六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

南京事件とニュース23

 筑紫哲也がまだ存命の頃、ニュース23で南京市民達に「南京大虐殺」についてインタビューしたVTRがされたことがあります。
 そのVTRに登場する若者は日本軍が残虐非道なことをしたと延々と非難を続け、他の市民も似たようなものでした。若い者ほど「南京大虐殺」に詳しく、非難感情は強い傾向にあるようでした。そんな中、唯一、南京事件以前に生まれ、当時のことを記憶している老人(男性)が登場します。その老人は「南京に生まれ、南京から一度も出たことはないが、そんなことがあったなんて知らなかった。」と答えていました。
 この老人の言葉が多くを物語っているように感じます。「南京大虐殺」が全くの虚構とは言いませんが、中国共産党が主張するような大規模な虐殺が事実としてあったなら、知らないなんて事はないでしょう。この老人は共産党の教育を受けることなく成人し、「南京大虐殺」の宣伝が本格化した時にはリタイヤしていて世情に疎くなっていたのかもしれません。
 このインタビューが行われてから随分経ちますので、既に高齢になっていたこの老人はもう亡くなっているでしょう。南京事件から74年が経過し、当時を知る人々がもう直ぐいなくなります。中国が学問的見地から証言を残してくれるのを願いますが、それは望むべくもないことでしょう。中国南京事件を学問の問題としてではなく、政治の問題(道具)として捉えていて、結果は初めから決まっているのですから。
 
 ニュース23はニュース23クロスとして装いを新たにして続いてますので、アーカイブ特集でも組んで、再びこのVTRが流されることを望んでいますが、こちらも期待できないでしょう。
 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

かなり前に何かが聞いたか読んだ話しなので、自分で検証したわけではありませんが、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AB/" class="keyword">アメリカやドイツの外交記録に「南京大虐殺」の記録がないそうです。シナ人が言うような大虐殺があったとすれば、当時、南京に駐在していたhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AB/" class="keyword">アメリカやドイツの外交官が本国に報告し、記録があるはずだが、ないとのことです。また、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2589%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2584/" class="keyword">ドイツは日本と友好関係にあったので、日本に不利な情報を握りつぶしたとしても、敵対関係にあったhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AB/" class="keyword">アメリカにも記録がないというのは、シナの捏造を裏付けるものでしょうね。個人的には、当時の日本軍は民間人を処刑した事実はあったのではないかと思います。ただ、シナはゲリラ戦をやっていましたから、外観が民間人であっても実は兵隊というのはザラにいたわけで、これは正当な戦闘行為の範囲内の出来事でしょう。ただ、若干の「冤罪」で純粋な民間人が犠牲になった人もいたことでしょう。そういう人は大変お気の毒です。そういう悲劇を繰り返さないためにも、シナは歴史の捏造を止めるべきですね。もっとも、シナは内部がガタガタですから、外に敵を作って国民の目をそちらに逸らすほかないわけで、日本はその格好の材料にされています。しかし、それも結構なことで、「愛国無罪」とやらで、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%258F%258D%25E6%2597%25A5%25E3%2583%2587%25E3%2583%25A2/" class="keyword">反日デモを口実にした体制批判デモがやがては狂惨党の命取りになるでしょう。

hacken | URL | 2012-02-23(Thu)09:40 [編集]


No title

To hackenさん
>個人的には、当時の日本軍は民間人を処刑した事実はあったのではないかと思います。ただ、シナはゲリラ戦をやっていましたから、外観が民間人であっても実は兵隊というのはザラにいたわけで、これは正当な戦闘行為の範囲内の出来事でしょう。

私もそう思います。
http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AB/" class="keyword">アメリカ軍がhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25A9%25E3%2582%25AF/" class="keyword">イラクやhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%2595%25E3%2582%25AC%25E3%2583%258B%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25B3/" class="keyword">アフガニスタンに駐留した時にも民間人が巻き添えになっています。これと同じ様なことが当然あったものと思います。それに、日本軍兵士による強盗、強姦、殺人などの個人犯罪もあったでしょう。終戦後、進駐してきた米軍兵士による強姦事件は多数発生しましたし、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259F%2593%25E5%259B%25BD/" class="keyword">韓国軍もhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2599%25E3%2583%2588%25E3%2583%258A%25E3%2583%25A0%25E6%2588%25A6%25E4%25BA%2589/" class="keyword">ベトナム戦争で同様の事件を引き起こしてます。だからといって、日本軍兵士の個人犯罪が許されるものではありませんが、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%258D%2597%25E4%25BA%25AC%25E4%25BA%258B%25E4%25BB%25B6/" class="keyword">南京事件が戦争時に発生するこの種の事件と大きく異なるとも思いません。異なるのは捕虜を殺害したと推測されることです。

>日本はその格好の材料にされています。
日本人は「真実はその内に明らかになる」と考えがちですが、この種のプロパガンダを軽く考えてはならないと思います。http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国はhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2597%25E3%2583%25AD%25E3%2583%2591%25E3%2582%25AC%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2580/" class="keyword">プロパガンダを日本に向けて発信しているのではなく、世界に発信しているのです。放置すると、また、追い込まれることにもなりかねません。

ボルト | URL | 2012-02-24(Fri)01:09 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。