備走塁コーチらです。
 福良ヘッドコーチはオリックスへ、清水コーチはロッテへ移籍する模様です。スレッジ外野手は7月の内視鏡手術後、リハビリが進まず、復帰出来なかったことから、球団が見切りを付けたのでしょうね。
 


◆木田投手のファイターズ在籍中の成績
2010年
登板数21 投球回数52.2 5勝2敗 防御率4.78
2011年
登板数3  投球回数4    0勝0敗 防御率4.50
2012年
登板数1  投球回数1    0勝0敗 防御率0.00
 
◆田中賢介選手の13年通算成績 
出場試合1079 安打1052 本塁打39 打率0.286
ベストナイン4回 ゴールデングラブ賞5回

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。