六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

一年前はCANDLE炉の話もあった

日本の原発事故でドイツの緑の党大躍進
 27日行われた2つのドイツ州議会選で、東日本大震災による福島第1原発事故が原発論争を呼び覚まし、一貫して脱原発を訴えてきた90年連合・緑の党が大躍進した。メルケル首相のキリスト教民主同盟(CDU)が58年間も州政権を担ってきた南西部バーデン・ビュルテンベルク州では独政治史上初の緑の党州首相が誕生。ドイツは再び脱原発にカジを切る可能性が出てきた。
---略---
 福島の原発事故を受け、メルケル首相は14日、原発の稼働年数の延長計画を3カ月間凍結。15日に1980年以前に運転を開始した原発7基を一時停止した。
 これに対し首相の政治の師、コール元首相は「代替エネルギーがないまま脱原発を拙速に進めると危険な袋小路に陥る」と警鐘を鳴らし、ブリューデレ経済相も産業界の会合で「メルケル首相の政策転換は目先の選挙対策で、合理的ではない」と厳しく非難した。
---略---
 ドイツでは2000年、社民党と緑の党のシュレーダー政権が20年ごろまでにすべての原発を廃止する脱原発政策を決定。自民党と連立を組んだメルケル首相は昨年9月、原発の稼働年数を平均で12年間延長する計画を発表したばかり。
---後略---

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/europe/499506/

 

 

 福島第1原発事故は先進各国の原子力政策に大きな影響を及ぼしている。
 昨年2月に「安全でクリーンな次世代原発を建設する」と演説を行ったオバマ大統領は安全性に関する包括的見直しを指示した。ドイツでは原発推進派のメルケル政権が追い込まれ、スイスでは改修などが一時中止となった。原発依存度が世界一のフランスでさえ、信頼が揺らぎ始めている。
 温暖化対策として原発が推進されていた昨年とは隔世の感がある。

 

 ちょうど一年前、ビル・ゲイツ氏が東芝と共同で次世代原子炉を開発すると報じられた。同氏は実用化に向け数千億円の私財を投じる可能性があるとのことだったが、これも立ち消えになるのではないだろうか。
 ちなみに、次世代原子炉はTWR炉と呼ばれ、燃料交換せずに最長100年の連続運転が可能なのだそうだ。原理は東京工業大学の関本博教授の開発しているCANDLE炉と同様とのこと。
 CANDLE炉の詳しい説明は下記の記事にあるが、簡単に要約すると、燃焼領域がろうそくの様に一定の形状・出力を保ったまま核燃料の一端から他端へ伝搬していく炉のこと
。特徴は次の通り。
 制御棒が不要。濃縮や再処理が不要。燃料は天然ウラン(ウラン238)や劣化ウラン(使用済みの核燃料)。燃料の利用効率は現在の軽水炉の50倍以上の40%。地層処分用廃棄物は10分の1。なんだか、良い事尽くめだ。

 「燃焼制御が不要なため、ミスや事故が紛れ込む可能性を格段に低くすることができる。」とも書かれているが、素人からすると後から燃焼制御が出来ないということではないかと思ってしまう。つまり、燃焼が始まると燃料が燃え尽きるまで数十年も反応を止める事は出来ないのでは。
 そうだとすると、福島第1原発のように災害等で冷却できなくなってしまった場合はどうなるのか。崩壊熱でさえ冷却に苦労しているのに、もっと困難になるのではないか。短時間で炉が溶融し、放射性生成物を大量に拡散させることに為りはしないだろうか。


東芝、ビル・ゲイツ氏と次世代原子炉開発を検討
http://www.afpbb.com/article/economy/2712240/5528408
ビル・ゲイツの原子炉、完成はいつ?
http://www.shimbun.denki.or.jp/news/special/20100628_01.html
CANDLEという名の原子の灯[前編]
http://eco.nikkeibp.co.jp/em/ecolabo-kita/10/index.shtml
CANDLEという名の原子の灯[後編]
http://eco.nikkeibp.co.jp/em/ecolabo-kita/11/index.shtml
 

