六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

尖閣問題 プロパガンダ広告と中国流の喧嘩 前編

 日本では夫婦喧嘩を近所に知られないようにするのが一般的で、家庭内の恥は外に知られないように取り繕ったりするものだが、国が違えば夫婦喧嘩の風景も違うらしい。
 昔読んだ本に、中国人の夫婦喧嘩の話があった。その本によれば、中国人が夫婦喧嘩を始めると、家の外に飛び出し、玄関前でお互いに相手のことを罵倒し、自分が正しいと大声で怒鳴り合うのだという。そうすると、野次馬が集まって周りを取り囲み、赤の他人の夫婦喧嘩なのにあれこれと口出ししてきて大騒ぎになるのだそうだ。ただし、暴力沙汰になりそうになったら、野次馬が抑え付けるため、口喧嘩で終わるとのこと。今でもそうなのか知らないが、やや昔の中国では珍しくも無い風景だったようだ。
 中国人夫婦がわざわざ公衆の面前で喧嘩をするのは、近所の人や通行人に自分の正当性についてアピールするためだとか。だから、罵声は相手に向かって言ってはいるものの、相手に聞かせるためではなく、野次馬に聞かせるために言っているのだそうだ。多くの野次馬に対して説明しようとするから、声も自然と大きくなるのだろう。
 誰でもいいから味方を多く付け、数の力で相手を圧倒しようとするため、有る事無い事、悪口の言いたい放題で、嘘も平気に飛び出す。自分が悪いとは考えず、援軍を得て勝つためには手段を選ばないという感じだ。圧倒して相手の口を塞いでしまえば勝ちと考えているから、道理を説いて相手を説得するなんてことは初めから念頭に無いのだろう。
 日本人の感覚では理不尽な暴言を言われたら関係修復は難しいが、中国人は終わってしまえば何事も無かったが如く振舞い、意に介さないようだ。ただし、喧嘩になれば、また持ち出してくるので、「水に流す」ということとは違うみたいだ。
 
 以上は夫婦喧嘩の話であるが、中国の外交のやり方をみていると、共通するものがあるように思われる。証拠をから主張の正当性を説くなどという方法は取らず、主張を通すため、相手をひたすら罵倒して聞く耳を持たず、周囲にプロパガンダを流して追い込む。韓国北朝鮮も同様の方法を常套手段にしているので、この思考傾向は中華思想に根差しているのかもしれない。
 
 9月28日付の米紙ニューヨーク・タイムズとワシントン・ポストに「釣魚島は中国領」と題する広告が掲載され、尖閣諸島は古来より中国固有の領土であり、争いの余地なく主権を有し、日本が強奪したと主張している。広告主は中国の英字紙チャイナデイリーとのこと。中国の国家機関や団体が広告主なら分かるが、何故、中国のメディアがアメリカのメディアに態々広告を出すのか。チャイナデイリーは中国プロパガンダ機関ということなのだろうか。
 この広告の様に外交問題をアメリカのメディアに広告を出すという手法は韓国が先にやっている。今年の5月29日付の米紙ニューヨーク・タイムズにも「従軍慰安婦に対し適切な謝罪や補償を日本政府がしていない」と批判する意見広告を韓国系団体が出している。
 この事からも中国人と韓国人の類似性がみられる。
 
・・・続く。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。