六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

鈴木宗男「小沢さんも国策捜査」

超党派シンポジウムで、鈴木宗男氏「小沢さんも国策捜査」

 

 超党派の国会議員有志にによる検察問題などをテーマにした緊急シンポジウムが6日、国会内で開かれ、鈴木宗男元衆院議員が「国策捜査は私一人で結構だ。小沢(一郎民主党元幹事長)さんの件も国策捜査だ」と講演した。鈴木氏は「検察審査会の可視化も必要だ。(審査員に事件について)説明するのは検事だ。意図的に誘導する説明をしたら怖い。深刻に深刻に考えるべきだ」とも強調した。
 勉強会には民主党代表選で小沢氏を支持した同党国会議員約40人のほか、自民党社民党議員も参加した。

 

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/448437/

 

 

 この人はまだ収監されていなかったのか。議員の身分も失い、司法手続きは速やかに進むと思っていたが、いつになったら収監されるのだろう。


 鈴木宗男は今回の小沢起訴ばかりではなく、厚生労働省の村木厚子局長の件等、ことあるごとに国策捜査に結びつけ、有罪が確定した今でも自分の無実を訴えている。本人は本当に無実と思っているのだろうか。
 鈴木宗男の秘書、議員事務所の関係者、後援会、同僚議員、自治体の首長および議員、建設業などの企業関係者、役人達、団体関係者、鈴木宗男にかかわった人々は数多くいる。この人達が「国策捜査」「無実」の言葉を聞くたびに何と思うか鈴木宗男には思いもよらないのだろうか。


 緊急シンポジウムに参加した国会議員には鈴木宗男の言葉をどの様に聞いたのか、本音を聞いてみたい。
 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。