六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

韓国誤射事件の考察2

 韓国誤射事件の考察1の続き。

 

 事件について詳しい記事が中央日報<1、2>にありましたので、要約します。
 17日午前4時。成都発仁川行のアシアナ航空旅客機(119人搭乗)に向けて、喬桐島の海兵隊哨兵2人が2発の空砲弾とK-2小銃97発で警告射撃するという事件が発生。K2小銃(有効射距離460m)で旅客機から7-8キロ離れた前方に向けた警告射撃だった。
 警告射撃の発端は、喬桐島南側海兵隊の対空監視哨所で警戒中だった兵士2人の目に未確認飛行物体が見えたからだ。この飛行物体では赤い光が点滅し、「ウーン」とする音も聞こえた。哨兵のキム上等兵は1年前から警戒勤務をしてきたが、飛行機がこれほど接近したのは初めてだと判断したという。2人の兵士は99発の警告射撃をした後、重大状況室に報告した。
 海兵隊の関係者は「航空機は哨所から13キロ離れたところで5000フィート(1524メートル)以上の高度で飛行していた」とし「哨兵は航空機が航路範囲内の北側にくると、航路離脱飛行機と判断して対応したようだ」と話した。
 報告を受けた空軍中央防空統制所は直ちに北朝鮮機では無いと判断。午前4時40分、アシアナ航空側に状況を説明し、機体に異常がないかどうか確認した。該当航空機は午前4時5分、仁川空港に着陸した。
 軍関係者は「喬桐島哨所の場合、午前4時、霧がかかった状況で飛行機の音が普段より大きく聞こえるが、民航機と戦闘機の音ははっきりと区別される」、「喬桐島の海兵隊哨所兵士らは双眼鏡一つに依存している。識別教育を強化する」と話した。
 航空管制課長は「アシアナ航空機は決まった航路にそって正確に江華郡注文島上空を移動した」、「航路離脱は全くなかった」、「アシアナ機が航路を離脱して軍が銃を撃ったとすれば、同じ航路で20分前後にも民航機2機が通過したのに、なぜその時は射撃をしなかったのか」と述べた。
 後日の記事<3>では「レーダーで航跡を分析したところ、この民航機は通常の航路から外れておらず、また警告射撃が行われた時点にも、喬桐島の駐屯地から13キロ離れた通常の航路にあったことが分かった」、「警告射撃を行った警戒兵は、未確認飛行体が発する光が北から南に向かっていたと判断し、これを北朝鮮航空機と認識して警告射撃を行った」とあり、通常の航路から外れていなかった様です。

 

 以上を時系列にまとめると、次のようになります。
○午前4時、霧がかかった状況。点滅すると赤い光と音から哨兵が北朝鮮機と判断。哨兵2人が旅客機前方7~8kmに向けて発砲。この時、旅客機の位置は駐屯地から13km離れていて、高度1.5km。
○ 午前4時5分、旅客機は仁川空港に着陸。喬桐島から仁川空港までは直線距離で33km。
○午前4時10分、99発発砲し終わり、報告。
○午前4時10分~40分の間、空軍中央防空統制所が北朝鮮機では無いと判断。
○午前4時40分、アシアナ航空に説明。

 「10分間の警戒射撃」としか書かれていないので、どの様な間隔で発砲したのか分かりませんが、1分位で99発を撃って、その後9分待ってから報告するのは不自然なので、10分間位掛けて間欠的に発砲したのでしょう。平均すると6秒に1発。
 ただ、そうなると旅客機が着陸した後にも発砲していたことになり、それはそれで不自然です。

 

 次に地図を用いて、位置関係を確認します。
 まず、成都ー仁川線の飛行ルートを推測します。北方限界線の内側を通り、注文島上空を通過し、仁川空港に北西方向で着陸するのだから、下図の緑のラインが通常の飛行ルートと推定されます。推定航路に沿った注文島から空港までの飛行距離は約25kmです。この間を5分で飛んだとすると平均速度は300km/hになります。着陸時の速度は200~300km/hですので、この点からも推定航路は妥当と思います。
 対空監視哨所の場所は朝鮮日報の地図が示している場所とします。対空監視哨所から半径13kmの円を描くと、推定航路と注文島で重なるので、注文島上空を通過した時に発砲(午前4時)があったのではないでしょうか。
 この時点(注文島上空)において、旅客機前方約7kmに向けての警告射撃は南南東上方に向かってされていたことになります。ただし、弾丸は3km位しか飛ばないので遥か手前に落ちています。
 2分後(4:02)位になると旅客機は機体後方を対空監視哨所に向けていて、その後着陸まで哨兵は空港の方向に旅客機の後方に向けて、射撃することになります。

続く。

--------------------------------------------
<1>:海兵隊、民間航空機に向けて誤って警告射撃(1)
http://japanese.joins.com/article/935/140935.html?servcode=200&sectcode=200
<2>:海兵隊、民間航空機に向けて誤って警告射撃(2)
http://japanese.joins.com/article/936/140936.html?servcode=200&sectcode=200
<3>:韓国軍海兵隊員誤射の民航機、通常の航路を飛行
http://www.chosunonline.com/news/20110620000022

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。