六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

原監督恐喝事件を考える

 「原監督が元暴力団員に1億円払っていた」と報じた週刊文春に対して、読売巨人軍が原監督と巨人軍の名誉を傷つけたとして、損害賠償請求訴訟を起こす方針なのだそうだ。
 
◆週刊文春の記事(WEB版より)
<<巨人 原監督に一億円払わせた元暴力団員K氏の電話>>
 読売巨人軍・原辰徳監督(53)が2006年に元暴力団員らに女性問題で脅され、1億円を支払っていたことが、週刊文春の取材で分かった。
 発端は、原監督が現役だった24年ほど前、遠征先のホテルの女性スタッフと“深い関係”になったこと。交際を続けるなかで女性を傷つけてしまう“トラブル”が生じたのだが、一連の事情を女性は日記につけていた。その日記が暴力団関係者の手に渡ったのだ。
 2006年8月、2回目の巨人軍監督に就任していた原監督のもとに元暴力団員であり、現役プロ野球選手の父親を名乗るKから電話が入った。「原さんにとって非常に大事な話がある。あなたの昔のスキャンダルだ。至急会って話してもらった方がいい」。
 原監督が面会に応じると、Kは仲間のHを連れて、巨人の遠征先の熊本に現れた。
 Kは女性の日記のコピーを示し、「原さんが野球界から居なくなったら大変なことになる。表に出ないように私が解決するので、私に任せなさい。それには金がいる」と言って、1億円を要求した。かつてKは東京に本拠を置く暴力団に所属しており、その後、破門になった。小指は欠損している。
 原監督は知人である会社経営者から金を借りるなどして、2日間で1億円を用意した。K側は金と引き替えに、その場で日記をシュレッダーに掛け、原監督のマネジメント会社の名前が宛名になった領収書も切ったという。
 原監督は恐喝の被害者ではあるが、球団や警察には相談していない。
 原監督自らが登場する警視庁作成の「暴力団追放」ポスター(2009年5月~11月まで東京都内のJRや私鉄駅構内に掲示)には、「暴力団を恐れない」「暴力団に金を出さない」「暴力団を利用しない」というキャッチフレーズとともに、「暴力団のことで困ったら、すぐ相談」と書かれているが、自らはそれを行っていなかったということになる。
 この件について読売巨人軍および原監督に取材を申し込むと、桃井恒和社長と読売新聞グループ本社取締役経営戦略本部長でもある山口寿一常勤監査役らが取材に応じた。「本人も非常に浅はかな対応をしてしまったと言っているが、要求された金額が監督が用意できる限度額だったため支払いに応じた。Kは元暴力団員だが、20年以上前に足を洗ったと聞いている。監督の頭の中には暴力団と関係があるなどという考えはまったくなかった」(山口常勤監査役)
 巨人軍はこの恐喝事件を2009年に把握し、その時点で「お金は払うべきではなかった」と監督を厳しく注意したという。ただし、原監督は被害者であり、加害者であるKやHは反社会的勢力ではないとの認識を持ったため、何の処分もしなかった。
 2011年10月に暴力団排除条例が施行され、「暴排」意識が国民的に高まっている中、「巨人軍は紳士たれ」を標榜してきた球団が、この問題をどう総括するかが注目される。
 
◆原監督と巨人軍の説明
●1988年ごろ、原監督(この時は現役選手で30歳)はある女性と関係を持ったが、まもなく連絡を断つ。
●2006年8月、原監督はある球団の関係者を名乗る男と会社員男性の2人組から「あなたの女性問題に関する(1988年頃の)日記がある。公になれば球界は大変なことになる。表に出ないように私に任せてほしい」などと言われ、1億円を要求される。
●日記には88年当時の選手2人の名前もあり、この2人はこの時、コーチを務めていた。原監督は「表に出たらチームがガタガタになる。球界関係者なら助けてくれるだろう」と思う。
●原監督は恐喝だと感じたが、球団に相談せず、2人に金を支払った。
●原監督と原の個人マネジャーは「これで終わりにならない時には球団に相談し、警察に届け出よう」と話し合う。
●09年4月、別の男が球団に電話を掛けてきて「監督の手元に渡った日記を返してほしい。返してくれなければ大騒ぎする」などと要求。
●原監督は球団と妻に全てを告白。恐喝の被害が判明する。
●巨人軍と原監督は被害届を出すことも検討。2人の男のうち会社員男性がすでに死亡しており、警察当局が事件化は困難との見方を示したため提出を見送る。
●警察当局から、原監督を恐喝した男2人と、球団を脅した男の計3人はいずれも暴力団員ではないことを伝えられた。
●原監督「電話をかけてきた男は逮捕され、有罪になったと聞きました。」。
 
◆巨人軍の桃井社長の主張
1)原監督は恐喝の被害者であり、反社会的勢力に対し、違法、不当な資金提供はしていない。
2)原監督は反社会的勢力と交際したことはなく、利用したこともない。
3)事件の詳細は前球団代表の清武英利氏ら4人しか知らない。「清武氏がこの報道に関与していると監督も私も思っている」。
 
