六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「韓国での石油備蓄計画」の記事は官僚の面従腹背によるものか

緊急時の石油、韓国で備蓄 経産省が計画

 東日本大震災の直後に深刻な石油不足に陥ったことを受け、緊急時用の石油を韓国に備蓄する計画を経済産業省が立てていることが2日分かった。エネルギーの確保は安全保障につながる問題だけに、外国で備蓄するのは異例の試みだ。
 11月に経産省資源エネルギー庁韓国知識経済省に非公式に申し入れ、了承を得た。具体的な方法は、早ければ年内に話し合いを始める。震災では、東北地方で道路網が寸断され、石油製品の供給が途絶えた。この反省から経産省が備蓄のあり方を見直していた。
 韓国で備蓄するのは、貯蔵施設が少ない日本海側で災害が起きた際に備えるため。施設の多い太平洋側から山を越えて運ぶより、韓国から船を使った方がスムーズに対応できると判断した。韓国南東部の釜山などが候補地となっている。
 災害時には原油ではなく石油製品が必要になるが、現在、国内の備蓄172日分の大部分が原油で、ガソリンや灯油といった石油製品は44日分しかない。このため韓国での備蓄は石油製品を想定している。
朝日新聞(2011/12/03)より

http://www.asahi.com/business/update/1202/TKY201112020700.html

 


 10月に枝野経産相が国内の大規模災害に備え、緊急に使えるガソリンや灯油の国家備蓄の検討を始めることを明らかにしていたが、この時に検討されていたのは各地域の数日分の需要に当たるガソリンや灯油、軽油を各地に分散して備蓄することだった。^01
 国内分散備蓄がいつの間にか韓国での備蓄にすり替わった様だ。政府は来年の通常国会で石油備蓄法を改正する方針^02で、この改正で韓国での国家備蓄を可能にするつもりだろうか。
 

 上図は石油備蓄基地の配置図であるが、日本海側には秋田、新潟、福井、福岡に備蓄タンクがある。^03
 若し、北陸が広範囲に被害を受けることがあっても、福岡と山口から輸送することが出来るし、津軽海峡を通って北海道と青森から運ぶことも可能だ。韓国から輸送するより早い。
 次に、九州北部が広範囲に被害を受けた場合は九州南部や北陸から輸送するルートがある。大体、九州北部に大災害があれば、韓国にも被害が及んでいる可能性があり、意味を成さない。
 経産省は態々、首都圏や中京から輸送することを想定し、韓国での備蓄を進めようとしているが、無理があるのだ。

 

 韓国での備蓄には様々なリスクを抱え込むことになる。
1)朝鮮戦争のリスク
 韓国北朝鮮は休戦状態であるが、緊張状態が続いていて、いつ戦争が再開されても不思議ではない状態だ。昨年も韓国の哨戒艦が撃沈された天安沈没事件や延坪島に突然砲撃が加えられた延坪島砲撃事件が起きている。
 朝鮮戦争有事の際は活用できないのは勿論のこと、爆破や接収される危険がある。
2)外交カードにされるリスク
 引渡しを求めても様々な要求を突きつけられ、緊急時に使えるとは限らない。
 若し、中台戦争などシーレーンが封鎖される事態になれば、日本も韓国も供給路が断たれることにより石油危機になり、韓国は引渡しを渋るだろう。それでは緊急時用とはいえども、備蓄の役割を為さない。
3)管理のリスク
 韓国では民間の石油会社が規則を守らず、政府の備蓄石油を長期間借りたまま返さないため備蓄タンクが空になる事態が多発している。緊急時に備蓄タンクに石油が無い事も考えられるのだ。

 