スポンサーサイト

PageTop

菅首相「臨界って何だ?」

あ~あ~菅無知ぶり全開 有識者に「臨界って何だ?」

 「原子力に詳しい」と吹聴していた菅直人首相(64)が、有識者に「臨界ってなんだ?」と尋ねていたことが分かった。「臨界」は、原子力を少しでもかじったことのある人なら誰もが知る言葉だけに、あきれることを通り越して不安をかき立てられるようなエピソードだ。こんな人に原発対策や震災後の復興を任せていいのか。
 まさに“無知全開”ともいえる裏話を報じたのは26日の日経新聞。それによると、菅首相は「役所や東電とは違うセカンドオピニオンがほしい」として呼び寄せた有識者に対し、「臨界ってなんだ」と聞いたという。原発に関する「臨界」は、「原子炉で核分裂の連鎖反応を起こし続ける状態」を指す。大阪府在住の大学講師はこうあきれる。
 「最初に『臨界』という言葉に触れるのは高校物理。『反射の限界点』を指す『臨界点』という言葉を習う。大学で原子力を学べば、すぐに出てきますよ。1999年の東海村臨界事故で注目された言葉でもある。菅首相は本からも先例からも、何も学んでいないのでしょうか」
 福島第1原発の事故を受け、東工大出身の菅首相は16日、官邸で笹森清内閣特別顧問と会談、「私は原子力に詳しいんだ」と胸を張った。さらに、東京電力本店に自ら乗り込むパフォーマンスを演じ、原子力に詳しい学者3人も内閣官房参与に起用した。ところが実際には、基本中の基本を知らなかったことが露呈してしまったわけだ。菅首相は財務相時代にも、経済学の基礎用語である「乗数効果」と「消費性向」を取り違え、知識不足を露呈したことがある。
---後略---
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110326/dms1103261530006-n1.htm


 枝野官房長官も3月12日の記者会見で原発視察について問われ、「総理はこうした技術を含めて専門的な素養をお持ちでございます」と答えている。
 菅首相は自ら原子力についての専門知識を有していると吹聴していたのだろう。本人もそう思っていたのではないか。それが「臨界」も知らなかったとは。この分だと、核物理学とプラントエンジニアリングの違いも分かっていなそう。
 夜郎自大というか、自分の能力を過大評価し、他人が馬鹿に見えるタイプの人間なのだろう。
 
 菅首相は会議で報告される内容を理解できずに、あれこれ指示を出していたのではないだろうか。これが政治主導だといわんとばかりに。
 まさか、国の命運を掛けたコントを見せられるとは思わなかった。

 

 

元記事他

◆首相こもりがち 原発対応専念、周囲から不満
 菅直人首相は25日夜、東日本大震災の発生2週間を受けて記者会見し、国民へのメッセージを発表した。首相が公の場で発言するのは18日以来1週間ぶり。震災後は1日1回、記者の取材に応じる「ぶら下がり取材」を拒否。福島第1原子力発電所の事故対応に専念したいのか来客も減り、執務室にこもりがちになっていた。
 「この危機をともに乗り越えていこうではないか」。首相は記者会見で団結を呼びかけた。会見時間は15分。質疑にも4問応じた。震災発生からこれまでの間、首相の露出は少ない。25日朝に首相官邸で開いた会合で、電力需要抑制策に向けた協力を指示したのは枝野幸男官房長官。全閣僚が居並ぶ中、首相の姿だけがなかった。
 枝野長官の指示の約10分後、首相は公邸から出てきた。記者団に「おはよう」と声をかけ、官邸5階の執務室に上がる。ここ数日、記者団と首相とのやり取りは朝のあいさつに限られていた。
 首相の頭の中は福島原発事故の処理でいっぱいだ。25日の最初の面会者は、東京電力本店に常駐する細野豪志首相補佐官ら。細野氏が作業員の被曝(ひばく)を受けて「発電所内の水の掃除や環境整備をする」と報告すると、首相は「それでいいんじゃないか」と答えた。24日の首相の面会も原子力安全委員会の班目春樹委員長からだった。
 東工大出身で「原子力には詳しい」と自負していた首相は原子力に詳しい学者3人を内閣官房参与に次々と起用。複数の首相周辺は「情報提供の遅さ、連携ミスなどで東京電力や原子力安全委などへの不信感を募らせている」と、登用の背景を説明する。
 「役所や東電とは違うセカンドオピニオンがほしい」。首相はこう息巻くが、面会した有識者は「臨界って何だ」と質問されたと明かす。首相に近い民主党議員ですら「トップに必要なのは判断をすることで、知識を吸収することではない」と懸念する。
 首相周辺も「なまじ知識があるだけに話すとぼろが出そうで怖い。この状況で首相は何を発すればいいのか」と話す。こうした周囲の不安が首相の出番の激減という形につながっているようだ。
 首相が記者団との質疑に応じる「ぶら下がり取材」は震災発生前の10日が最後。記者会見の形式をとりながら「国民向けメッセージ」を一方的に読み上げたのは25日を含め6回。記者との質疑は、立ち去ろうとする首相を呼び止め、かろうじて成立した程度だった。
 首相秘書官は取材拒否の理由を「地震という緊急事態が続いているため」と指摘する。
 「いつでも来てほしい。時間はつくるから」。首相は24日深夜、旧知の議員を電話で誘った。被災者支援を実質的に仕切る仙谷由人官房副長官のもとには各省の事務次官や与野党幹部らが足を運ぶ。それに比べると首相執務室への官僚や議員の出入りは少ない。
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819481E0E7E2E69C8DE0E7E2E1E0E2E3E38297EAE2E2E2

 

