六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

自称原子力専門家の菅首相、放射能は理解不能

 菅首相は8月27日、福島復興再生協議会の席上で菅直人首相は(放射能問題について)「改めて専門家の話を何度も聞き、いろいろなものを検討しているが、本当に放射能についての考え方そのものが、なかなか理解できない」、「政治家が政治的に判断する前に、専門家のみなさんが国民に分かるような説明をしてもらえないだろうかと何度もお願いしている」と述べたそうだ。
 
 3月27日のエントリ『菅首相「臨界って何だ?」』に「菅首相は会議で報告される内容を理解できずに、あれこれ指示を出していたのではないだろうか。これが政治主導だといわんとばかりに。」と書いたが、その通りだった。

 

 「政治家が政治的に判断する前に、専門家のみなさんが国民に分かるような説明をしてもらえないだろうか」とはなんという言い草。専門家の意見を聞き入れず、「僕はものすごく原子力に詳しいんだ」と専門家を自任して独断で判断し、頭ごなしに指示を出していたのは他ならぬ菅首相だったではないか。それを今更、専門家に責任を擦り付けるようなことを言うとは。
 まあしかし、菅首相らしいか。
 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。