六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

靖国神社の放火犯は中国人? 続報15

 ソウル高裁で、靖国神社放火容疑で犯人引渡し請求されている劉強の審議が進められているが、12月13日に劉強の母親が証人として出廷していたようだ。
 劉強の母の鄭如妹(64)は「私の母にそんなに苦しい過去があったという事実を一歩遅れて知りました。代わりに復讐するために私の息子が…」と証言した模様。鄭如妹さんの母の楊英(1986年死去)は日帝強占期間に中国に連れて行かれた韓国人慰安婦のイ・ナムヨンだと話し、45年の抗日戦争の際に戦死した劉強の祖父に中国政府が授けた「革命烈士証明書」も証拠として提示したそうである。
 
 この日は弁護人と検察側の最終意見もあり、それぞれの意見は下記の通り。
◇弁護人
劉強が日本軍国主義と戦犯を美化する象徴の靖国神社に放火の痕跡を残したのは日本政府の反省を促すためだ。政治的目的のほかに別の理由はなかった。日本に引き渡す場合には劉強の言葉通り苛酷な刑量が宣告される可能性が大きい。
◇ 検察
一度例外を作れば法と原則は回復しにくい。過去の問題は放火のような暴力的方法で解決することはできない。外国人が韓国で放火をして出国した後に政治犯だと主張することもできる。犯罪人引き渡し条約は相手国(日本)の司法制度が正常に稼動するという信頼を基に結んだのではないのか。
 また、劉強は最終陳述で「同じ血が流れる裁判長が祖母と私の怒りを理解し正義を実現させてほしい」と訴えたとのこと。
 
 
 劉強は中共の英雄の子孫(抗日烈士の後代)とか従軍慰安婦の孫と自称していたが、劉強の母親の証言でその一部が証明された。祖父が劉別生、母が鄭如妹、母方の祖母が楊英であることは間違いないようだ。
 劉強が韓国で逮捕された後、中国サイトでは身元詮索が行われ、「祖父は劉別生、祖母は宋素蝶、父は劉新、母は鄭如妹、妹は劉芳」との書き込み(靖国神社の放火犯は中国人? 続報8参照)があった。祖母の名前を間違っていた(本当は蘇迪)ので、信用していなかったが、祖父と母の名前が合っているため、「父は劉新、妹は劉芳」というのも本当なのかもしれない。
 母方の祖母の名前の楊英・イ・ナムヨン(李南英)は以前の中央日報の記事(靖国神社の放火犯は中国人? 続報14参照)にも出ているが、楊英=李南英とはまだ確定していない。鄭如妹は「楊英は韓国人慰安婦のイ・ナムヨン」と言っているが、「私の母にそんなに苦しい過去があったという事実を一歩遅れて知った。」とも語っている。つまり、鄭如妹は従軍慰安婦だったことを知らされておらず、放火事件があって初めて耳にしたのだ。だから、「韓国人慰安婦のイ・ナムヨン」とは後からの知識で得たものだと理解できる。果たして、鄭如妹は母の旧名が李南英だと聞いていたのだろうか。
 楊英が従軍慰安婦だったという話は劉強が祖母から聞いたとの証言のみである。未だ、確たる証拠は出されていない。劉強が嘘をついているのか、思い違いをしているのか、祖母が嘘をついたのか、さっぱり分からない。慰安婦名簿(あればの話だが)で確認出来るなどしたら別だが、この先も真実は分からないまま水掛け論に終わるのではないか。
 
■親族関係
曽祖父(母方):李勝植?
 祖父(父方):劉別生
 祖母(父方):蘇迪
 祖父(母方):?
 祖母(母方):楊英、李南英?
  父    :劉新?
  母    :鄭如妹
  妹    :劉芳?
 
 
 最終意見陳述で、弁護人は劉強の犯行を日本政府の反省を促すための政治的犯行と主張しているが、当の本人は「祖母と私の怒りを理解し正義を実現させてほしい」と言っている。事実に基づくものかは別にして、犯行動機は私怨によるものだったと本人がハッキリ認めているのだ。私怨による犯行を政治的と出来るのか。
 それに、弁護人は日本に引き渡されれば、苛酷な刑量が宣告される可能性が大きいとも主張しているが、その主張は妥当なのだろうか。劉強に出されている逮捕状は建造物等以外放火の容疑だ。
 
