六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

尖閣領有権「中国の主張に理」とする具体的理由は?

NYタイムズ紙、またも尖閣問題は「中国の主張に理」

 沖縄・尖閣諸島をめぐり、以前から中国の主張に理解を示す記事を執筆している米紙ニューヨーク・タイムズのニコラス・クリストフ記者が、20日付同紙に再び「私の見解は、中国の領有権主張には揺るぎない歴史的根拠があるというものだ」とのコラムを掲載したことに対し、在ニューヨーク日本総領事館はこのほど、「尖閣諸島は日本固有の領土であり、極めて遺憾な内容」と抗議を申し入れた。また、佐藤悟外務報道官名の反論文が27日付同紙に掲載された。
 クリストフ記者は昨年9月にも、「中国の主張に分がある」「尖閣諸島の紛争で米国が日米安全保障条約を発動する可能性はゼロ」などの内容のコラムを執筆し、日本政府が抗議を申し入れていた。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/488654/

 

 

 ニコラス・クリストフ記者が主張する「中国の領有権主張には揺るぎない歴史的根拠がある」とは具体的にどの様なものであろう。ニューヨーク・タイムズの記事にも具体的根拠は書かれていなかったのであろうか。書かれているなら是非ともその内容が知りたい。

 

 私の知る限り、中国の主張は「明代の書物に釣魚台の文字がある」とか「冊封使の報告書に釣魚台を目印に航行したとの記述がある」、「仙台藩士林子平の著作物に尖閣諸島が中国大陸と同じ色で彩色されている」である。調べても、それ以外を知ることは出来なかった。
 クリストフ記者の主張は前記以外のものであろうか。
 前記の主張であると中国は明代に尖閣諸島の存在を知っていたことを示してはいるが、それ以上ではない。上陸をしていないし、領有の意思も行為もしていないのだが。

 

 ニコラス・クリストフ記者の経歴を検索すると、ニューヨーク・タイムズ東京支局長を経験したアメリカ人ジャーナリストだそうである。妻は中国アメリカ人三世のシェリル・ウーダンで、天安門事件の報道でピューリッツアー賞を妻と共に受賞し、ダルフール虐殺事件でも同賞を受賞している。
 妻の影響があるのだろうか。それとも朝日新聞の反日が感染したのであろうか。(ニューヨーク・タイムズ東京支局は朝日新聞東京本社にある)。

 

 若し、クリストフ記者の主張が荒唐無稽ものだとしても一笑に付すのは危険だ。蒋介石は外国人を買収して宣伝工作に利用し、日本の外交に打撃を与えたことを忘れてはならない。放置すると日本の国際的立場が悪くなるだけだ。
 そもそも、尖閣諸島問題が顕在化したのは1971年のアメリカ在住中国人による反日デモが発端であり、台湾、中国がその年の内に領有権を主張するに至った。当時はまだ尖閣諸島はアメリカの統治下にあった。そのアメリカ本土で中国人が自発的にデモを起こしたとは言い切れまい。その裏に台湾又は中国政府の影があったとしてもおかしくは無いだろう。

 

 中国政府は1970年まで尖閣諸島を日本の領土と認めていた。それまでの中華人民共和国発行の地図では日本領となっていたのである。
 外国の図書館に1970年以前の中国発行の地図が所蔵されてはいないだろうか。若しあるのならば、その国のジャーナリストに発見させるように誘導することで、国際世論を有利に出来るのだが。
 

スポンサーサイト

PageTop

タイムの好感度調査を元にした中国の記事

タイムの好感度調査を元にした中国の記事

 

 「朝日将軍の執務室」様のブログエントリの『「日本のイメージは世界最高」…中共で「なぜだ!?」>日本は気前がよく、格好いいからさ』で中国の国際好感度を取り上げていらっしゃいました。
 興味深く拝読されて頂く内に調査国と調査対象国を知りたくなり、検索してみました。結果は分からなかったのですが、その代わりレコードチャイナに興味深い記事を発見しました。

 

 「朝日将軍の執務室」様が取り上げているのはサーチナの記事なのですが、レコードチャイナの記事と比較してみます。

 

サーチナ 2011/01/28(金) 17:48
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0128&f=national_0128_152.shtml
国際アンケ「日本のイメージは世界最高」…中国で「なぜだ!?」
前略。
 タイム誌は56カ国に住む12万人を対象にアンケートを実施し、世界の主要20カ国の国際イメージをランク付けした。トップは日本で77点を獲得。以下、ドイツ(72点)、シンガポール(71点)、米国(64点)の順で、中国は62点を獲得して第5位だった。日本は2007年から4年連続で第1位だった。
後略。

 

レコードチャイナ 2009-04-04 16:26:00 配信
http://www.recordchina.co.jp/group/g30174.html
親日でなくても理解できる、日本の好感度が世界1位の理由―中国ブログ
前略。
 この調査は世界56か国12万人を対象に実施したもの。世界20か国の好感度をみると、1位日本(77%)、2位ドイツ(72%)、3位シンガポール(71%)、4位米国(64%)、5位中国(62%)の順。同ブログは「中国の好感度は3年連続で5位止まり。一方、日本は2007年から連続で首位をキープ」などと説明したうえで、次のように分析している。
後略。

 

