六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

靖国神社の放火犯は中国人? 続報9

 劉強がネット上で公開した手記(靖国神社の放火犯は中国人? 続報5 参照)を検証する。ただ、訳の間違いによる勘違いがあるかもしれないことを予めお断りする。
 ではまず、手記の内容を分かりやすいように改めて箇条書きで書き出す。
 
12月25日
**:** 電車で福島から東京に到着
17:00 帝国ホテル東京(原文では東京帝国客館)にチェックイン
**:** 靖国神社を3回偵察
**:** 神門左近くに別の小さい通用門(原文では小側門)を発見
**:** 靖国神社付近で広口のPETボトルを5個購入
**:** PETボトルにガソリンを詰る
**:** 火焔瓶を作るために5個のマッコリのガラス瓶を用いる
**:** ホテルに戻る
12月26日
00:00 就寝
02:00 起床
**:** 荷物を地下鉄の駅に放置
**:** ホテルに戻り、黒色の服に着替える
**:** チェックアウト
03:40 靖国神社に到着
**:** コンビニでマスクとマフラーを購入
**:** 神門から徒歩5分の場所のグランドホテル(原文ではgrand hotel)にタクシーを予約
03:50 通用門に接近
**:** 1.5メートルのフェンスを越える
03:57 神門から10メートル離れた小木の下に隠れる
**:** 木の下でPETボトルから清酒の小さいガラスコップにガソリンを入れる
**:** 神門にガソリンを上に向けて撒く
04:00 ライターで点火
**:** 神門そばの消火栓の箱を燃やす
04:05 塀をよじ登り、小さい通用門から出る
04:06 「靖国神社」と書かれた石碑に火炎瓶を投げつけ、燃やす
**:** グランドホテルに到着
**:** タクシーに乗って地下鉄の駅に行き、荷物を回収
**:** タクシーで成田空港に直行
**:** 車中で着替え
09:10 成田空港から出国

 

 次にホテルやコンビニ等の位置確認をする。

◆宿泊ホテルと靖国神社までの道程
 原文では宿泊したホテルは東京帝国客館(簡体字を新字体で表記)となっているが、帝国ホテル東京のことだろう。ただ、帝国ホテル(http://www.imperialhotel.co.jp/j/)のサイトの中国表記では「帝国酒店」となっている。何故、中国語の正式名称である「帝国酒店」を使わずに、「帝国客館」と表記したのか。疑問が残るところではある。
 閑話休題。帝国ホテル東京から靖国神社までの道順を予想したのが下図である。青丸が帝国ホテル、赤丸が靖国神社、ルートを薄紫の線で示している。どちらのルートでも距離3.8km、徒歩で47分(80m/分計算)程かかる。

 

◆グランドホテルと地下鉄の駅
 原文では「grand hotel」となっているので、東京グランドホテルのことかと思ったが、住所が港区芝なので靖国神社からは遠すぎる。そこで、靖国神社付近で「グランド」が付くホテルを探したところ、3軒あった。その場を図中に印し、靖国神社からのおよその距離と時間(80m/分計算)を以下に記す。赤丸は靖国神社

A:グランドアーク半蔵門   1.5km 19分
B:ホテルグランドパレス   0.7km  9分
C:ホテルグランドヒル市ヶ谷 1.4km 18分

 神門から徒歩5分の場所と書いてあることから、 該当するホテルは「ホテルグランドパレス」だ。早足で歩けば5分位で行ける。
 
 次に地下鉄の駅について。短い時間の内に、帝国ホテルを出て、地下鉄の駅に荷物を放置した後、また帝国ホテルに戻っていることを考えると、地下鉄の駅というのは帝国ホテルの近辺の地下鉄の駅だろう。地図からすると日比谷駅か内幸町駅だ。営業時間前の深夜3時ごろという時間を考慮すると日比谷駅だろうか。

 

靖国神社付近のコンビニ
 靖国神社付近のコンビニは下図の13店舗。どこも24時間営業で酒類販売をしている。店名は次の通り。 
①ファミリーマート一番町大妻通り店
②ポプラ一番町店
③セブンイレブン九段南3丁目店
④セブンイレブン九段南大妻通り店
⑤ローソン千代田三番町店
⑥ファミリーマート九段南2丁目店
⑦ファミリーマート九段下駅西店
⑧ローソン九段北目白通店
⑨ローソン九段北一丁目店
⑩セブンイレブン法政大学市ケ谷キャンパス店
⑪ファミリーマート九段北一丁目店
⑫セブンイレブン北の丸スクエア店
⑬ミニストップ九段南1丁目店


 PETボトル飲料を購入したコンビニは⑥又は⑦の店舗の可能性が高いように思うが、「靖国神社付近」というだけなので、確かなことは言えない。
 ホテルグランドパレスにタクシーの予約を入れているが、携帯電話を持っていて、電話で予約したのだろうか。ホテル名を正確に覚えてないのに、電話でタクシーを呼べるとは思えない。靖国神社に到着した後に予約を入れていることから推察すると、ホテルグランドパレスに直接行って予約したと考えるのが妥当ではないかのではないか。タクシーを長く待たせたとも書いてあるし。
 そうすると、マスクを購入したコンビニは靖国神社とホテルグランドパレスの間にあると考えられるから、そのコンビニは⑧、⑪、⑫の店舗の内のどれかだろう。

 

靖国神社内の位置関係
●配置図

●社号標
 「靖国神社」と書かれた石碑というのは社号標のことだろう。

靖国神社平面図

●神門
 出火場所は左から2番目の列で真ん中の柱の参道側。
 神門の左右は板柵に繋がっているのが確認できる。

靖国神社の周りの写真
 上の写真が上空から見た写真で、矢印の方向に見たのが下の枚。

 

 

 手記にある通用門はどの門だろうか。「神門左近くに別の小さい通用門」と「通用門に接近、1.5メートルのフェンスを越える」との記述をヒントに探る。
 神門の近くとあるので、神門の左右を確認してみたが、通用門は無い。そこで、神門の外側から見て左側の南門[A]と神門の内側から見て左側の北門[K]を確認する。どちらの門も両脇に2m程の板柵があり、乗り越えられなくもない。ただ、どちらの門も入ると神門の内側に入ることになり、放火場所に行くにはもう一度板柵を乗り越えなければならない。しかし、その様な記述は無い。
 そうなると、該当しそうな門は写真[C]の木戸しかない。よく見ると、左側にカラーコーン(普通のサイズは高さ70cm)があり、比較すると木戸の高さは1.5メートル程だ。この木戸が閉まっていたため、乗り越えたのだろう。「小さい通用門」はこの木戸で間違いないと思う。

 

 

続く。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。