■建造物等以外放火罪(刑法110条)
放火して、前二条に規定する物以外の物を焼損し、よって公共の危険を生じさせた者は、1年以上10年以下の懲役に処する。
 
 有罪になれば1年~10年の懲役刑が科せられるが、判決が3年以下の懲役だと執行猶予が付く可能性もある。これが苛酷な刑量といえるのだろうか。
 ちなみに、過去の判例を挙げてみると下記のようになっている。
■判例1
被告:カンポス・ネット・テオフィロ・デ(53)
犯行:駐車場など福井市内の2か所で乗用車2台に放火
動機:保険金目的のカモフラージュ
求刑:懲役4年
判決:懲役2年6か月
■判例2
被告:亀嶋通(38)
犯行:坂出市と丸亀市でごみに放火
動機:いら立ちの解消
求刑:懲役3年6月
判決:懲役2年6か月
■判例3
被告:元クリーニング店店員(43)
犯行:前橋市のクリーニング店駐車場で経営者の車に放火
動機:解雇されたことの恨み
求刑:?
判決:懲役2年6か月執行猶予4年
■判例4
被告:高市英治(49)
犯行:松山市の市営団地でバイクや軽自動車に放火
動機:不満を解消するため
求刑:懲役5年
判決:懲役3年6か月
 
 それぞれの事件は事情が違うので単純に比較は出来ないが、劉強が有罪になれば、懲役3年前後の実刑となるのかもしれない。
 
 
 審査の結論は来年1月5日(6日?)までに出るとのことだ。普通に考えれば、引渡しが妥当と思うのだが、引渡しとなれば、韓国社会の感情的反発が予想される。それに加え、中国の激しい反発も心配しているようだ。2000年に韓国政府が中国産ニンニクに高関税を課した際、中国韓国製携帯電話の輸入を制限するなどの報復措置を取ったとのこと。自国の希望が通らなくとも、日本は直接的な報復に出ないが、中国は黙っていないだろうと懸念しているようだ。
 韓国は法治主義に値する結論を出せるのだろうか。
 
///////////////////////////////////////////////
【時視各角】靖国放火、韓国の法廷に立つ(1)
http://japanese.joins.com/article/564/165564.html?servcode=A00&sectcode=A10
【時視各角】靖国放火、韓国の法廷に立つ(2)
http://japanese.joins.com/article/565/165565.html?servcode=A00&sectcode=A10
靖国放火の中国人 日本への引き渡しで近く判断=韓国
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/12/26/2012122601964.html
http://japanese.joins.com/article/603/165603.html?servcode=A00&sectcode=A30
 

スポンサーサイト

PageTop

大谷選手の日ハム入団は正解か

 花巻東高の大谷翔平選手がファイターズに入団した。契約金1億円、年俸1500万円、出来高払

い5000万円の破格の条件は、ファイターズではダルビッシュ投手以来だ。
 2009年のドラフト1位で春日部共栄高から入団した中村勝(21歳)投手は、今年後半から先

発で出場、8試合登板、2勝2敗、防御率1.79の成績を残し、780万円から1350万円(来

年の年棒)に年棒がアップしたが、それより高いのだから期待値の高さがうかがえる。高卒時のダル

ビッシュ投手より身体能力が高いとも評価されているのだから無理も無い。
 ただ、ダルビッシュ投手はプロになってから、普通の投手で終わるか、特別の投手になるのか自問

自答し、特別の投手になるために絶えず筋力アップに励み、体を大きくした。だから、今があるのだ

。大谷選手もダルビッシュ投手のようになろうと思うなら、しっかり体を作るべきだろう。斉藤投手

を見習ってはいけない。
 
 メジャー行きを表明していた大谷選手をファイターズは強引にドラフト指名し、最終的に入団させ

ることに成功した。大谷選手の両親の希望もあろうが、ファイターズの説得がメジャー行きを断念さ

せたのだろう。
 その説得に使われた資料が一部を除いてファイターズのサイトで公開されている。

「大谷選手との入団交渉時に提示した球団資料について」
http://www.fighters.co.jp/news/detail/3251.html
 
 ファイターズは公開した理由をファンや報道関係者からの問合せが多いためとしているが、出来レ

ース疑惑を払拭する意味があるのだろう。「ドラフト単独指名のために、大谷選手にメジャー行きを

表明させ、他球団に指名を断念させようとした」と思われないためには有効な方法だ。
 この資料では過去にメジャーへ渡った選手や他競技の選手を引き合いに出し、メジャーのトップ選

手として長く活躍したいのなら、高卒でアメリカに渡るより日本で実力をつけた方が良いと結論付け

ている。高卒でメジャーに挑戦した韓国人選手を持ち出すのは分かるのだが、サッカー、卓球、柔道

、スノーボード、バレーボールなどの選手の海外挑戦を持ち出すのはどれ程の意味があるのか。それ

だけ、ファイターズが必死だということなんだろうが。それにしても、卓球選手は若年の内に海外移

籍した方が良いとするのは余計なお世話では。
 
 大谷選手が高卒でアメリカに渡らなかったのは正解だと思う。身体能力が高いといっても、日本人

にしてはということであり、アメリカの選手に混じるとそれ程でも無いのではなかろうか。
 現時点ではプロで十分通用する実力は無いのだから、アメリカに渡れば、マイナーから体を鍛え、

