六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

札幌でベンツに乗って逃走した男が生活保護を受給していた 追加2

 ベンツに乗って逃走した伊藤学容疑者は生活保護の不正受給以外にも詐欺をはたらいていたと思われる事実が浮上した。
 
-------北海道テレビ放送(HTB)の報道-------
「覚せい剤の逃走男 車の故障で札幌市から修理代」
覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された逃走男の生活保護費不正受給問題。男が道路の段差のせいで車が故障したと苦情を言って、札幌市から修理代を支払わせていたことが分かりました。
 示談金63万円…それが、札幌市が男に支払ったベンツの修理代だ。市は、男の身元を確認することもなく、金を支払った。
 浅野早也香記者「ベンツに乗り、こちらの道を通っていた伊藤容疑者。道路の段差で車が壊れたと札幌市に訴えたということです」。
 先月、覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された伊藤学容疑者。白石区で生活保護を受給していたおととし10月、「親戚が運転する車に乗っていたとき、道路の段差のせいで車が故障した」などと市に苦情を言って、車の修理代など63万円を支払わせた。生活保護の受給者は特別な理由で車を所有することはもちろん、臨時に収入を得た場合、自治体に申告する必要がある。不正に車を所有していた伊藤容疑者は当然、区の生活保護の担当者に今回の件を報告していなかった。札幌市によると、今回のケースでは生活保護受給者かどうか調べる必要はなく、車の名義人は別の人だったが、伊藤容疑者が車の所有者であると確認できたため、金を支払ったとしている。上田市長は「調査中で答えられない」としている。市は伊藤容疑者を詐欺容疑で刑事告訴する方針だが、上田市長は告訴の時期については、警察と協議の上決定するとしている。
------------------------------
 
 道路の段差で車が壊れたと言いがかりを付けられて、札幌市は簡単に示談金を支払っている。修理代ではなく、示談金を支払ったということは伊藤容疑者に法外な修理代を要求され、その部署が出せる金額まで値切って示談したということだろう。通常ではありえないことだ。
 暴力団が怖いから、面倒だから、言われるままに金を出したとしか思えない。札幌市は何とか取り繕おうとしている様子がみられるが、修理代を要求された後、道路の段差を無くする工事はしたのだろうか。
 
 札幌市は「車の名義人は別の人だったが、伊藤容疑者が車の所有者であると確認できた」としている。
 このベンツは捕まった時、無車検だったので、一昨年10月にはまだ車検が切れていなかったということなのか。
 また、「車の名義人は別の人」とはどういう意味なのか。車検証の所有者が別人で使用者が伊藤容疑者だったのか、それとも、所有者、使用者ともに伊藤容疑者以外の別人になっていたのか。前者と後者とでは意味合いが大きく違ってくる。前者の場合は普通にあること(ローンで購入した場合は所有者がローン会社で使用者が購入者)だが、後者の場合は事実上の所有者を認定するのは面倒だ。
 伊藤容疑者の行状を見ていると、ベンツを正当な手段で入手していたとは思えず、取り込み詐欺の被害にあった車を手に入れたのではないかと強く疑われる。その場合は後者になり、車検証に伊藤学の名は出てこないし、所有者確認をしたら取り込み詐欺が発覚する。
 札幌市はどの様な方法でベンツを伊藤容疑者の所有物であると確認したのだろうか。札幌市の対応を見ていると、本当に所有者の確認をしたのか疑わしい。
 
 札幌市は伊藤容疑者を詐欺容疑で刑事告訴する方針とのことだが、具体的にはどんな詐欺にあったというのだろうか。示談金を騙し取られたというのか、それとも、示談金を申告しなかったため、その分の生活保護費を騙し取られたというのか。どちらだろうか。
 
///////////////////////////
覚せい剤の逃走男 車の故障で札幌市から修理代
http://www.htb.co.jp/news/#article03

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。