六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

澤穂希選手、女子年間最優秀選手受賞おめでとう

 数時間後、FIFA年間最優秀賞表彰式が行われ、バロンドールと女子年間最優秀選手及び最優秀監督が発表されます。
 ノミネートされているのは以下の方々です。

 

FIFAバロンドール
リスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)
リオネル・メッシ(アルゼンチン
シャビ(スペイン
FIFA女子年間最優秀選手
マルタブラジル
澤穂希(日本)
アビー・ワンバック(アメリカ
◇男子チーム最優秀監督
アレックス・ファーガソン(スコットランド)
ジョゼップ・グアルディオラ(スペイン
ジョゼ・モウリーニョ(ポルトガル)
◇女子チーム最優秀監督
ブルーノ・ビーニ(フランス
佐々木則夫(日本)
ピア・スンドハーゲ(スウェーデン

 

 バロンドールはメッシの3度目の受賞が確実視され、女子年間最優秀選手には澤穂希が最有力なのだそうです。
 先日、日本サッカー協会の小倉会長がFIFAのブラッター会長から候補者の付き添い人について、「当然、ミスター・オグラが来るんだろう?」と言われたことが報道され、小倉会長が「わたしが沢さんのカバン持ちで同行します」と付き添い人になることを発表しています。
 ブラッター会長が直々に小倉会長を招待しているのですから、澤さんを最有力視しているのは日本国内だけではなさそうです。昨年の澤さんは女子W杯優勝に加えMVPと得点王を獲得しているのですから最有力視されるのも当然でしょう。
 女子年間最優秀選手はマルタが5年連続受賞中なのですが、澤さんならそれを阻止して、初受賞出来るはずです。トロフィーを掲げて空港に現れる姿を是非とも見たい。

 

 佐々木監督は「いただけたらですけど作戦を練っています。インパクトのあるシチュエーション。“隠し玉”を持っていますよ」と語っているますので、表彰式で何かやらかす腹積もりのようです。何をするのか楽しみなので、佐々木監督にも受賞して欲しい。
 
 発表前ですが、願いを込めて、いち早く、澤さんに「おめでとうございます」と言わせて貰います。澤さんならきっとそうなる。
 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。