◆清武さんへの原監督コメント
 巨人軍の選手、OB、関係者を傷つける報道が相次いでいます。たくさんの暴露が行われ、巨人軍関係者を混乱させ、選手、OBを苦しませています。私は監督という立場で心を痛めてきました。
 こんなことがなぜ続くのか。清武さんのほかに、いったいだれがいるのか。
 今回は、私のことで良かったと思っています。
 巨人軍の低迷期に清武さんと会い、同じ釜の飯を食い、同じ目的に向かって、悔しい時も、うれしい時も本気で涙を流してきました。ファンに愛され、強くある巨人軍をめざし、リーグ3連覇、日本一も成し遂げました。
 巨人軍を育て、守り、築いてきた偉大な先輩方がたくさんいられます。未来へ夢をつなぎ、巨人軍の発展を願っている方もたくさんいられます。清武さんもその一人だと信じます。
 巨人軍の一員だったことを誇りとして、これからを歩んでください。
 まだ間に合います。
 
 
 18年後になって1億円も脅し取られるとは。女性の日記には何が書かれていたのだろうか。1億円を払ってまで隠さなければならないことが書かれていたと考えるのが順当だろう。
 原監督自身が「公になれば球界は大変なことになる。」と言われたと言っているが、文春の記事では「原さんが野球界から居なくなったら大変なことになる。」だ。原監督の言葉そのままなら、球界を巻き込む大スキャンダルだが、記事だと原監督個人が球界を追放されるスキャンダルだ。どちらが正しいのか。たぶん、後者だろう。記事の言葉の様なことを言われて、それを短く略したためにニュアンスが変わってしまったものと思われる。
 日記には不倫関係が書かれていただけではあるまい。不倫を暴露されたくらいでは球界追放に至るはずが無い。現に、二岡はファイターズで活躍している。18年も前の不倫など若気の至りで済んでしまう話だろう。
 文春の記事には「女性を傷つけてしまうトラブル」があったとあり、そのトラブルが1億円を払ってまで隠さなければならない事実なのであろうか。若し、そうであったとしても、殴って怪我をさせた程度のことではないだろう。日記が処分された今となっては、明らかになるとは思えないが、原監督が社会的窮地に立たされるようなスキャンダルがあったのではないか。
 
 巨人軍は「反社会的勢力に対し、違法、不当な資金供与をしたのではない。」と強調しているが、読売新聞には「球団が調査し、恐喝の被害が判明した。」と書いてあり、恐喝と認識しているのは間違いなさそうだ。恐喝されて金を出すのは少なくとも不当な資金供与にあたる。つまり、巨人軍は「相手が暴力団ではない」から問題にはならないし、名誉棄損だと息巻いているのだ。
 文春の記事では「2006年に元暴力団員らに女性問題で脅され」と書いてあり、暴力団に恐喝されたとは書いていない。巨人軍は警察から「3人はいずれも暴力団員ではない」と聞いていると言っているだけであり、元暴力団員だったかについては言及していない。2009年の時点で暴力団員でなかったと言っているだけなのだ。文春の記事には「Kは元暴力団員だが、20年以上前に足を洗ったと聞いている。」と巨人軍の山口常勤監査役の言葉が載っており、むしろ、元暴力団員ということ知っていて、あえて元暴力団員という言葉を避けることで、暴力団とは無関係と思わせたいのでは。
 ただ、記事の「『暴力団のことで困ったら、すぐ相談』と書かれているが、自らはそれを行っていなかったということになる。」の部分が「暴力団に資金供与した」と書いたと取れないこともない。
 
 名誉毀損は事実の有無にかかわらず、相手の社会的評価を低下させたら成立する。ただし、公共の利害に関わる事実で公益目的の場合は除外される。
 記事では警視庁の暴力団追放キャンペーンに携わった原監督が、呼びかけていた事と反対の事をしていたことを問題にしている。公共活動を行う際の人選を問題にしているのだ。これでは名誉毀損で賠償金を勝ち取るのは難しいのではないか。
 目的は賠償金を取ることではなくて、訴訟を起こすことで文春の記事の信用性を貶めることなのだろうが。
 そもそも、名誉を毀損された原監督ではなく、巨人軍が名誉毀損の損害賠償請求訴訟を起こすのだそうだ。記事の何処が巨人軍自体の名誉を傷付けているのだろうか。何も示されていない。原監督は巨人軍の顔であるが、巨人軍では無い。原監督個人に対する名誉毀損がただちに巨人軍の名誉毀損になるわけでもない。巨人軍は原監督の代わりに訴訟を起こすとでもいうのだろうか。その場合、巨人軍に当事者適格は認められるのか。訴え却下となり、門前払いされるのでは。
 
 巨人軍や原監督は確かな証拠も示さず、推測で清武氏を記事の出所と決め付け、非難している。名誉毀損というなら、むしろ、こちらの方が問題だろう。清武氏に対する名誉毀損が認められる確率は非常に高いと思われる。
 
 記事では「原監督のマネジメント会社の名前が宛名になった領収書も切ったという。」ということも書かれている。それが本当なら、1億円は原監督が払ったのではなくて、マネジメント会社が払ったように会計処理したのか。若し、経費に計上していたら、経費の水増しにならないであろうか。税務上、何も問題は無いのか。
 脱税の時効は実質7年だ。時効まで後、1年ある。

 

//////////////////////////////
巨人が文春を提訴へ…原監督の名誉傷つける記事
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120620-OYT1T00649.htm
巨人 原監督に一億円払わせた元暴力団員K氏の電話
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1475
原監督「私はある女性と関係を持ちました」
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/headlines/20120620-00000028-dal-base.html
「清武さんへ」原辰徳監督コメント全文
http://www.daily.co.jp/newsflash/2012/06/20/0005149968.shtml


 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。