六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

福島第二原子力発電所の被災状況

 福島第一原子力発電所の事故に隠れ、福島第二原子力発電所や女川原子力発電所が地震や津波でどの様な被害にあったのか、詳しく報道されていなかった。それが8日の県の立ち入り調査に伴い震災後初めて報道陣に公開され、福島第二原子力発電所の被災状況の一端が明らかになった。
 報道された内容を一部引用する。

 

炉心溶融「紙一重だった」…福島第二も総力戦(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866921/news/20120208-OYT1T00979.htm
~略~
 第二原発とメルトダウン(炉心溶融)に至った第一原発の距離はわずか約12キロ・メートル。襲来した津波は第一原発の13メートルに対して第二原発は9メートルだったが、海岸近くにある原子炉を冷却するための海水ポンプの機能が奪われ、原子炉4基中3基が一時危険な状態に陥った。しかし、外部からの高圧送電線が1回線生き残り、中央制御室で原子炉の温度や水位などのデータが把握できた。必要な対策を見極め、事故4日後の3月15日までに全号機で冷温停止にこぎ着け、放射性物質は外部に漏れなかった。「原子炉の状態をつかめなかった第一原発とは大きく違った」と増田所長は指摘する。
~略~

 

「原発救った命綱」仮設電源ケーブル…福島第二(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866921/news/20120209-OYT1T00281.htm
~略~
 敷地内には津波の爪痕が残るが、原子炉建屋や格納容器内に損傷はほとんどなく、メルトダウン(炉心溶融)から水素爆発に至った第一原発との違いが際だった。
 「これが仮設の電源ケーブル、第二原発を救った命綱です」。敷地内に巡らされたケーブルを指し、福島第二原発の設楽親(したらちかし)副所長(52)が説明した。昨年3月11日の震災直後、ヘリコプターで東電の資材センター(茨城県土浦市)から運び込んだ。100人を超える作業員が12日未明から2日間、夜を徹して敷設し、冷却に必要なポンプに電源をつなげ、津波で失われていた冷却機能を回復させた。
 海岸近くでは津波で破損した設備が見られたが、1号機南側には高さ約4メートルの仮設防潮堤がそびえていた。第一原発と同規模の津波にも対応できるという。
~略~
 4号機では、事故直後に圧力が異常上昇した格納容器の中を見た。高温のために配管の塗装が一部はがれ当時の過酷な状況をうかがわせたが、配管や弁などに損傷はなかった。
~略~

 

東日本大震災:福島第2原発ルポ 紙一重で大事故回避 建屋、無傷に見えたが /福島(毎日新聞)
http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20120209ddlk07040219000c.html
~略~
 津波が襲ったのは、海岸沿いに4基並んだ原発の南端の通路。海抜4メートルにある海水を使う4基の冷却装置を全てのみ込んだ後、一番南側にある同12メートルの1号機の原子炉建屋の側面を襲い、裏手から北側の3基の原子炉に向かって流れ込んだ。現在1号機側面には「15・3メートル」と浸水の高さを示す線が引かれ、再度の津波に備え1メートルの土嚢(どのう)を4段積みした仮設堤防も作られている。
 ただ、浸水したのは6階建ての建屋の1階分の高さ。これだけで4基のうち3基が冷却機能を失い第1原発同様の「緊急事態宣言」に至ったことに驚いた。冷却装置は1階に電源装置やモーターが置かれ、原子炉内のディーゼル発電機も地下にある。いずれも水をかぶって使えなくなった。先端イメージのある原発だが、築30年の昭和の他の建物と変わりないように見えた。
 こうした状況で大事故を避けられた理由は、「津波の高さが第1原発ほどでなく、設備の損傷が少なかったため」(増田尚宏所長)という。4系統の外部電源のうち1系統が辛うじて生き残り、津波の流れから遠かった3、4号機の非常用電源も一部が残ったため、中央制御室から原子炉内の状況を確認しながら、残った電源を突貫工事で浸水した施設につないで5日目に冷却機能を復活した。
~略~

 

 テレビなどによると地震が平日だったため、発電所内に2000人がいたことが幸いし、仮設ケーブルの敷設が出来たそうだ。また、モーターは水没により壊れたため、空輸して、交換したそうだ。

 

 地震により各原発がどの様な損傷を受けたかは今後の原発再開を考える上で重要な要素であるにもかかわらず、サイトを確認すると、取り上げたのは新聞では5紙の内、読売、毎日、朝日の3紙。テレビに至っては6局の内、テレビ朝日のみ。
 メディアは大規模な事故に至らなかった原発などには興味無いということか。

 

 津波に備えて土嚢の仮設防潮堤を築いているが、大丈夫なのだろうか。津波に耐えることは出来ても、地震で崩れることはないのであろうか。
 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。