技術を磨くしかない。若手のケアをアメリカと日本で比較すると、日本の方が層が薄いのだから上だ

ろう。それに言葉の壁もある。そう考えると、基礎を作るには日本の方が良さそうだ。
 ただ、メジャーに行けば、多かれ少なかれアメリカの野球にフィットしなければならないだろうか

ら、柔軟性のある若いうちに移籍するのが望ましい。大谷選手がメジャーで活躍するつもりなら、急

速に成長し、頭角を早いうちに現すことが必要だろう。時間はあまり無い。
 
 大谷選手にとって、ファイターズは最適な球団だったのかもしれない。ダルビッシュ投手という先

例があるからだ。ダルビッシュ投手の例は色々な面で非常に参考になるに違いない。
 それに、ファイターズが選手にあまり執着しないチームというのもプラスだ。主力選手であっても

放出する。ファイターズは高年棒選手を嫌う傾向にあり、あまりにも高年棒(3億超え)になれば球

団の方から移籍の方向に持っていくようなチームだ。だから、チームの大黒柱となっていたとしても

、移籍で揉めることはないだろう。
 
 大谷選手とダルビッシュ投手の入団時の条件は同じだ。スタートラインは同じなのだから、ダルビ

ッシュ投手がどの様な道程を経てメジャーに行ったのかを振り返るのは、この先の大谷選手を考える

上で有用だろう。
 
1年目 14試合  5勝5敗 防御率3.53 1500万円
2年目 25試合 12勝5敗 防御率2.89 3000万円
3年目 26試合 15勝5敗 防御率1.82 7200万円+出来高払い
4年目 25試合 16勝4敗 防御率1.88 2億円+出来高払い
5年目 23試合 15勝5敗 防御率1.73 2億7200万円+出来高払い
6年目 26試合 12勝8敗 防御率1.78 3億3000万円+出来高払い
7年目 28試合 18勝6敗 防御率1.44 5億円
 
 ダルビッシュ投手は上記の成績を経てメジャーに移籍した。大谷選手はメジャー移籍前提での入団

なのだから、同様の成績を残せば、もう少し早く移籍することも可能だろう。それでも、5年はファ

イターズ暮らしかな。
 

PageTop

今日は世界最後の日

 マヤ暦が2012年12月21日で終わっていることから翌日の22日がやって来ず、そのため今日が「滅亡の日」なのだそうだ。マヤ暦と現在の暦をどの様にリンクさせているのか分からないが、兎に角、今日が終末日らしい。
 マヤ遺跡のあるグアテマラと日本との時差は15時間だから、日本時間にすると21日午後3時から22日午後3時の間に世界の終わりがやって来る。ただ、これは正子を基準にした現代の時刻表示方法によるものだから、もし、古代マヤで一日の始まりを日の出としていたり、日の入りとしていたりすると、数時間のズレが出る。
 
 日本では1999年に「ノストラダムスの大予言」の終末論を経験している為か、あまり話題にもなっていなかったが、世界では各地で終末騒ぎが起きているらしい。
●セルビア:神秘的な力が宿っているとされるルタンジュ山付近のホテルが満室。
●トルコ:聖母マリアが昇天したとされるシリンス村(人口約600人)に約6万人が殺到。
フランス:「人間を滅亡から救いに宇宙船がビュガラッシュ山に現れる」と信じる人々が麓のビュガラッシュ村(人口約200人)に押し寄せ、警察と消防が警戒。
アメリカ:NASAに滅亡を心配する問い合わせが相次ぎ、ブログで惑星衝突説などを否定。
中国:終末論を流布したキリスト教系宗教組織「全能神」のメンバーを社会秩序を混乱させた容疑で拘束。
ロシア:終末論にパニックになった青年が無差別襲撃事件を起こす。
オーストラリア:ギラード首相が「世界滅亡の日が近づいています。マヤ暦が事実だったことが明らかとなるでしょう」と悪ノリ。
●バチカン:バチカン天文台の司祭が「21日にこの世の終わりがやって来るという仮説には十分な科学的根拠がない」と述べる。
 
 マヤ暦を題材とした映画などのためか、2012年終末論が広く流布している様子がうかがえる。
 終末論を前にして人々の反応は様々だ。何が起きるか興味本位で集まる者。パワースポットにすがろうとする者。犯罪に走る者。滅亡特需を当て込んで商売に励む者。自分だけは助かろうとシェルターに逃げ込む者。買占めに走る者。などなど。
 この騒動で以外だったのは、半信半疑なのかもしれないが、中国で行動を起こす人が多いということだ。共産党は宗教や迷信を人民をたぶらかす不必要なものと否定して弾圧まで加えたのに、どういうことだろうか。社会が不安定になっている現われなのだろうか。
 
 ちなみに、カトリックの司祭が科学的根拠が無いことを理由にして否定するのは如何なものだろう。科学を根拠に持ち出すと、キリスト教の存在自体の否定に繋がりかねないと思うのだが。
 

PageTop

安倍バッシングが始まる?