◆「最悪なら東日本つぶれる」=専門家自任、笹森氏に明かす-菅首相
 「最悪の事態になったときは東日本がつぶれることも想定しなければならない」。菅直人首相は16日夜、東京電力福島第1原発の事故をめぐり、首相官邸で会った笹森清内閣特別顧問にこう語った。放射性物質の飛散により、広大な地域でさまざまな影響が出かねないとの危機意識を示したとみられる。
 笹森氏によると、首相は「僕はものすごく原子力に詳しいんだ」と専門家を自任。東電の対応について「そういうこと(最悪の事態)に対する危機感が非常に薄い」と批判し、「この問題に詳しいので、余計に危機感を持って対応してほしいということで(15日早朝に)東電に乗り込んだ」と続けた。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201103/2011031601176

 

◆平成23年3月12日(土)午前2-内閣官房長官記者会見
「総理はこうしたあの技術を含めて専門的な素養をお持ちでございます」09:20頃
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg4477.html

 

PageTop

原子力発電所船

 今回の原発事故以前はほんのわずかな放射能漏れでも大騒ぎしていたのに、放射性物質が各地で検出される始めるという遥かに深刻な事態が起きると、打って変わって安全の大合唱になった。パニックにならないための配慮だろうが、あまりの豹変ぶりに少々戸惑う。でもさすがに、水道の検出値が基準値を超え、放射能汚染が身近に迫っていると安易に安全とは言えなくなってきた。
 世界各国ではヨウ素剤はもちろんのこと、塩、味噌まで買い占められ、過剰反応気味だ。古今東西、危険性が低い時ほど過剰反応し、本当の危機が迫ったら淡々とするものなのかもしれない。

 

 事故のショックは近年起きていた原油価格の高騰や地球温暖化問題を背景にした世界的な原発需要の拡大に急ブレーキをかけた。世界各国で凍結、見直しが相次いでいる。
 一方、世界的電力需要を見ると先進国では横ばいになっているが、新興国では急激に伸びている。豊かになる人口が増加しているため、電力需要も拡大しているのだ。世界的にも需要が拡大する見込みだ。
 不足する電力を自然エネルギー(太陽光、風力、地熱など)で賄えると良いのだが、とても無理だ。当面は化石エネルギーに頼ることになると思うが、需要過多による価格高騰や温暖化の問題が出てきて、暫くすると原子力に回帰するかもしれない(原子力にしても増殖炉や融合炉が出来ない限り、ウラン資源に限りはあるのだが)。チェルノブイリ原子力発電所事故(1986年)が起きたにも拘らず、20年余りで原子力推進に変わったように。その場合でも、より安全な原発が求められるのは確かだろう。

 

 福島第1原発は地震に耐えた(振動で何処まで壊れたか本当のところは判っていない)が津波で制御できなくなった。これからの原発は地震はもちろんのこと津波にも十分な耐力がなければならないだろう。
 そう考えていると、ふとアイデアが浮かんだ。船にしたら如何だろうか。船だと地震による揺れは殆ど無いし、津波も乗り越えられる。原子力空母や原子力潜水艦があるのだから可能だろう。
 原子力発電所を船に載せ、沖合いのシーバースから陸地に送電すればよい。燃料交換や定期点検の場合は別の原子力発電所船に交換し、交換された原子力発電所船は専用のドッグで作業を受ければ、効率も良い。
 事故の場合は離れた場所に曳航することにすれば、地元住民も幾分受け入れやすいだろう。人口密集地からも離れるので放射能汚染の影響も少なくなる。
 更に、活断層を考慮しなくてもいいので、立地の自由度も高くなる。ただ、台風やテロの心配はある。

 

 日本は原発や造船の技術力が高いし、メガフロートの研究も役に立つかもしれないので可能性を探ってみるのも有用かもしれない。原子力発電所船だと海外輸出も有利になるのではないか。

 

 ここまで考え、原子力船を調べていたら、ロシアが既に作っていた。
 「2010年6月30日、サンクトペテルブルグの造船所(国営原子力企業ロスアトム)で世界初となる海上浮遊型原子力発電所が進水式を迎えた。12年4月に完成予定。生産能力は70メガワット。」とのこと。
 考えることは皆同じか。

 

放射能不安が近隣諸国に拡大、日本食レストランで計測器も
http://www.asahi.com/international/reuters/RTR201103220092.html

福島第一原発事故で世界中に脱原発の動き
http://www.pjnews.net/news/794/20110322_6

13都県の水道水にヨウ素 栃木で乳児基準超え
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/499035/

日本での水補給原則禁止 ロシア船舶
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/europe/499114/

中国で“塩買い占め騒動”海水汚染の風評広がる
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/497171/

原発爆発、大国も衝撃 日本を教訓、米中露警戒
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/495702/

