六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

世田谷区弦巻ラジウム騒動まとめ

◆騒動の場所
東京都世田谷区弦巻5丁目11-15

 

◆騒動の経過
●10月3日、区民が区道の歩道部分を簡易測定器で測定し「放射線量が高いようだ」と世田谷区に報告。^1
●10月6日、区が圧力洗浄した後、に9カ所を測定したところ、0・08~2・70マイクロシーベルトを検出。(地上5センチ、50センチ、1メートルの3段階で5回測定し、その平均値)^1
●10月13日、専門業者が板塀沿いに2メートル間隔で6地点を測定。高さ1メートルの部分で毎時0.15~3.25マイクロシーベルトを検出。最も高かった場所を再度調べると、地表付近で1.34マイクロシーベルト、高さ1メートルで3.35マイクロシーベルトだった。^2
区道から約1・5メートル離れた民家の壁からは最大毎時18.6マイクロシーベルトの放射線量を検出。^3
住宅の床下から木箱と紙箱で2重に梱包(こんぽう)されたラジウム226入りの瓶を数十本発見。表面は最大で毎時600マイクロシーベルト。鉛容器に密閉すると敷地境界線の放射線量は0.1~0.35マイクロシーベルトに下がる。^4
ガラス瓶の一部には、製造業者とみられる「日本夜光」という記載あり。^5

 

◆騒動以前
●昭和27、28年に建築された建売住宅(木造平屋建て)。^6
●居住者の夫婦(当時、共に34歳)は1953年ごろに引っ越してきた。^7
●夫は10年前(享年82歳)に老衰で亡くなる。証券会社に勤務。^4^8
●92歳の妻は今年2月に転居。現在は介護老人保健施設に入所しているが、健康。箱から約2メートルのところで寝起きしていたことがあるとみられ、概算すると1年間に30ミリシーベルトほど被ばくしていた計算。^4^8
●夫婦には子供が3人(順に長女、長男、次男)いる。現在、50~60代。いずれも結婚するまでこの家で暮らしているが、全員、健康。^8
●妻の寝室(和室で畳の部屋)のベッドの斜め下あたりが床下収納になっていて、そこに瓶が置かれていた。放射線源を探索した時は外壁のベニヤ板をはがした。簡単には開けられないような場所にあった。女性や親族も「あることすら知らない」と話している。^4^6^8
 

 

◆発生放射線と遮蔽
 ラジウム226が安定な鉛206になるまでの過程で、α線、β線、γ線が放出されるので、瓶のラジウムからはこの3種類(β線による制動エックス線はγ線とする)の放射線が発生していた。
 

 α線はガラス瓶で遮蔽される。
 β線はガラス瓶で大半が吸収され、透過しても空気中(数m)で減衰する。エネルギーにより最大飛程は変化するが、実際のところ平均も考慮すると1mも飛んでいないのではないだろうか。
 一方 、γ線は透過力が強いためガラス瓶や家屋を透過し、外部に至る。コンクリートでγ線を遮蔽する場合、ラジウム226が放射線源であるとすると透過率10%にするのに約30cm、1%にするのに約60cm、0.1%にするのに約80cmの厚さが必要となる。^9
 γ線のエネルギー(核種により異なる)が大きくなれば、遮蔽材を厚くする必要がある。

 

 

◆被曝状況
 

 家の間取りやベットの位置、ラジウム瓶の置かれていた位置など分からないので、家屋の写真や記事から想像して図にする。
 

 この様な状況であったのではないだろうか。
 基礎コンクリートでγ線が減衰したため、板塀の地表付近より高さ1メートルの所の方が線量が大きくなったものと思われる。
 

////////////////////////
^1:東日本大震災:空間放射線量、東京・世田谷の道路で2.7マイクロシーベルト
http://mainichi.jp/select/weathernews/archive/news/2011/10/13/20111013ddm041040177000c.h

tml
^2:放射線量:再測定で3マイクロシーベルト超に 世田谷区道
http://mainichi.jp/photo/news/20111013k0000e040027000c.html
^3:発生源?の瓶は4、5本 警視庁も現場に
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111013/crm11101321420025-n1.htm
^4:世田谷の高線量:原発事故と無関係 床下の瓶にラジウムか
http://mainichi.jp/photo/news/20111014k0000m040083000c.html
^5:世田谷の高線量:瓶の中身はラジウム 夜光塗料の原料か
http://mainichi.jp/photo/news/20111015k0000m040120000c.html
^6:建築時から放置? 東京・世田谷のラジウム
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111015/crm11101522430023-n1.htm
^7:ラジウム騒動、深まる謎 大戦時の夜光塗料?
http://www.asahi.com/national/update/1015/TKY201110150155.html
^8:ラジウムの上で50年過ごした世田谷の92才女性 今でも健康体
http://www.news-postseven.com/archives/20111020_66165.html
^9:放射線防護上の遮へい (09-04-10-03)
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=09-04-10-03

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。