 安倍晋三バッシングが再び始まるというコラムを窪田順生氏が書いている。早速、「お友達内閣を危惧」とか「自民が勝者とは言えない」とのニュースが出てきたのをみると、さもありなんとの感じがする。
 窪田順生氏がどの様な方か存じ上げないが、プロフィールをみると各種マスコミを渡り歩き、ノンフィクションライターや報道対策アドバイザーとして活動しているようだ。
 「再び始まるマスコミの“安倍晋三バッシング”、なぜ?」(http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1212/18/news026.html)というコラムを一読していただければいいのだが、要約すると「報道機関の人間は中立公平という訳ではなく、たいした理由も無く安倍氏を感情的に憎んでいる人が想像以上に多い。くだらない事で感情丸出しのバッシングがされるだろうが、政治離れを加速させないためにも止めて欲しい。」ということになるだろうか。
 マスコミ業界に身を置きながらも、少し離れた立場の著者だからよく見えるというか、書けるのだろう。「なぜマスコミはインチキをしても「ごめんなさい」と言わないのか 」(http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1205/29/news018.html)というコラムも面白く、読ませていただいた。
 

PageTop

北海道限定総選挙予想結果

 北海道における総選挙の結果がでました。
☆小選挙区
◆北海道1区
自民:船橋利実 52 元道議 新 
◆北海道2区
自民:吉川貴盛 62 元経産副大臣 元
◆北海道3区
自民:高木宏寿 52 元道議 新
◆北海道4区
自民:中村裕之 51 元道議 新
◆北海道5区
自民:町村信孝 68 元官房長官 前
◆北海道6区
自民:今津寛 66 党副幹事長
◆北海道7区
自民:伊東良孝 64 元釧路市長 前
◆北海道8区
自民:前田一男 46 元松前町長 新
◆北海道9区
自民:堀井学 40 元道議 新
◆北海道10区
公明:稲津久 54 党道代表 前
◆北海道11区
自民:中川郁子 53 元三菱商事社員 新
◆北海道12区
自民:武部新 42 元衆院議員秘書 新
☆比例区
自民:渡辺孝一、清水誠一、勝沼栄明
民主:横路孝弘、荒井聰
公明:佐藤英道
大地:石川知裕
維新:高橋美穂 
 
 以前のエントリ「北海道限定総選挙予想」で当選者予想をしました。
 予想結果は小選挙区で2つ(1区と8区)外し、比例区の議席数で2つ(自民4と維新0)外しました。的中率は小選挙区で83%(10/12)、比例区の議席数で75%(6/8)といったところです。
 
 小選挙区で2つを民主党が取ると予想しましたが、全滅しました。特に、横路元衆院議長が小選挙区で負けたのが以外でした。横路元衆院議長は選挙に非常に強かったので、逆風の中でも勝つと思っていたのですが。
 比例区では維新の会の伸びが以外でした。まさか、議席を獲得するとは。
 
 自民党は小選挙区で全勝するという信じられない結果になったので、比例区では名簿14位の勝沼栄明氏まで当選することに。
 民主党は小選挙区で当選すると思っていた横路元衆院議長とキャミソールで有名になった荒井元国家戦略相が復活当選。逢坂誠二氏はイメージが良かったので頑張ると思っていたのですが、以外に弱かったですね。
 新党大地は公民権停止中の鈴木宗男に代わり、選挙中の顔として活動していた代表代行の松木謙公氏が小選挙区で当選しないまでも、復活当選すると思っていたのですが、以外や以外、政治資金規正法違反で有罪判決を受けた石川知裕氏が復活当選するとは。組織がしっかりしているのでしょうね。
 
 北海道は民主王国と呼ばれ、郵政選挙でも11議席(小選挙区8比例区3)を獲得しました。猛烈な風の中でも勝っていたのです。それなのに民主党がこんな惨敗をするとは思ってもいませんでした。全国的に民主王国と呼ばれる所でも同様のようです。報道以上に、民主政権に対して皆が愛想を尽かしていたということでしょうか。
 

PageTop

「コンクリートから人へ」は間違いだった?

 今日は選挙戦の最終日だ。思えば、前回の総選挙の選挙戦では引退した鳩山元首相が「コンクリートから人へ」をキャッチフレーズにして大勝した。しかし、今、民主党の候補達からその言葉を聞くことはない。笹子トンネル天井落下事故後は尚更だった。自民党の国土強靭化計画を批判し、公共工事に否定的な野田首相でさえ「コンクリートから人へ」のフレーズは使わない。
 鳩山元首相が言った「コンクリートから人へ」は間違いだったのだろうか。人に投資をするという理念は理解できなくもないが、インフラの老朽化や災害対策を考えると公共工事も必要だ。公共工事の野放図な拡大は問題あるにせよ、ただ悪者に仕立て上げてバッシングするのはやり過ぎだ。
 要するに鳩山元首相は言い過ぎたのである。「コンクリートから人へ」ではなく、「コンクリートから人」に止めておけば、間違いは無かった。
 
