六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大津市いじめ自殺事件 何故、転校した

 大津市立皇子山中学校中2生徒自殺事件で、連日の取材攻勢によって学校と市教育委員会が隠蔽していたと思われる新事実が次々に明らかになり、事件性を認めていなかった滋賀県警が捜査を始め、市側も外部委員会の調査を始めることになった。それでも、加害者の3人の同級生側は「いじめはなかった」と否定を続けている。
 片山さつき議員などによると、加害者の内2人は京都の別々の市立中学校に転校している模様。ニュースでいじめと大きく取り上げられた頃には既に皇子山中学校には在校していなかったようだ。
 
 いじめが無かったと言うなら、何故、加害者の生徒は転校したのだろうか。自宅は大津市にあるというのに。加害者側は「いじめで被害者が死んだので、皇子山中学校に居づらくなった」以外の合理的な説明は出来るのだろうか。
 進学校とは思えない市立中学校に加害者2人が、態々転校するという不自然な行動が真相を物語っているように思える。
 
 この事件を機に教育関係者がいじめを無くする方法論を語っていたりするが、犯罪行為をいじめと言っている内はまた同様のことが起こるだろう。子供でも犯罪は犯罪として、小さな事件の時から処理しないと、いずれ、大きな事件が起きる。この様な子供の犯罪でもハインリッヒの法則が成り立つと思う。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

おはようございます
 「隠すより現るる」と言いますね。40万円も脅し取って遊びとは、どう言う家庭教育なんだと言いたくなりますね。

yasutaroh | URL | 2012-07-20(Fri)06:05 [編集]


No title

To yasutarohさん
>おはようございます
> 「隠すより現るる」と言いますね。40万円も脅し取って遊びとは、どう言う家庭教育なんだと言いたくなりますね。

こんばんは
この事件は学校や市教育委員会の隠蔽しようとしていた意図が見えたことで、騒ぎが大きくなったように思います。まさに、「隠すより現る」ですね。
被害者の生徒が40万円を工面していたのは確かなようですが、恐喝情報はアンケートの回答によるものなので、裏付けを取るために加害者の金遣いを調べる必要がありそうです。

この事件は学校や教育行政だけではなく、警察や司法制度の問題を明らかにした事件でした。

ボルト | URL | 2012-07-20(Fri)23:23 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。