六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

靖国神社の放火犯は中国人? 続報4

◆百度の百科より
http://baike.baidu.com/view/3501724.htm
劉恕恩
 赤軍の三代目、原籍地江西安福井岡山地区、1974年6月20日上海市で生まれ、1997年に広州市へ移住。NLPの心理学講師、心理学の翻訳、同時通訳師、米国先進健康協会会員(IASH)、ロサンゼルス音楽学院の音楽治療の登録学生、張三豊太極拳の第19代の継承者。広州新東方外国語塾元講師、英語学習書籍の発行および私的英語レコード《流暢な英語で歌う》の制作 。
 英語、日本語、韓国語、スペイン語、アラビヤ語他の外国語に堪能、上海語、広東語、潮州語、四川語、河南語、河南語等の方言もマスターしている。ピアノ奏者、テノール歌手、2008年四川大地震で心理カウンセラーのボランティア、数十の心理学講座担当。2011年の日本の福島県津波災害の後で心理カウンセラーの援助。
 
 奇跡五療法は心身ヒーラーの劉恕恩が一銭も使わずに2009年に創立、1滴の汗も流さないで心身を癒すことの出来る治療法です。劉恕恩は幼少から病弱で、20年以上にわたって慢性的なうつ病や様々な難病に苦しんで、多くの生理心理療法を求め、いくらか役立った治療法もあったが、効果は持続せず、いくつかの療法は気力と財力の浪費でした。劉恕恩は自身の実践的によって奇跡五療法をあみ出し、彼自身を含む多くの人々を治療した。
 
 奇跡五療法(MFT: Miracle Fivefold-Therapy)
1. 心の治療(mind therapy):奇跡コースのトレーニングを毎日3回、評価および投影を下して、愛による赦しを感受します。
2. 水治療(water therapy):毎日3リットル以上の煮沸していないミネラルウォーターを飲み、朝は少なくとも2リットルを飲みます。
3. 尿治療(urine therapy):朝の尿および食後の2時間の尿を1日3回飲みます。
4. 食事治療(fasting therapy):朝食を取らず。一日1、2食、昼食と夕食をだけを食べる、あるいは夕食だけを食べます。
5. 身体治療(prana therapy):呼吸療法、太陽とプラーナを吸収するために芝生を裸足で歩きます。(生命原動力)

 

 以上の5治療、若しくは4治療の内いずれかを成し遂げれば、鬱病、糖尿病、肥満、痔、癌、ニキビ、インポテンス、etcどんな急性または慢性の精神疾患も解決されるでしょう。1~3ヶ月以内に効果が現れます。
 
 奇跡五療法の理論基礎
1. 心の治療(mind therapy):心の健康と体の健康は同じで、鍛錬によって、私達は普段から健康を保たなければならず、病気をこじらしたことをしてからやっと病院に行くことでありません。だから毎日のトレーニングが最も重要で、奇跡コースを365日毎日トレーニングすることが、最高の心のフィットネスシステムです。
2. 水治療(water therapy):ベイトマン博士の「水は最良の薬」に基づく、私達は習慣的に飲んでいる水の量よりはるかに多くの良い水を飲む必要があります。
3. 尿治療(urine therapy):中尾良一医師の「奇跡を起こす魔法の尿療法」に基づく、人体のすべての心身の病気の解毒剤は自分自身の尿の中にあり、自身の尿を飲むことが一番の薬です。
4. 食事治療(fasting therapy):甲田光雄医師の「断食療法」、朝飯を抜くことにより、人体は解毒による自己修復に十分なエネルギーを得ます。人間の胃は完全に食べ物を消化するために18時間を必要とし、夕食を食べ終わった後に朝食を食べると、通常14時間以下になり、だから胃腸はずっと過負荷状態になり、栄養の完全吸収と解毒ができません。中国人は数千年の間2食でした、だから現代はこんなに「豊かさからくる病」が多いのです。
5. 身体治療(prana therapy):昇華呼吸、プラーナヨガ等のホメオパシー自然療法。
 