PageTop

義援金窃盗に火事場泥棒

募金活動中の高校生殴り募金箱奪う 千葉・松戸
 19日午後0時半ごろ、千葉県松戸市日暮の新京成線八柱駅付近で、東日本大震災の被災者支援のた

めに募金活動をしていた、同市と柏市の県立高校3年の男子生徒(18)の2人が、男に「誰に断って

商売をしているんだ」と因縁をつけられ、顔を殴られたり、けられたりした。男子生徒2人は顔などに

軽傷を負い、男は募金で集まった約1万円を奪って逃げた。
---後略---

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/497760/

コンビニの募金箱盗んだ容疑で46歳男を逮捕
 富山県警高岡署は20日、富山県高岡市内のコンビニ店から東日本大震災の義援金募金箱を盗んだと

して、窃盗の疑いで金沢市笠舞、自称解体工、長崎忠志容疑者(46)を逮捕した。
---後略---

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/498040/

牛丼店の義援金箱盗み少年?2人組逃走 福岡
 20日午後8時5分ごろ、福岡市城南区片江1丁目の牛丼チェーン店で、男が東日本大震災の義援金

約2万円が入った募金箱を持ち去った。男は店外で待機していたバイクの後部座席に乗って逃走。早良

署が窃盗容疑で2人の行方を追っている。
---後略---

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/498111/

 

 

 上記の記事以外にも、女子高生がコンビニの募金箱を盗んだり、寺に設置された募金箱から現金が盗

まれたり、パチンコ店の募金箱を盗もうとしたりする、義援金窃盗が発生しています。
 これまでも義援金募金箱が設置されることがありましたが、盗まれたというニュースを聞いた記憶は

ありません。スーパー等に置かれている募金箱を見ると紙幣が多く、これまでより多額の募金が入って

いるのが明らかです。そのため、邪心が掻き立てられ、安易に犯行におよんでしまうのでしょうか。
 「お金に色はない」というけれど、盗まれたお金は被災者を助けたいという思いが詰まったお金です

。窃盗犯にモラルを求めても無駄でしょが、非常に残念です。

 

 ここ数日、被災地に自警団が結成されたとのニュースを耳にするようになりました。
 ニュース検索すると、地震後から被災各地で窃盗事件が発生していたようです。
 海外メディアから「略奪も暴動も起こらない日本」と賞賛されている影で、窃盗事件が起きていたこ

とを知ると複雑な思いです。
 食品を盗むのは援助物資が届かないため、生きるために止むを得ない場合もあるのでしょうが、現金

、預金通帳、金庫、貴金属、パソコン、液晶テレビなどが盗まれる被害が多発し、ATMまで狙われて

いるのを見ると、混乱に乗じて火事場泥棒をしている輩がいるのでしょう。家屋を物色する不審者のグ

ループが目撃されていることから、窃盗団が被災地に入り込んでいるのかもしれません。
 被災者の残された数少ない財産を奪い、避難所暮らしで疲労困憊している被災者に自警活動を強いる

火事場泥棒は正に「鬼畜」の所業だ。
 ビートたけし氏、が「日本人はいつからこんなにマヌケ、せこくなったのか。死体から何かとったり

空き巣に入ったりさ、ああいうの撃ち殺していい」と発言しているが、射殺しないまでも本名を大々的

に報道すべきだろう。

 

 

現金、食料品…宮城県内の窃盗40件に
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/496238/

窃盗被害から被災地守れ 消防団が夜間巡回
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110318_2

東日本大震災:八戸、留守被災宅で窃盗被害11件 /青森
http://mainichi.jp/area/aomori/news/20110319ddlk02040021000c.html

被災ATMから窃盗未遂 釜石、容疑の男逮捕
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110316_18

物資不足で被災地の盗難増加 ガソリンや食品など被害
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103170165.html

PageTop

ポストも会議も乱立、船頭多くして船山に登る

菅首相、自民・谷垣氏に入閣打診も拒否される
 菅直人首相は19日、自民党谷垣禎一総裁に電話し、副総理兼震災復興担当相としての入閣を打診

したが、谷垣氏は拒否した。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/497685/

「チーム仙谷」が発足 被災地再建構想を検討
 仙谷由人官房副長官(民主党代表代行)は18日、東日本大震災の被災地復興対策を中長期的視点で

検討し、被災地再建ビジョンをまとめる私的チームを設置した。メンバーは古川元久前官房副長官、長

島昭久元防衛政務官、吉良州司元外務政務官、松井孝治元官房副長官の4人で、増員も想定している。
 「チーム仙谷」は、日本の戦後復興など過去の施策を踏まえて復興策を練り、仙谷氏へ助言する。大

津波対策や原子力発電政策のあり方も論議するという。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/497508/

 

 

 菅首相は13日に辻元清美衆院議員を首相補佐官(災害ボランティア担当)に任命し、蓮舫大臣を更

に節電啓発担当大臣に任命した。17日には仙谷由人前官房長官を官房副長官に起用し、それに伴い、

藤井裕久官房副長官は首相補佐官に、加藤公一首相補佐官は辞任した。今度は閣僚を三人増員し、震災

対策担当相や原発事故担当相を自民党に引き受けさせようとした。

 

