六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

注意!ネットが利用できなくなる恐れあり。感染確認サイトで確認を

 グーグルは「DNSChanger」に感染していながら対策を講じていないPCが世界に50万台あると推計していて、日本国内でも相当数のPCが感染している模様だ。
 「DNSChanger」はPCの設定を書き換えて不正なDNSサーバに誘導するマルウェアで、感染するとフィッシング詐欺サイト等に誘導され、パスワード等の情報を盗み取られたりする被害に遭う恐れがある。
 昨年の11月、米国連邦捜査局 (FBI) は「DNSChanger」を利用して「クリックハイジャック」とよばれる手法で詐欺を行っていた組織犯罪グループを摘発した。その際、PCをコントロールするDNSサーバ群も押収したのだが、PCの通信が出来なくなる混乱を避けるため、FBIにより正常なサーバーへ置き換えるという措置が取られている。これは一時的な対策で、3月9日に停止する予定だったが、影響が大きいとして7月9日まで運用延長されている。
 よって、7月9日に運用停止されると、置き換えられたDNSサーバにアクセス出来なくなり、「DNSChanger」に感染しているPCはWebサイトの閲覧やメールの送信などができなくなる可能性がある。
 
 グーグルではGoogle検索にアクセスしたPCが感染している可能性がある場合、検索結果ページ最上段に警告を表示するサービスを始めたが、英語表記なので取っ付き難い。日本人なら日本語サイトを利用した方が分かりやすいだろう。
 セキュリティ組織JPCERTコーディネーションセンターが公開しているサイトではアクセスするだけで感染をチェックすることができ、感染してる場合の対策も日本語で書かれているので使いやすい。一度、ここのサイトで感染チェックすることをお勧めする。
 
◆JPCERTコーディネーションセンターのサイトで感染チェックする手順
1)DNS Changer マルウエア感染確認サイト公開のお知らせ(http://www.jpcert.or.jp/pr/2012/pr120002.html)を開く。
2)DNS Changer マルウエア感染確認サイトのURL(http://www.dns-ok.jpcert.or.jp/)をクリックする。
3)別ウィンドウで結果が表示される。
4)感染していた場合は1)のページの下部に記載されている対策に従って処置する。

 

/////////////////////////////////////////
7月9日以降ネット接続不能に?
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/jikenbo_detail/?id=20120605-00024610-r25&vos=nr25in0000001
<<< DNS Changer マルウエア感染確認サイト公開のお知らせ >>>
http://www.jpcert.or.jp/pr/2012/pr120002.html
Google Online Security Blog
http://googleonlinesecurity.blogspot.jp/2012/05/notifying-users-affected-by-dnschanger.html
DNSサーバ
http://e-words.jp/w/DNSE382B5E383BCE38390.html
 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。