 この日本の韓国備蓄案には韓国の事情が影響してると思われる。
 韓国政府は80年以降、石油備蓄施設建設を進め、2008年に麗水石油備蓄基地が増強^05され、2010年には蔚山石油備蓄基地が完成^06し、石油備蓄施設建設計画を完了させている。これにより、合計1億4600万バレルの貯油(158日分)が可能になり、2010年5月に1億2070万バレルだった備蓄量を2013年までに1億4100万バレルにする計画のようだ。
 備蓄量を増強した背景には石油危機に備えるだけではなく、北東アジアのオイルハブになることも目指しているらしい。オイルハブとは石油類の生産・供給、保存、仲介、取引が行われる中心拠点のことで、オイルハブが実現すれば、石油需給の安定化、石油関連産業の競争力向上をもたらし、金融や輸送産業も成長すると考えているみたいだ。^07
 このオイルハブ構想の一環なのか、今年3月にUAEが韓国石油備蓄施設の貸与を受け、原油600万バレルを保管することになった。^08
 日本の石油元売り会社も今冬の灯油需要に対応するため、韓国のタンクを借り受け灯油を備蓄している。^09^10
 その一方で、ウォン安のため上がった石油製品(ガソリン等)の価格を下げるため、日本から石油製品を輸入しようと画策し、失敗している。^11
 以上の出来事から推測すると、備蓄量の増加はタンクの貸し出しによるものばかりで、原油高騰やウォン安のため、自前で備蓄量を増やすことは出来ていないのではないか。そのため、計画通りに備蓄量を増加させるのが困難で、使用する予定が立たない空のタンクが多数存在しているのでは。そこで目を付けたのが日本の緊急時用備蓄ではなかったか。預かった石油をこっそり横しし、石油製品の高騰を一時的にも抑えることが可能であるし、管理費を受け取れる。

 

 この「緊急時用の石油を韓国に備蓄する計画」の記事は読売新聞、毎日新聞、産経新聞、日経新聞のサイトを検索しても出てこず、朝日新聞にだけ掲載されている。後追い記事も出ていない。これは経産官僚が意図的にリークしたためと思われる。
 韓国政府が水面下で民主党に働きかけ、民主党経産省に圧力をかけて日本側から韓国側に要請する容にしたのが実態だろう。安全保障や外交にも関わる問題を経産官僚が勝手に進めることはありえず、民主党政権が関与していなければ出来ないことだ。だから、経産省はお粗末な理由付けをしてまで計画を推し進めているのだろう。
 しかし、危機感を持った官僚がこれを阻止するためにこの計画をリークしたのではないか。記事が出なければ、国民は何も知らないまま、来年の通常国会で韓国での国家備蓄を可能にする法改正がされていただろう。

///////////////////
^01:経産相、石油連盟会長らと懇談-石油製品も国家備蓄へ

http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0820111007abax.html
^02:災害時、ガソリンなど供給円滑に…備蓄法改正へ
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866918/news/20111203-OYT1T00987.htm
^03:石油備蓄の現況
http://www.enecho.meti.go.jp/info/statistics/sekiyubi/pdf/h23/111116oil.pdf
^04:韓国の石油会社、政府の「備蓄油」を使い放題 1年近く返さないケースも
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1284514833/
^05:麗水石油備蓄基地に追加施設完工、世界最大規模に
http://www.wowkorea.jp/news/Korea/2008/1223/10051918.html
^06:蔚山石油備蓄基地が完工、貯油能力650万バレル
http://www.wowkorea.jp/news/Korea/2010/0519/10070652.html
^07:【社説】蔚山原油備蓄基地が竣工…北東アジアのオイルハブに育成しよう
http://japanese.joins.com/article/296/129296.html
^08:韓国アラブ首長国連邦で132兆ウォンの原油確保
http://japanese.joins.com/article/162/138162.html?servcode=A00&sectcode=A00
^09:JXエネ、韓国で灯油備蓄 電力不足懸念、需要増へ万全供給
http://www.sankeibiz.jp/business/news/111111/bsc1111110504002-n1.htm
^10:出光も韓国に灯油備蓄 安定供給に向け6万キロリットル
http://www.sankeibiz.jp/business/news/111117/bsd1111172146010-n1.htm
^11:日本産石油製品の輸入先送りに、韓国政府
http://www.wowkorea.jp/news/Korea/2011/0907/10088278.html
 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。