六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ボブソン、投資会社が損

ジーンズのボブソンが民事再生法の適用を申請
 帝国データバンクによると、ジーンズメーカーのボブソン(東京都渋谷区)は2日、東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。2009年11月に「BOBSON」ブランドの譲渡を受け、ブランドの再構築を進めていたが、ユニクロなどファストファッションに押され、自力での再建を断念した。負債総額は2010年2月期末で7億3400万円。
 ボブソンは旧ボブソン(岡山市)が手掛けていた「BOBSON」ブランドを引き継ぐため、経営コン
サルタントなどを手がけるマイルストーンターンアラウンドマネジメントの出資により2009年8月に設立された。ブランド譲渡後は、高付加価値商品の提供や得意先の選別などを進めていた。
 旧ボブソンはピーチフォートに社名を変え、営業している。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/financial/505155/

 

 EDWIN、BIG JOHNに並ぶ日本のジーンズメーカーのBOBSONが倒産しました。2年前には既に行き詰まり、譲渡先も立て直すことが出来なかった模様です。リーバイスも赤字のようです。
 
 ジーンズのシルエットや生地の流行はありますが、ジーンズ自体はファッションの定番で毎年一定数の
売上本数の見込める手堅い商品です。それにも拘らず、有名ジーンズメーカーの経営が苦しいのはユニクロをはじめとする、激安ジーンズの台頭の為でしょうか。消費者は昔ほどメーカーに拘らなくなったのでしょうね。
 
 ボブソンのブランド名はボブ(アメリカ人のポピュラーな名前)が損(ソン)をするようにという願い
を込めて付けられました。願いとは異なり、最終的に日本の投資会社が損をしたようです。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。