 震災前から内閣には環境大臣兼防災担当大臣の松本龍氏がいる。ところが松本氏がどの様な活動をし

ているのか表立って見えてこない。何のための防災担当大臣なのか。災害の時のための防災担当大臣で

はないのか。能力が無いのならば初めから任命しなければ良かった。任命時に分からなかったとしても

、震災後に無能が判明したのならば、早急に交代させるべきだ。
 菅首相はそれをせずに、次々と災害関係のポストを増設している。ポストを増設するのは構わないの

だが、無駄に乱立されているだけだ。
 災害ボランティアが必要なら、態々官邸に担当者を置かずとも防災担当大臣に任せれば良いだろう。

専門家が必要なら防災担当大臣の指揮下に置けばいいだけである。
 節電啓発担当大臣は必要なのだろうか。節電が必要なのは一般国民だけではなく、大口需要者である

産業界にも協力をお願いしなければだから、電力供給側も所管している経済産業大臣が相当であり、ス

ムーズだ。実際、海江田経済産業大臣が節電の呼びかけをしているし。
 仙谷由人官房副長官は緊急災害対策や被災者生活支援を担当するようだが、新設する予定の震災対策

担当相や防災担当相との兼ね合いはどうなるのか。
 菅首相は職務範囲や権限を明確にせずにポストばかりを乱立するから、責任の所在が不明確になり、

混乱を増長させている。

 

 乱立させているのはポストばかりでは無い。
 震災直後から菅首相は新たな組織を次々と立ち上げている。緊急災害対策本部や原子力災害対策本部

などを作り、自ら本部長になっている。
 政治主導をアピールしたいのかもしれないが、会議ばかりしていても忙しくなるだけで、問題は解決

しない。
 会議を乱立させているのは政府ばかりではない。民主党も色々と会議を立ち上げている。更には仙谷

由人官房副長官も私的チームを設置するらしい。
 問題が発生すると「兎に角、話し合い」と言うばかりの習性が現れているのだろうか。

 

 

 

 大災害の中、無能な首相であろうと政治空白を作る訳にはいかず、菅首相に的確に対処してもらわな

ければならないので、政府批判は抑制すべきと思っていますが、漏れ伝わる菅首相の言動を耳にすると

流石に不安になる。
 色々としゃばり、怒鳴り散らしている様子。菅首相は北の将軍様ではないのだから、自分の知見は限

られていると自覚すべし。それぞれの問題で責任者を決め、対処させるべきではないか。そのために大

臣がいる。そして、官僚を的確に使うべきだ。
 全体的な調整は安全保障会議で行えばいい。その方が混乱せずにスムーズに対処できると思う。

 

 国家の総力をあげて事態に対処すべき今、ポストや会議を無闇矢鱈に増やしても意味が無い。問題解

決のために各方面の実務や現場に通じた者の意見を尊重できる体制にして欲しい。門外漢の思いつきで

は実効性に乏しく、机上の空論になるだけである。

PageTop

東北地方太平洋沖地震から1週間

東北地方太平洋沖地震から1週間

 

 3月11日午後2時46分、東北地方太平洋沖地震が発生しました。
 その直後から地震や津波を危惧し、テレビから流される映像や情報量に

に圧倒されるばかりでした。

 その巨大地震から1週間が経過し、まだまだ余震が続いていますが、今

回の地震について素人ながら考察してみることにします。

 

 下図は3月9日から3月15日までのマグニチュード3以上の地震の分

布図です。
 
 東北沖の北米プレートと太平洋プレートの境界付近の浅い領域で頻発し

ています。
 
 次にマグニチュード6.5以上の地震と震度5以上の地震を取り出しま

す。期間は3月9日から3月16日。

◆マグニチュード6.5以上の地震
 
 
 巨大地震の前日、前々日にほぼ同じ領域で大きな地震があったことが分

かります。前震だったのでしょうか。
 また、本震の20分後には同じ領域で大きな余震が発生しています。そ

の後、茨城県沖で大きな地震が発生しています。
 前震が北米プレートと太平洋プレートの境界を弱くし、11日になって

北米プレートが跳ね上がり、本震と津波を発生させ、20分後にもう一度

北米プレートが動いたでしょうか。
 茨城県沖の地震は本震により岩盤が破壊された結果、それまでに溜まっ

ていたエネルギーが放出されたのか、本震により更に応力が蓄積された結

果、岩盤が耐え切れなくなって破壊したのか、どちらでしょうか。


◆震度5以上の地震
 
 
 震度で見ると北米プレートの西側にも大きな揺れの地震が発生していま

す。マグニチュードはそれ程大きく無いのですが、直下なので震度が大き

くなっています。
 テレビの解説では今回の地震と直接的な関係は無いと言っていますが、

北米プレートが振動したことで誘発されたのではと思ってしまいます。
 
※地震のデーターは気象庁の地震情報によっています。
 本震のマグニチュードは9.0に修正されましたが、地震情報ではM7

.9のままなので、そのままにしています。
 

PageTop

土肥隆一の人物像

民主・土肥議員「日本は竹島領有権放棄を」 韓国で共同宣言に署名
 菅直人首相(64)と長年行動をともにしてきた民主党の土肥(どい)隆一衆院議員(72)=兵庫

3区=が先月(2月)末にソウルで開かれた集会で、日本政府に対し竹島韓国名・独島)の領有権を

放棄するよう訴える韓国側との共同宣言に署名していたことが3月9日、分かった。
 土肥氏は産経新聞の取材に「個人的には竹島は日本の領土とは一概に言えないのではないかと思って

