六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

人生の陥穽

★石川県大崎海岸夫婦生き埋め事故
●27日昼過ぎ
 妻の里沙さんと友人の男女5人が砂浜に、約2・4メートル四方、深さ約2・5メートルの落とし穴を掘り、穴の底にマットを敷き、穴の上をブルーシートで覆った上に海岸の砂をかぶせた。
 穴掘りを見ていた目撃者は「サプライズがあるんですよ」と聞かされ、事故防止のために埋め戻して帰るように注意する。
●27日夕方頃
 里沙さんが帰宅。(目撃者証言)
●27日22時頃
 里沙さんが自宅から夫の裕樹さんを落とし穴の付近まで連れてきて、二人一緒に穴に転落。二人とも上半身が腰の辺りまで埋まる。
 近くにいた友人らは悲鳴を聞いて駆け付けた。
●27日時22時45分頃
 「夫婦が砂浜の穴に落ちた」と男性が119番に通報。
●28日0時頃
 駆け付けた救急隊員が穴の中から男女2人を引き上げるも、搬送先の病院で死亡が確認された。死因は窒息死とみられる。
●28日午前
 警察の現場検証で穴の中からマットが、周辺からスコップやはしごが見つかった。

 

 ブルーシートをカモフラージュするために砂をかぶせれば、当然その重みでブルーシートは穴に落ちる。それを防ぐためにブルーシートの周縁に砂を載せていたのではないだろうか。約2・4メートル四方もの大きな穴であるから重しにした砂は大量だったに違いない。
 二人は歩いていて落ちたと推測されるから、片足が穴に落ち、もう片足が地面に残った状態になり、前のめりになって頭から落下したと思われる。
 落ちる時はブルーシートも一緒に落ちるから、上に載せておいた大量の砂も引きずられて穴に入る。だから、上半身が埋まってしまったのだろう。

 

 津幡署によると里沙さんと友人らが誕生日の近づいた裕樹さんを驚かせようと企画したものらしい。この動機は事情聴取を受けた加害者の友人らが証言したものと思われるが、目撃者の証言とも一致しており、おそらくその通りだろう。
 警察は過失致死も視野に入れて調べており、友人達は刑事責任を問われる可能性がある。里沙さん死亡については事故死になるだろうが、裕樹さん死亡については過失致死で送検される恐れが十分ある。後は検察の判断だが、事情を考えると不起訴かも。
 この友人達は刑事責任は免れても民事責任は免れることが出来ないかもしれない。裕樹さんの遺族から損害賠償請求されることを覚悟しておかなければならないだろう。

 

 テレビでよく見る悪戯を軽い気持ちで真似たのだろうが、大きな代償を払うことになってしまった。里沙さんは自分の命を、友人達は裕樹さんの死の責任を負わなければならなくなった。人生には何処に落とし穴があるか分からない。

 

///////////////////////////
新婚妻が掘った落とし穴、夫と一緒に落ちて死亡
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110828-OYT1T00202.htm
落とし穴に落ち夫婦窒息死 妻と友人、夫驚かそうと掘る
http://www.asahi.com/national/update/0828/TKY201108280090.html
落とし穴転落死:近くに友人ら 救出までに2時間
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110829k0000m040051000c.html
石川・かほく市夫婦転落死事故 穴は誕生日を迎える夫を驚かせようと妻らが掘ったもの
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00206357.html
 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。