六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

イグ・ノーベル平和賞には孔子平和賞が相応しい

 9月29日、ハーバード大学でイグ・ノーベル賞の授賞式が行われ、今年も日本人の受賞者が出ました。受賞したのは化学賞で、聴覚障害者向けにわさびの匂いを利用した火災警報装置を開発したのが受賞理由です。この警報装置は既に実用化されていて、ろう学校で使用されているそうです。
 イグ・ノーベル賞の「『人を笑わせ、考えさせる独創的な研究』に対して与える賞」というコンセプトから考えるとこの警報装置には笑わせる要素も皮肉や風刺も含まれていないため、受賞対象になるのは適当ではないような気がします。
 本来、悪ふざけの賞であったはずなのに、一寸残念です。

 

 最近はイグ・ノーベル賞に対する報道の扱いも変化し、嘲笑するようなことは減ってきています。受賞者も激怒することなく、喜びを持って受け入れる研究者も増えているように見受けられます。
 イグ・ノーベル賞コンセプトが変わったのでしょうか。それで、今年の受賞研究を調べてみたのが下記(受賞名と受賞理由)です。
・生物学賞
「ビール瓶に乗っかるカブトムシ:オスのタマムシはビール瓶をメスと勘違いする」という論文
・医学賞
「忙しい最中ほど無性にトイレに行きたくなる」という人類が昔から直面してきた困難についての研究
・心理学賞
「人間はなぜ日常生活においてため息をつくのか」の研究
・生理学賞
 アカアシガメのあくびの研究から「あくびは伝染しない」と結論付けた研究
・物理学賞
 円盤投げの選手は目が回り、ハンマー投げの選手は目が回らないのはなぜかを究明した研究
・公衆安全賞
 幹線道路を運転中にサンバイザーが下がって視界が何度も狭くなった場合の運転能力についての研究
・化学賞
 寝ている人を起こすことができるわさびの匂い濃度の発見とわさび警報装置の開発
・数学賞
 世界終末に関して「数学的仮定を立てる際には気を付けた方がよいと世界に知らしめた」予測
・平和賞
 違法駐車は違法駐車している高級車を装甲車で踏みつぶすことで解決できることを示した
・文学賞
 常に重要な作業をすることによって、それ以上に重要な作業をせずに済ませることが出来る「Theory of Structured Procrastination(構造化された先延ばしの理論)」の執筆
 
 面白おかしい研究や風刺が並んでいて、コンセプトは変わっていなかったようです。

 


 イグ・ノーベル賞の発表は終わりましたが、パロディ元のノーベル賞の発表はこれからです。10月3日の医学生理学賞を皮切りに7日には平和賞が発表されます。
 今年は「アラブの春」と呼ばれた民主化運動の関係者が有力なようです。

 

 昨年は中国の民主活動家の劉暁波氏が授与し、それに反発した中国が「孔子平和賞」を急遽設立しました。そして、台湾連戦元副総統を受賞者に選び、受賞させようとしましたが、相手にされず、何故か連氏と無関係の女児が代わりに受け取り失笑を買いました。
 その「孔子平和賞」ですが、今年は選考中止になりました。「孔子平和賞」を主催する中国郷土芸術協会文化保護部が中国文化省の許可なく選考状況などについて記者会見を開いたことが重大な規則違反になり、部門自体が認定を取り消されたそうです。
 同賞は今年の受賞候補にプーチン首相、メルケル首相、ズマ大統領、パンチェン・ラマ11世、ビル・ゲイツ氏、宋楚瑜氏、袁隆平氏、アナン氏の8人を選び、発表していましたが、それを問題としたようです。
 表向きの理由は規則違反ですが、プーチン首相など世界的な有名人には受賞拒否されたのではないでしょうか。受賞候補に挙がったプーチン首相側は「どんな賞なのかよく分からないので、時間をかけて調べたいと思う」とコメントし、受賞に消極的です。他の候補も同様だったのでしょう。120万円程度で笑い者になりたくはないでしょうから。
 受賞者にまた拒否され、失笑を買うくらいなら止めてしまった方が良いと中国政府が判断したのだと思います。主催団体を消滅させましたから、二度と開催しないのでしょう。

 
 今年のイグ・ノーベル平和賞はリトアニアのアルテュラス・ズオカス市長が受賞しましたが、中国政府の方が相応しかったのではないでしょうか。受賞理由は「強権的な武力を持って国内平和を実現した上に、ノーベル賞のパロディを創設し、世界中を笑わせた」ということで。

//////////////////////
イグノーベル賞
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B0%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E8%B3%9E
11年度イグ・ノーベル賞、日本チームも「わさび警報機」で受賞
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2831632/7851371
ノーベル平和賞は「アラブの春」立役者へ?
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110930-OYT1T01216.htm
孔子平和賞、今年は選考中止 ノーベル平和賞の中国版
http://www.asahi.com/international/update/0930/TKY201109300137.html
中国、孔子平和賞を中止 理由は重大な規則違反
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110928/chn11092820340010-n1.htm
第2回孔子平和賞 プーチン首相らが候補に
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/528763/
 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。