六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ブータン王国の難民問題

 2月16日付の読売新聞解説面に興味深い記事が載っていました。web版には掲載されていませんので、一部を書き出してみます。
 
論点:「幸せの国」の難民問題
根本かおる UNHCR元職員
~略~
 この国が多数の難民という難題を抱えていることを知って欲しい。西方に位置するネパール国内のブータン難民キャンプ人口はピーク時で約11万人。ブータンの人口は約73万人だから、問題の規模がわかる。
~略~
 19世紀後半以降、土地を求める人々がネパールからブータンに移住し、20世紀半ばには多くの人がブータン国籍を手にした。
 しかし、ブータン人が高地に住み、チベット仏教徒なのに対し、ネパール系は亜熱帯の南部に住み、ヒンズー教徒が中心。民族、宗教に加え言語も違う。やがてブータン政府は、移住者への警戒感を強める。
 しかも、この頃、ブータンの隣にあった仏教王国シッキムが、ネパール系住民による民主化要求運動を機に、インド軍の介入を招き、1975年に併合された。隣国の滅亡を見たブータンは大国の介入を避けつつ、小国として生き残るしか道はなかった。独自の価値観に基づく、「国民総福祉」の考え方は、ソフトな安全保障思想とも言えるだろう。
 ブータンはその後、国籍付与条件を厳格化し、ネパール系住民の多くが過去に遡って国籍を失った。人々は国を追われ、民主化運動に加わった人もネパールなどに逃れた。ブータン政府は、国を捨てた人を国民ではないと位置付けた。
~略~
 難民の帰還については、ネパール・ブータン両国の交渉で進展はなく、しかも内戦で疲弊したネパールに10万人以上もの定住は難しかった。
 その後は、アメリカなどが「国際的に負担を分かち合う」と、難民を「第三国定住」の形で大量に受け入れる意向を示し、UNHCRも移住を支援してきた。
~略~

 


 昨年、ブータン国王夫妻が新婚旅行で来日した時は「国民総幸福度」や「国王による民主化」ばかりが話題になり、影の部分が取り上げられることはありませんでした。だから、難民問題を抱えていたなんて思ってもいませんでした。
 ブータンに対するイメージは「国民総幸福度」や「外国人の入国に厳しい国」でしたが、何故そうなったか、この記事を読んで理解できました。物事にはそうなる理由があるものですね。
 
 ブータンのたどって来た道は移民問題を考える上で、良きにつけ悪しきにつけ、非常に参考になります。安易に大量の移民を受け入れるとどのようなことになるのか、示しているのではないでしょうか。
 日本人はブータン王国を他山の石にしなければなりません。
 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。