いる」と述べた。途中から「日本固有の領土だ」と発言を修正したが「本当に議論するなら緻密な歴史

的検討をやらねばならない。いろんな考えや思想があっていいじゃないか」とも述べた。共同宣言への

署名については「韓国の言い分が圧倒的になり議論の余地がなかった。そんなに大きな問題を引き起こ

すとは思わなかった」と釈明した。
【共同宣言文の骨子】
▽日本は恥ずかしい過去に対し、歴史の真相を糾明し、日本軍慰安婦、サハリン強制徴用被害者など、

歴史の被害者に対する妥当な賠償措置を履行しなければならない。両国の善隣関係は、真実の謝罪と賠

償が出発点となる
▽日本は、平和憲法改正と軍国主義復活の試みを直ちに中断しなければならない
▽日本政府は歴史教科書歪曲と独島(注、竹島韓国名)の領有権主張により、後世に誤った歴史を教

え、平和を損なおうとする試みを直ちに中断しなければならない
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/495060/
一部抜粋

 

竹島署名問題:土肥氏、政倫審会長を辞任 民主常幹議長も
 民主党の土肥隆一衆院議員(兵庫3区)は10日、衆院議員会館で記者会見し、島根県・竹島の領有

権主張をやめるよう日本政府に求める「日韓キリスト教議員連盟」の共同宣言に署名した問題について

「政治責任を取りたい」と述べ、衆院政治倫理審査会(政倫審)会長と党の常任幹事会議長の辞任を表

明した。議員辞職は否定した。
---以下省略---

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110311k0000m010118000c.html


 菅政権が困窮している時にダメ押しする人物が現れるとは。それも菅首相の側近というのだから目も

当てられない。旧社会党出身の民主党議員だからと言ってしまえばそれまでだが、あまりにも愚かだ。
 しかし、シンガンス釈放嘆願に署名した菅首相に土肥議員を叱責することなど出来まい。どちらもウ

ッカリ署名した(ことになっている)のだから。

 

 それにしても、10日以上経ってから急に取りざたされるとは。何処から何処にもたらされた情報な

のだろうか。外国人献金が話題になった後だけに、それから目をそむけさせる工作かと勘ぐってしまう

 

それにつけても、土肥隆一衆院議員とはどの様な人物なのか。少々、調べてみた。

 

土肥 隆一(どい りゅういち)
生年月日 1939年2月11日
出身地  朝鮮京城府
出身校  東京神学大学大学院修士課程修了

民主党衆院議員 現職7期
 日本社会党→民主改革連合→民主党
党役職         常任幹事会議長
国会の所属委員会/役職 文部科学委員会/委員
肩書・役職       兵庫県第3区総支部長
             神戸聖隷福祉事業団理事長
             日本キリスト教団牧師
選挙区割        神戸市須磨区・垂水区 

主な所属議員連盟 日朝国交正常化推進議員連盟 幹事
            民主党日韓議員交流委員会 副委員長
            日韓キリスト教議員連盟 会長
            人権問題を市民とともに考える議員連盟 会長
            新政局懇談会
            日朝友好議員連盟
            恒久平和議連
            アムネスティ議員連盟

 

菅グループ「国のかたち研究会」代表
横路グループ「新政局懇談会」メンバー

 

◆政治資金関連
資金管理団体 「どい隆一をはげます会」
政党支部   「民主党兵庫県第3区総支部」
関連政治団体 不明

 

民主党兵庫県第3区総支部
平成21年分(
http://web.pref.hyogo.lg.jp/contents/000167566.pdf)7p
どい隆一をはげます会
平成21年分(
http://web.pref.hyogo.lg.jp/contents/000167570.pdf)4p

 

※兵庫県の政治資金収支報告書(http://web.pref.hyogo.lg.jp/pa25/pa25_000000021.html#h01)で平

成19年分から21年分まで公開中

PageTop

警部補暴言事件のその後の経過

警察から暴言被害の男、強要未遂容疑で再逮捕

 財布をなくした女性に面会を迫るメールを送ったとして、大阪府警は10日、強要未遂容疑で、同府

吹田市長野東の会社員、岡本和真被告(35)=窃盗罪で起訴=を再逮捕した。岡本容疑者は黙秘して

いるという。
 岡本容疑者は昨年9月、女性の財布を着服した遺失物横領容疑で東署の任意の取り調べを受けた際、

暴言を浴びたとされる。府警は、岡本容疑者がメールを送信したとみられる勤務先のパソコンのデータ

を解析中に消失したが、ほかに有力な手がかりを得て容疑性を裏付けたとしている。
 再逮捕容疑は平成21年12月11日~翌年2月21日、府内在住の20代の女性に対し、「お会い

