六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ギリシャデモに警官が参加していたとは

 テレビ東京の「未来世紀ジパング アリとキリギリス ~ドイツ人が見たギリシャの実態」を見ていたら、警官がデモに参加する様子が映っていました。確認のために検索すると、10月18日頃、アテネ市内のパナティナイコ・スタジアムに2000人以上の警察官と消防署員が集結し、賃金カットに反対するデモを行っていたようです。
 

 大規模デモの時、火炎瓶を投げつけるデモ隊に催涙弾を発射する警官隊の映像を見ながら、直ぐにデモを行い「デモは文化」と言い切るギリシャ人なのに警官はよく働くよな、その内にデモ隊と一緒になってデモを始めたら面白いのになとコントの様な事を思い浮かべていました。
 現実は私の想像を超えていて、この時、既に警官のデモが行われた後だったのです。しかも、この大規模デモの後にも「安い給料ではデモ隊と戦えない」とデモをしたようです。リアルなコントに呆れ返るばかりです。

 

 治安を守る警官がデモをする位ですから、軍人も追い詰められているのではないでしょうか。武器の横流しが起きているかも。強力な火器が過激派に渡ることも懸念しなければなりませんね。

/////////////////////
未来世紀ジパング アリとキリギリス ~ドイツ人が見たギリシャの実態」
http://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/backnumber/20111121/index.html

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。