 鳩山元首相は普天間基地移設問題での失策で追い詰められたが、個人献金虚偽記載問題(故人献金)で信用を落としたのも大きかった。故人献金問題では政策秘書で会計責任者の芳賀大輔秘書が略式起訴され、罰金30万円、公民権停止3年が確定している。(首相辞任の翌日に政策秘書に復帰)
 実はこの芳賀秘書、株式会社ホッコン(代表取締役会長 芳賀昭雄)の経営者の息子である。ホッコンは北海道深川市に本社を置く、生コンやコンクリート製品を製造する会社で鳩山元首相に毎年政治献金をしていた。
 鳩山元首相はコンクリート会社から金ばかりでなく、人まで供給されていたのである。コンクリートから人が来ていたのだ。だから、「コンクリートから人(が)」にしておけば、間違いではなかったのである。
 

PageTop

ペニーオークション詐欺で芸能人がステマ

 ペニーオークション。一時期、欧米で流行っている新手のオークションが日本でも始まったとの記事を多く見掛けたが、最近は広告も見受けられないので、すっかり忘れていた。最盛期には数十以上のサイトが運営されていたらしいが、今では殆どのサイトが閉鎖されているようだ。
 ペニーオークションが乱立したのはペニーオークションシステムを販売している会社があり、そこからシステムを購入することで比較的簡単に始められたかららしい。簡単に始められるということは業者が増えて過当競争になり易い。潰れるサイトが出るのも当然だ。激しい競争を勝ち抜くために怪しげな手段を用いる業者が出てきたり、初めから詐欺同然のことをやる業者がいたりして、ペニーオークション業界自体の評判がよろしくない。
 
 ペニーオークションの仕組みは入札の度に入札価格が上がり、入札時間が過ぎた時に最終入札者だった者が落札する。普通のオークションと同じ様だが、一番違うのは入札の度に入札手数料が掛かり、落札できなくとも入札手数料が戻ってこないということである。入札手数料の取り方にしても、1人からだけ取るものと複数から取るものがあり、他にもバリエーションが色々と有る。
 例えば、1回の入札で15円ずつ価格が上がり、入札時間が15秒延長され、入札手数料が75円、当初入札時間が1時間、0円開始の場合。
 カウントダウンが始まり、残り時間が0になる前に4回入札があったとしたら、開始から1時間1分でオークションは終わり、落札価格は60円になる。最終に入札した者が落札者となり、60円で商品を手に入れる。しかし、大抵は残り時間が0になる直前に入札が繰り返され、入札時間と入札価格が増加し、なかなか終わらない。15秒間、入札されない限り、オークションは終わらないのだ。
 もし、入札が111回繰り返されると、入札価格は1665円、入札手数料総額8325円、計9990円となる。商品価格が10000円だとしたら、ここが業者にとっての損益分岐点だ。入札者からすれば、83%引きなので、まだ非常に安い。仮に半値程で終わったとしたら、入札回数333回、入札価格4995円、入札手数料総額24975円となり、業者の粗利は19970円だ。業者は1万円の商品を5千円で売って、2万円の利益を得るのだ。
 よく出来たシステムだが、成り立たせるには多くの入札者を必要とする。少数の入札者が競うことになれば、入札手数料の合計と商品価格を比較するようになり、入札回数が上がりづらい。広く薄く金を巻き上げるのが肝要となる。
 業者が参加者を多数集めることが出来なければ、大きな儲けは期待できない。集客力の悪い業者は勢い、サクラやbotを使い入札価格の釣り上げをしたり、商品の回収を謀るだろう。初めから、詐欺目的だとしたら、商品を用意せず、商品写真だけで入札手数料を稼ぎ、一度も商品を発送しないということもありうる。
 
 ほしのあきが自身のブログで「ステマ」を行っていたという。知人のグラビアアイドル・松金ようこから誘われ、ペニーオークションで空気清浄機を格安で落札したように装っていた。ほしのあきは事務所を通さず、個人的に報酬30万円で請け負っていたのを認めているとのこと。
 ステマが発覚したのは、紹介したペニーオークション「ワールドオークション」を運営者が詐欺罪の容疑で逮捕(12/7)されたからだ。それがなければ、騒ぎにはなっていなかったろう。
 これを機にほしのあき同様、ペニーオークションで商品を落札したことをブログで書いていた芸能人が取り沙汰されている。多数の芸能人の名前が挙がっているが、数例を列挙してみる。
●熊田曜子:「わくわくオークション」でヘルシオを5220円で落札。
東原亜希:「オークションライフ」でipadを落札。
永井大:「激安オークションYasuu!」でipadを855円で落札。
●松金よう子:「わくわくオークション」でタジン鍋を199円で落札。
●ピース綾部:「プレミアムステージ」でDVDプレイヤーを落札。
●渡辺由布子:「ワールドオークション」でDVDプレイヤーを1800円で落札。
 長時間粘ってもなかなか落札できないとされるペニーオークションで芸能人が容易く落札している印象を受ける。芸能人に限って落札する技術を持っている訳もないから、多くはほしのあきと同様ステマなのだろう。
 