 心理学的ではない生理学的療法は通常、作用が限られ、生理学の無い心理学的治療法も同様で、両者の有機的結合により奇跡が現れます。奇跡五療法の肝心な点は一人一人が自分心身の健康に全責任を負い、「奇跡五療法の訓練」を毎日欠かさないこと、だから劉恕恩は各学生の内的資源を推進して向上させるために世界先端のNLPの技術を訓練に用い、それによって「心身の健康、心地よい幸福、私と皆さんの至福の訪れ」に達すると考えます。
 
 
◆ヤフーコリアのニュース
http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?articleid=2012011607270133501&linkid=4&newssetid=1352
<'火炎瓶投擲' 中国人 "大韓民国万歳!">
(ソウル=連合ニュース) 林旗槍記者 = 在韓日本大使館に火炎瓶を投げた疑い(火炎瓶使用などの処罰に関する法律違反など)で拘束された中国人リュモ(37)さんが収監中の警察署で奇妙な言行で人目を引いている。
 16日、ソウル鐘路警察署によると、劉は令状のための審査を受けた10日を含めて少なくとも2回、警察署内で韓国語で「大韓民国万歳!」を叫び、警察職員らの間で「珍しい人」と周知された。
 劉は「日本 XX」と言いながら韓国語で日本を罵ったりした。 韓国語の悪口をどこで学んだかは警察も把握することができなかったと言う。
 彼は留置場で大声で韓国の国歌を歌うこともある。いつでも気向いたら歌うが、留置場の職員が「他の受刑者もあるので、静かにしろ」と言うと、声を小さくして歌うという。
 鐘路警察関係者は「劉の韓国語の会話はどもりがちだが、読み書きはかなりのレベル」と言い、「外祖母が韓国人なので幼い時から家で韓国語を書いてたと話しているが、国歌をいつ学んだのかなどは私たちもわからない」と述べている。
 劉は普段、警察署内で職員たちと出会えば、明るく笑って先に挨拶するなど闊達な姿を見せ、食事も欠かさないとのこと。
 劉は「日本が慰安婦問題に無責任な態度を見せている」と不満を抱いて8日午前8時18分頃、鍾路区中学洞の日本大使館に火炎瓶4個を投げて大使館の一部を焼いた疑いを受けている。
 劉は自分が昨年末、靖国神社に放火し、自分の外祖母が慰安婦被害者であり、外曽祖父は抗日運動をして西大門刑務所で拷問された後に死亡したと警察で主張した。
 警察は劉が明らかにした犯行動機の真偽を把握しようと家族関係の照会に乗り出したが、劉が祖母の誕生日と名前だけを憶えているだけで生まれ年を憶えていないなど、根拠となる資料が不足し、関連事実を追加で確認することはできない状態だ。
 同時に劉と一緒に入国した日本人の女友達が今月1日、出国したのは事実だが、犯行を助けたかどうかは確認していないと警察は言っている。
 警察は16日に捜査を終え、事件を検察に送致する予定だ。
 
 
※機械翻訳を利用しての訳なので正確性は保証できない。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

こんばんは
人肉検索見つけたんで、紹介します。
ttp://tieba.baidu.com/p/1380311855
人肉資料:1劉恕恩 原名:劉強 上海人
祖父は劉別生 ※※(抗日?)戦争の英雄、老虎団団長
祖母は宋素蝶 http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD%25E5%2585%25B1%25E7%2594%25A3%25E5%2585%259A/" class="keyword">中国共産党原子力事業退職老幹部、国家11級幹部
家庭有り 父は劉新 母は鄭如妹(商人)。妹は劉芳

ついでに、劉新氏が劉別生について語る動画です。
ttp://v.ifeng.com/history/renwujingdian//201106/efb18b0c-2cdc-4e73-94f2-7cc112667f70.shtml

mikumiku39 | URL | 2012-01-22(Sun)04:57 [編集]


No title

To mikumiku39さん
貴重な情報を提供していただき、感謝いたします。
親族の情報を知りたかったので、大変助かります。
今後のエントリーに活用させていただきます。ありがとうございました。

ボルト | URL | 2012-01-23(Mon)23:15 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。