六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

菅首相「臨界って何だ?」

あ~あ~菅無知ぶり全開 有識者に「臨界って何だ?」

 「原子力に詳しい」と吹聴していた菅直人首相(64)が、有識者に「臨界ってなんだ?」と尋ねていたことが分かった。「臨界」は、原子力を少しでもかじったことのある人なら誰もが知る言葉だけに、あきれることを通り越して不安をかき立てられるようなエピソードだ。こんな人に原発対策や震災後の復興を任せていいのか。
 まさに“無知全開”ともいえる裏話を報じたのは26日の日経新聞。それによると、菅首相は「役所や東電とは違うセカンドオピニオンがほしい」として呼び寄せた有識者に対し、「臨界ってなんだ」と聞いたという。原発に関する「臨界」は、「原子炉で核分裂の連鎖反応を起こし続ける状態」を指す。大阪府在住の大学講師はこうあきれる。
 「最初に『臨界』という言葉に触れるのは高校物理。『反射の限界点』を指す『臨界点』という言葉を習う。大学で原子力を学べば、すぐに出てきますよ。1999年の東海村臨界事故で注目された言葉でもある。菅首相は本からも先例からも、何も学んでいないのでしょうか」
 福島第1原発の事故を受け、東工大出身の菅首相は16日、官邸で笹森清内閣特別顧問と会談、「私は原子力に詳しいんだ」と胸を張った。さらに、東京電力本店に自ら乗り込むパフォーマンスを演じ、原子力に詳しい学者3人も内閣官房参与に起用した。ところが実際には、基本中の基本を知らなかったことが露呈してしまったわけだ。菅首相は財務相時代にも、経済学の基礎用語である「乗数効果」と「消費性向」を取り違え、知識不足を露呈したことがある。
---後略---
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110326/dms1103261530006-n1.htm


 枝野官房長官も3月12日の記者会見で原発視察について問われ、「総理はこうした技術を含めて専門的な素養をお持ちでございます」と答えている。
 菅首相は自ら原子力についての専門知識を有していると吹聴していたのだろう。本人もそう思っていたのではないか。それが「臨界」も知らなかったとは。この分だと、核物理学とプラントエンジニアリングの違いも分かっていなそう。
 夜郎自大というか、自分の能力を過大評価し、他人が馬鹿に見えるタイプの人間なのだろう。
 
 菅首相は会議で報告される内容を理解できずに、あれこれ指示を出していたのではないだろうか。これが政治主導だといわんとばかりに。
 まさか、国の命運を掛けたコントを見せられるとは思わなかった。

 

 

元記事他

◆首相こもりがち 原発対応専念、周囲から不満
 菅直人首相は25日夜、東日本大震災の発生2週間を受けて記者会見し、国民へのメッセージを発表した。首相が公の場で発言するのは18日以来1週間ぶり。震災後は1日1回、記者の取材に応じる「ぶら下がり取材」を拒否。福島第1原子力発電所の事故対応に専念したいのか来客も減り、執務室にこもりがちになっていた。
 「この危機をともに乗り越えていこうではないか」。首相は記者会見で団結を呼びかけた。会見時間は15分。質疑にも4問応じた。震災発生からこれまでの間、首相の露出は少ない。25日朝に首相官邸で開いた会合で、電力需要抑制策に向けた協力を指示したのは枝野幸男官房長官。全閣僚が居並ぶ中、首相の姿だけがなかった。
 枝野長官の指示の約10分後、首相は公邸から出てきた。記者団に「おはよう」と声をかけ、官邸5階の執務室に上がる。ここ数日、記者団と首相とのやり取りは朝のあいさつに限られていた。
 首相の頭の中は福島原発事故の処理でいっぱいだ。25日の最初の面会者は、東京電力本店に常駐する細野豪志首相補佐官ら。細野氏が作業員の被曝(ひばく)を受けて「発電所内の水の掃除や環境整備をする」と報告すると、首相は「それでいいんじゃないか」と答えた。24日の首相の面会も原子力安全委員会の班目春樹委員長からだった。
 東工大出身で「原子力には詳しい」と自負していた首相は原子力に詳しい学者3人を内閣官房参与に次々と起用。複数の首相周辺は「情報提供の遅さ、連携ミスなどで東京電力や原子力安全委などへの不信感を募らせている」と、登用の背景を説明する。
 「役所や東電とは違うセカンドオピニオンがほしい」。首相はこう息巻くが、面会した有識者は「臨界って何だ」と質問されたと明かす。首相に近い民主党議員ですら「トップに必要なのは判断をすることで、知識を吸収することではない」と懸念する。
 首相周辺も「なまじ知識があるだけに話すとぼろが出そうで怖い。この状況で首相は何を発すればいいのか」と話す。こうした周囲の不安が首相の出番の激減という形につながっているようだ。
 首相が記者団との質疑に応じる「ぶら下がり取材」は震災発生前の10日が最後。記者会見の形式をとりながら「国民向けメッセージ」を一方的に読み上げたのは25日を含め6回。記者との質疑は、立ち去ろうとする首相を呼び止め、かろうじて成立した程度だった。
 首相秘書官は取材拒否の理由を「地震という緊急事態が続いているため」と指摘する。
 「いつでも来てほしい。時間はつくるから」。首相は24日深夜、旧知の議員を電話で誘った。被災者支援を実質的に仕切る仙谷由人官房副長官のもとには各省の事務次官や与野党幹部らが足を運ぶ。それに比べると首相執務室への官僚や議員の出入りは少ない。
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819481E0E7E2E69C8DE0E7E2E1E0E2E3E38297EAE2E2E2

 

◆「最悪なら東日本つぶれる」=専門家自任、笹森氏に明かす-菅首相
 「最悪の事態になったときは東日本がつぶれることも想定しなければならない」。菅直人首相は16日夜、東京電力福島第1原発の事故をめぐり、首相官邸で会った笹森清内閣特別顧問にこう語った。放射性物質の飛散により、広大な地域でさまざまな影響が出かねないとの危機意識を示したとみられる。
 笹森氏によると、首相は「僕はものすごく原子力に詳しいんだ」と専門家を自任。東電の対応について「そういうこと(最悪の事態)に対する危機感が非常に薄い」と批判し、「この問題に詳しいので、余計に危機感を持って対応してほしいということで(15日早朝に)東電に乗り込んだ」と続けた。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201103/2011031601176

 

◆平成23年3月12日(土)午前2-内閣官房長官記者会見
「総理はこうしたあの技術を含めて専門的な素養をお持ちでございます」09:20頃
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg4477.html

 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。