 ほしのあきはステマだったことを認めているが、詐欺との認識は無かったという。ワールドオークションについて何も知らず、興味も無かったであろうから、その通りなのだと思う。しかし、自分のファンにいい加減な情報を提供するという態度は如何なものだろう。良心が少しでもあれば、ファンを騙すことは躊躇うだろうに。ファンより小遣い稼ぎの方が大切ということが本心なのであろう。
 昔から、怪しげな商売の広告塔になる芸能人は数多くいた。美空ひばりは自分の納得した商品の広告にしか出なかったと聞いたことがあるが、そんな芸能人は稀だ。ほしのあきだけが特別な訳ではない。
 芸能人は心にも無いことを平気で言うし、それも仕事の内だ。基本的に芸能人は信用できない人種なのに世の人々はかえって芸能人の言うことを信用しがちだ。「知っている」ということが無意識に信頼感を誘発させるのであろうか。
///////////////////////////////
「1080円で落札したの(^O^)/」――ペニオク詐欺で波紋 ほしのあきさん30万円で“ステマ”請け負う
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1212/12/news135.html
ステマより酷いペニーオークション事件!削除アメブロ芸能人日記の魚拓リンク(ほしのあき詐欺報道)
http://matome.naver.jp/odai/2129588043754713201
SmartBidとは?
http://www.seasgarden.com/smartbid/static/howto.php

PageTop

北海道限定総選挙予想

 12月16日、北海道からは20人(選挙区12、比例8)の代議士が誕生します。この席を目指して62人(選挙区51、比例単独11)が争っています。倍率は3.1倍。果たして、誰が当選して、各党は何議席獲得するでしょうか。
 10日足らずで結果は出るのですが、その前に各党の獲得議席を予想しようと思います。
 

 まずは選挙区から。
◆北海道1区
◎民主:横路 孝弘 71 元衆院議長 前
 自民:船橋利実 52 元道議 新 
 維新:大竹智和 35 元民放社員 新 
 共産:野呂田博之 54 党道委員 新
 大地:清水宏保 38 元スケート選手 新 
◆北海道2区
 民主:三井辨雄 70 厚労相 前
◎自民:吉川貴盛 62 元経産副大臣 元
 維新:高橋美穂 47 行政書士 新
 共産:太田秀子 55 党地区副委員長 新
 みんな:沢田隆二 42 元広告会社員 新
◆北海道3区
 民主:荒井聰 66 元国家戦略相 前
◎自民:高木宏寿 52 元道議 新
 維新:小和田康文 42 元内閣府職員 新
 共産:森英士 34 元赤旗記者 新
 大地:町川順子 53 美容健康研究家 新
◆北海道4区
 民主:鉢呂吉雄 64 元経産相 前
◎自民:中村裕之 51 元道議 新
 共産:菊地葉子 61 元小樽市議 新
 大地:苫米地英人 53 人材開発社役員 新
◆北海道5区
 民主:中前茂之 40 元国交省職員 新
◎自民:町村信孝 68 元官房長官 前
 共産:鈴木龍次 52 党地区委員長 新
 みんな:西田雄二 49 社会保険労務士 新
 幸福:森山佳則 46 幸福実現党員 新
◆北海道6区
 民主:佐々木隆博 63 農水副大臣 前
◎自民:今津寛 66 党副幹事長
 共産:荻生和敏 63 党道委員 新
 みんな: 安住太伸 42 元旭川市議 新
◆北海道7区
 民主:仲野博子 53 元農水政務官 前
◎自民:伊東良孝 64 元釧路市長 前
 共産:佐々木亮子 52 党地区常任委員 新
 大地:鈴木貴子 26 元NHK職員 新
◆北海道8区
◎民主:逢坂誠二 53 元総務政務官 前
 自民:前田一男 46 元松前町長 新
 未来:北出美翔 26 元衆院議員秘書 新
 共産:高橋佳大 53 元函館市議 新
◆北海道9区
 民主:山岡達丸 33 元NHK記者 前
◎自民:堀井学 40 元道議 新
 共産:花井泰子 69 元登別市議 新
 アイヌ:島崎直美 53 アイヌ党役員 新
◆北海道10区
 民主:小平忠正 70 国家公安委員長 前
公明:稲津久 54 党道代表 前
 共産:木村賢治 61 元道立高校教頭 新
 大地:浅野貴博 34 党幹事長代行 前
◆北海道11区
◎自民:中川郁子 53 元三菱商事社員 新
 共産:渡辺 紫 64 元紋別市議 新
 大地:石川 知裕 39 元衆院議員秘書 前
◆北海道12区
 民主:山崎摩耶 65 元日看協会役員 前
◎自民:武部新 42 元衆院議員秘書 新
 共産:菅原誠 39 党道委員 新
 大地:松木謙公 53 党幹事長
 