したい。住所や会社、顔、体の全てを把握している。流出にご注意ください」などと書いたメールを5

回送り、面会を迫ったとしている。
 府警によると、岡本容疑者は女性が応じないため、最後は女性の免許証の写真を添付して、「ドアス

コープをご存じですか? 室外から室内の様子が手に取るように分かる。3日だけ待つ」というメール

を送りつけたという。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/495105/

 

うか。重要な証拠を消失させたのは過失だったのでしょうか。

 

 今後、この事件の焦点は「岡本容疑者がメールを送信したのか」になると思います。岡本容疑者が使

 

用していた会社のパソコンから被害者にメールが送信されていた事を立証できても、岡本容疑者がメー

ルを送信した立証にはなりません。他人が岡本容疑者のパソコンを使用してメールを送信した可能性が

 

あるからです。

 度々、メール送信されていることから、その可能性は低いと思われますが、岡本容疑者

 

側はその点を突いてくるのではないでしょうか。岡本容疑者の犯行を立証するのはなかなか難しそうで

す。

 

 大阪府警も脅迫で自白を強要するよりも、初めから証拠を積み重ていけば問題が生じなかったのに、

それをしなかったのは「手っ取り早く事件を片付けたい」という体質が染み付いているのかと疑ってし

まいます。
 これを機に公判まで視野に入れ、自白偏重から脱却できれば良いのですが。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 平成23年2月23日にエントリした「警部補暴言事件の途中経過 」

http://m8bolt.iza.ne.jp/blog/entry/2168121/)の続報です。
 岡本容疑者は2月22日に窃盗の容疑で逮捕されていますが、今回の逮捕は発端であるストーカー事

件(強要未遂事件)に関してです。
 先月の逮捕から黙秘を貫いているようですが、記事からすると旗色が悪くなってきましたね。暴言の

被害者であっても、それをもって強要未遂をしていない証しにはなりませんから、証拠を積み重ねられ

ると苦しくなります。

 

 ただ、この記事の中には気になる部分があります。「岡本容疑者がメールを送信したとみられる勤務

先のパソコンのデータを解析中に消失」の部分です。解析中に消失とありますから、削除されたメール

を復元する過程で起こったことと推測されますが、データ解析のプロが作業をしていなかったのでしょ

PageTop

前原外国人献金問題、不起訴処分になるのでは?

前原氏の在日外国人献金問題で、政治団体が京都地検に告発状を提出
 前原誠司前外相が在日外国人から献金を受けて辞任した問題で、政治団体代表らが、前原氏に対する

政治資金規正法違反罪の告発状を京都地検に提出したことが9日、分かった。
 提出は7日付。京都地検では「告発状は受け取ったが、正式に受理していない」としている。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110309/plc11030912220013-n1.htm

 

 

 違法行為があったことは本人も認めていて明らかですが、告発状が正式に受理されていないという事

ですので、書類不備などがあるのかもしれません。告発状作成に弁護士が関与していなかった可能性も

考えられます。
 今回は不受理でも、いずれ告発により、捜査しなければならなくなるでしょう。

 

 前原氏の献金問題が浮上して以来、前原氏の政治団体の収支報告書や過去の類似事例、献金者の氏名

、献金名は本名か通名か等を調べていました。調べに手間取っていましたが、その一部を韓国の新聞が

明らかにしてくれました。
 中央日報によると献金者は慶尚北道醴泉出身で韓国籍のチャン・オクプン(72)氏だそうです。ま

た、この韓国人女性は取材に「5年前に前原氏の広報物の中に寄付金を送る口座用紙が入っており、通

名で送金した」、「このお金は正直なところ政治資金とは思わなかった。家族ぐるみで親密に過ごしな

がら韓国人か日本人かを問うことなく慶弔時ごとに助け合う仲だ」と話しています。
 5年前から毎年、通名で5万円を献金していたのは確かなようです。何故、公表義務の無い上限の金

額5万円だったのでしょう。3万円でも6万円でも年によって献金額が違ってもよさそうなのに、毎年

キッカリ5万円です。何故5万円なのか、何も説明が無いので推測するしかありませんが、金額は誰か

に指示されていたのではないかと感じます。
 ネット上ではこの韓国人女性について、「京都市山科区椥辻の焼肉店「じゅん」経営の在日韓国人女

性(72)と夫は、民団北朝鮮系の「朝鮮総連」の両方に二股をかけて活動しており、当然、「外国

人参政権獲得運動」に参加している。」との情報が流れていますが、情報源は「板垣 英憲「マスコミに

出ない政治経済の裏話」」だけのようですので、真偽の程は良く分かりません。

 