 次に比例ブロック。民主2、自民4、公明1、大地1と予想。
民主:小平忠正、鉢呂吉雄
自民:渡辺孝一、船橋利実、前田一男、清水誠一
公明:佐藤英道
大地:松木謙公
 
 さて、どの程度当たっているでしょうか。開票結果が楽しみです。
 

PageTop

鳩山元首相の後釜

 鳩山元首相が引退後、後継候補がなかなか決まらず、誰が後釜に座るのか気になっていたが、前衆院議員の山岡達丸氏に決まっていたようだ。
 山岡達丸氏は前回の総選挙に比例単独(比例代表北海道ブロック名簿順位13位)で当選した1年生議員。地元支部が候補者を立てられないので、選挙区を持たない比例議員に選挙区をあてがった形に収まった模様だ。
 山岡達丸氏はNHK記者からの転身組であるが、父親は民主党を離党した前衆議院議員の山岡賢次氏。所謂、2世議員だ。2世議員といっても、親子で所属する政党が違ってしまったので複雑だ。元は親子とも民主党所属だったが、父親は日本未来の党に、息子は民主党に分かれて総選挙を戦うことになった。関ヶ原の合戦のおりに、真田昌幸・信幸親子が西軍と東軍に別れて戦ったことを彷彿とさせる。真田家は別れたことで家名を残すことに成功するが、さて、山岡家はいかが相成るだろうか。
 
 野田執行部は鳩山元首相に誓約書という踏み絵を踏ませようとし、更に世襲批判を打ち出して鳩山元首相を追い込んだ。その甲斐あってか、鳩山元首相は自ら退き、排除に成功する。
 しかし、その後釜はまた2世議員だった。野田首相が「(公認候補は)私が全部目を通して決めるが『脱世襲』の方針は貫徹する」と述べていたのに。野田首相の言葉は何と軽いものだろう。国会答弁で「自分の言った言葉は重たい、このように強く自覚をしています。強く責任を感じています。それは、最終的にどの時期にやるかは、私なりの判断をさせていただきたいと思います」と述べていたのは何だったのだろうか。

PageTop

その書き込み、選挙違反の可能性も

 インターネットが広く普及している現状においても、未だインターネットを利用した選挙運動は禁止されています。例えば、選挙期間中は候補者や政党のホームページが更新出来ません。(更新しなければOK)
 公職選挙法は直接インターネットに言及していないものの、選挙運動にインターネットを利用することは、選挙運動のために使用する文書図画及び頒布を規制する公職選挙法第142条や選挙運動のために使用する文書図画の掲示を規制する公職選挙法第143条に抵触すると解釈されているのです。
 「文書図画」とは「文字若しくはこれに代わるべき符号又は象形を用いて物体の上に多少とも永続的に記載された意識の表示。」とのことですから、ホームページや電子メールはコンピューター等のディスプレイ上に表示された文字等の意識の表示に該当し、文書図画とみなされます。
 また、「頒布」とは「不特定又は多数の者に配布する目的で、その内の1人以上の者に配布することを言う。」とのこと、「掲示」は「文書図画を一定の場所に掲げ、人に見えるようにすることのすべて。」とのことですから、ホームページを開設・書換えすることや、不特定又は多数の者に電子メールを発信することは、掲示や頒布とみなされるとのことです。
 具体的には次のようなことが出来ないようです。
●候補者や政党のホームページの新設・更新
● ブログの新設・更新
● 仮想空間「セカンドライフ」での運動
セカンドライフで第三者による特定候補への投票依頼
● メールマガジンの配信
● 電子メールの配信
● 配布用マニフェスト(総務相に届け出)そのもののHP掲載
● 第三者による特定候補の応援サイト開設
※選挙ナビ 選挙運動できること・できないこと(http://senkyo-navi.net/18/237/000723.html)より
 
 公職選挙法第142条・第143条で選挙運動用の文書図画の頒布・掲示を制限している趣旨は候補者の資力の差による不平等を是正するためといわれています。それならば、ホームページを規制するより、莫大な費用のかかるテレビCMを禁止したら良いと思うのですが、現実はそうなっていません。たぶん、様々な思惑が絡み合ってネット選挙が解禁されないのでしょう。
 ちなみに、公職選挙法第142条は昭和39年11月18日に、第143条は昭和30年4月6日に最高裁判所判決により合憲性が確認されているそうです。
 