 過去の類似事例を調べるとペパーダイン大学で有名になった古賀潤一郎氏の事件がありました。
 この事件の記事を下記に示します。
 「古賀潤一郎議員、韓国籍社長から献金 規正法違反の疑い」

http://www.asahi.com/special/koga/OSK200402160027.html
 要約すると、古賀潤一郎衆院議員共同通信が代表を務める政治団体が、在日韓国人2世のパチンコチ

ェーン社長から、計300万円の政治献金(通名献金)を受け取っていた。古賀氏は「社長が通名を使

用していたため、社長が在日韓国人とは全く知らなかった」、社長は「古賀氏に対しては友人として献

金した。外国人による献金が違法という認識は全くなかった。認識があれば献金するはずがない」と主

張。
 後に、この事件は福岡地検が「寄付者が外国人との認識を立証するのは困難」と不起訴処分になりま

す。

 

 この例と前原氏の場合を比較します。
 前原氏は「献金を受けていると認識していなかった」、韓国人女性は「自分からの献金を前原氏は知

っているわけがない」「違法とは知らなかった、知っていたら献金するはずがない」と発言しています

。古賀氏は「外国人だと知らなかった」、前原氏は「献金の事実を知らなかった」ですが、どちらも認

識が無かったのが共通です。一方、献金者はどちらも「違法の認識は無く、認識があれば献金していな

い」です。
 古賀氏の例から考えると、京都地検は不起訴する可能性が高いのではないでしょうか。大物政治家に

検察は弱いですし、献金の事実を知っていたと立証するのは面倒でしょうから。

 


前原誠司の政治資金に関するメモ
資金管理団体
「新緑会」
政党支部
民主党京都府第2区総支部」
関連政治団体
「まえはら誠司東京後援会」
「誠友会」
「まえはら誠司後援会青年部」
「まえはら誠司後援会婦人部」
「まえはら誠司後援会連合会」
「まえはら誠司左京後援会」
「まえはら誠司東山後援会」
「まえはら誠司山科後援会」
前原誠司を囲む会」

※ 「まえはら誠司東京後援会」は総務省、それ以外は京都府への届出。

 

総務省の政治資金収支報告書(平成21年分 定期公表)

http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/reports/SF20101130.html
京都府公報(
http://www.pref.kyoto.jp/kouhou/index.html

 

「まえはら誠司東京後援会」(平成21年分 定期公表)
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/101130/30740033.pdf

平成21年分京都府への届出分
http://www.pref.kyoto.jp/kouhou/resources/kouho_2226_1.pdf
「新緑会」77p
民主党京都府第2区総支部」60p
「まえはら誠司後援会青年部」175p
「まえはら誠司後援会婦人部」175p
「まえはら誠司後援会連合会」175p
「まえはら誠司左京後援会」176p
「まえはら誠司東山後援会」176p
「まえはら誠司山科後援会」177p
前原誠司を囲む会」177p

PageTop

図解 護衛艦さみだれに中国ヘリが異常接近

中国ヘリが海自艦に異常接近、政府が抗議

 7日午後1時25分ごろ、東シナ海の日中中間線付近で、中国国家海洋局所属とみられるヘリコプタ

ーが海上自衛隊の護衛艦「さみだれ」に水平距離約70メートル、高度約40メートルまで異常接近し

、さみだれの周囲を1周した。日本政府は外交ルートを通じ、事実関係の確認と危険行為に対する抗議

を行った。
 防衛省統合幕僚監部によると、中国ヘリが異常接近したのは沖縄本島北西約500キロ。東シナ海の

中央部にあたり、日中共同開発の協議対象であるガス田「白樺(中国名・春暁)」の近く。日本領空の

外側に設けられた防空識別圏の内側だった。
 接近したヘリの機体には中国国旗が描かれ、「中国 海監」との記載もあった。海監は中国国家海洋

局の海洋調査船であるため、ヘリも海洋局所属の可能性が高い。
---後略---
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/494766/


 現場海域を図示したのが下図です。

 日中中間線を大きく越えてしまっています。メルカトル図法ですから方位は正しくとも、距離は正し

くないのは分かっていますが、それにしても誤差が大き過ぎるような気がします。何が間違っているの

でしょうか。

 

 次に、異常接近と書かれていますが、距離を示されてもイメージがわかないので、縮尺を合わせて図

にしました。それが下図です。

 確かに、近いですね。異常接近なのが良く分かります。
 目的はハッキリしませんが、情報収集や示威行動でしょうか。

 ※中国のヘリコプターの機種が不明なのですが、海監でも使われているK-9ヘリコプターと推定し

ました。


◆護衛艦「さみだれ」

全長151m 全幅17.4m

 

◆K-9ヘリコプター

全長13.68m(ローター込み)
 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。