 さて、ここからが本題です。
 候補者などがホームページの更新や電子メールを制限されるのは分かりました。では、一般人はどうなのでしょう。自由にブログや掲示板に書き込んでも何の問題も生じないのでしょうか。
 12月5日に放送されたNHKの「NEWS WEB24」(深く知りたい「選挙期間中のネット発信は?」http://www3.nhk.or.jp/news/web24/)で、その辺のことを分かり易く解説していました。6分弱の動画がサイトにあるのですが、その内、消えるでしょうから簡単にまとめておきます。
+++++++++++++++++++++++++++++++
 候補者に限らず、有権者についても公職選挙法で規制されている。
 公職選挙法で規制されるのは政治活動の内、選挙運動に限られる。
 
政治活動(自らの主義主張を広く伝える行為のこと)
 誰でも行え、ホームページ・SNSなどネット上の発信もOK
選挙運動(当選を目的とした行為のこと)
 実体として広く行えるのは候補者・陣営のみで、ポスター・文書など法律の範囲内でのみで可能。

■一般人の選挙運動としてハッキリと認められていること
●街中で個別に会って口頭で投票を呼びかけること
●電話で投票を呼びかけること
 ※不特定多数に対してではないのでOK

■ネット上での発信
ツイッターで「△△候補に1票入れて」とつぶやいた場合
 選挙運動になるからダメ。
ツイッターで「△△候補はいいよね」とつぶやいた場合
 個人的感想なので問題無し。ただし、何十回も繰り返したり、影響力の大きい人の場合は警察が総合的に判断して、選挙運動とみなされる可能性もある。所謂、グレーゾーン
 
 特定の候補者を当選せしめる行為が規制されているのだから、個人的感想なら問題無いのでどんどん行ってもよい。ただし、不特定多数に向けて、フェイスブックやツイッターなどで特定候補者について呼びかけることは選挙運動とみなされる場合も有り。電話はOKなのだがメールはグレーゾーン
 グレーゾーンに該当することを書いたとしても、直ぐにどうこうということは現実的には考えにくいが、「△△候補は自分と意見が合う」とか、「△△候補はすばらしいと思う」とか、個人的感想に止めておきましょう。特定の候補者を当選せしめる行為は慎みましょう。
+++++++++++++++++++++++++++++++
 
 選挙運動と政治活動の違いについては秋田市選挙管理委員会が分かり易く解説しているので、それを転載します。
選挙運動とは    
選挙運動できるのは選挙期間限定! (つまり、選挙期間中以外に行うと違反になります)
●特定の選挙で特定の候補者を当選させようとする目的で行われる直接または間接行為
●選挙人に対して行われる
政治活動とは  
●政治上の主義、主張、施策を推進し、支持し、反対する事を目的で行われる直接または間接行為
●ただし選挙運動にわたる行為を除く(原発推進 ・反対、空港建設賛成・反対・・・などは政治活動
※すなわち、【政治活動】とは【選挙運動】以外の全て政治的行為を指します。
 
 インターネットを選挙運動に利用した実例がありますので、紹介します。
 昨年の福岡市議選でUSTREAM、twitter、Youtube、ブログ、メールマガジンなどを選挙運動期間中に毎日更新した候補者がいました。元放送通信会社員の本山貴春氏です。本山氏は福岡県警から数度にわたる警告を受けましたが、「公職選挙法に規定がない」として従いませんでした。本人も「ネットでの選挙運動」と認識していましたが、 結果的は起訴猶予(不起訴)になっています。
 この結果を知っているのか分かりませんが、ツイッターで盛んに発言を繰り返している人物がいます。日本維新の会代表代行の橋下徹大阪市長のことです。橋下氏は「投票呼びかけ行為以外であればいい。(自分は)候補者ではないから、一般的な政党の考え方を表明していくのはいいのではないか」との認識ですから、本山氏とは違います。ですが、一般人がつぶやくのと同様ではありません。NEWSWEB24の解説からするとグレーゾーンとなるのでしょうか。
 前例からすると、問題にされても起訴猶予以下でしょう。完全な合法でもないが、違法でもない。脱法だと弁護士らしく言うのかもしれませんが、順法精神が欠如しているのは公党の幹部として如何なものでしょうか。
 
 一般人でもネット上の書き込みによって、選挙違反に問われるが場合あるようです。現実的にはそれで捜査を受ける可能性は低いようですが、態々、問題を起こすこともありません。ブログの書き込みには少し注意した方がいいかもしれませんね。
  
//////////////////////////////
公職選挙法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25HO100.html#1000000000013000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
我が国のインターネット選挙運動
http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/issue/0517.pdf
選挙運動の基礎知識
http://www.city.sendai.jp/senkyo/1192052_2477.html
新☆選挙不思議発見!
http://www.city.akita.akita.jp/city/coel/fushigi2_005.htm
選挙運動政治活動
http://www.senkyo.metro.tokyo.jp/qa/qa03.html
橋下氏、公示後もツイッター全開 公選法抵触は?
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20121204/plt1212041401012-n1.htm
 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。