 サーチナの記事は2011年配信で「2007年から4年連続で第1位」とあることから、2010年の調査結果なのが分かります。
 一方、レコードチャイナの記事は2009年配信で「2007年から連続で首位をキープ」とあることから、2008年若しくは2009年の調査結果と推測されます。

 

 どちらの記事もタイム誌のアンケートを元にしたものです。調査国数、調査対象国数、調査人数が同じなのは理解できるのですが、調査結果が全く同じです。異なる年の調査が順位ばかりか、割合まで同一なのです。その様なことがあるでしょうか。複数年の調査結果が全く同じことも可能性として無いとは言えませんが、合理的に考えれば、「両記事とも同一年の調査結果を使用している」とするのが妥当と思います。
 どうして、この様なことが起こったのでしょうか。レコードチャイナの記事には「2009年4月3日、中国のポータルサイト「新浪」のブログページに、「日本の好感度が世界1位なのはなぜか」という題の文章が掲載された。」とあり、サーチナの記事には「中国の軍事情報メディア「鼎盛軍事網」は27日付で、「なぜ日本の国際イメージは世界トップなのか?」とする記事を掲載した。」とあることから、次の様な事が起きたのではないかと推測されます。
 2009年に「新浪」のブログに「日本の好感度が世界1位なのはなぜか」が掲載され、レコードチャイナが紹介記事を書いた。その後、ブログ又は記事を2011年に軍事情報メディア「鼎盛軍事網」が剽窃した。その記事をサーチナが紹介した。「2007年から4年連続で第1位」の部分は「鼎盛軍事網」又は「サーチナ」が創作した。
 大体このストーリーで間違っていないと思います。
  
 「ネットには間違った情報が多いので鵜呑みにしてはいけない」とよく言われます。確かにその通りだと思います。しかしながら、ネットが普及していなかった時代にはメディアの記事を素人が簡単に検証することは出来ませんでした。それでも全てを検証出来る訳ではありませんが。
 ネットを妄信するのは危険ですが、かといってマスコミを妄信するのも危険です。結局は自分で考え、見極めるのが重要なのでしょう。ツールはあるのですから。

 

 ちなみに、タイム誌の調査国と調査対象国をご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教示いただけると幸いです。

PageTop

サッカーアジア杯韓国戦

日本の決勝の相手はオーストラリア アジア杯
 日本が韓国を2-2からのPK戦で下して決勝進出を決めたサッカーアジア杯で25日、準決勝の残り1試合が行われ、豪州ウズベキスタンに6-0で圧勝して初の決勝に駒を進めた。前半に2点を奪った豪州は後半に退場者を出した相手にたたみかけ、4点を追加した。29日午後6時(日本時間30日午前0時)の決勝で日本と対戦する。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/soccer/488170/

 

長谷部、遠藤は「問題ない」 アジア杯日本代表
 韓国戦で消耗が激しかった長谷部や遠藤、本田圭らはストレッチ後のランニングに加わらず、練習場の室内で軽い調整。両足をつった長谷部は「ふくらはぎ、太ももと全部。5、6年ぶりくらい」と自身でも驚いた様子ながら「(決勝まで)3日あれば問題ない」と強調した。遠藤も「次の試合は問題なくいける」と元気な表情。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/soccer/488286/

 

香川は骨折、決勝出場は絶望的
 日本サッカー協会は26日、アジア杯準決勝の韓国戦で右足を負傷したMF香川真司ドルトムント)が右第5中足骨骨折と診断されたことを明らかにした。全治は不明だが、29日(日本時間30日未明)の豪州との決勝に出場するのは絶望的となった。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/soccer/488295/

 

 

 韓国戦は川島がPKを3本とも阻止し、ヒーローになったが、長友、本田圭が非常に良かった。本田圭はカタール戦で精彩を欠いていただけに大丈夫かなと思っていたが杞憂であった。
 FW陣の前田、岡崎も持ち味を発揮し、十分の活躍であった。
 その代わり、香川、遠藤、内田が精彩を欠いていた。骨折していたのでは香川の動きが悪かったのも当然か。遠藤は疲労が蓄積しているためか。

 

 この試合、特筆すべきは本田拓也であった。終了間際、長友、本田圭が相手陣内で懸命に時間稼ぎをしている中、フリーでボールを受け取ったにも係わらず、ダイレクトで前にパスを出し、相手にボールにした上に、失点につながったペナルティエリア近くでの不用意なファウル。状況を全く理解していないプレイに驚きと怒りを覚えた。
 緊張で舞い上がってしまったのかと思い、さぞかし反省してるものと思っていたら、試合後のコメントを見る限り、そうではなかったようだ。
 本田拓也のコメントは次の通り。「いやぁ、まじ危なかったですよ。あの状況で入るなんて。入って同点になってマジやばいって。最初は李選手が入る予定だったんですよ。でも長谷部選手の足がつっちゃったので、急きょ入ることになって、その時点でアップしろっていわれたんで。最後のフォーメーションを伊野波選手は『5バック』と言っていました。でも、見た感じ、今野選手が余っていてリベロみたいになっていて、1-4-3-2みたいになってました。PKは6番目かなって感じでした。みんな蹴りたがっていなかったから。ともかく勝ってよかったです。僕が入ってたのに最後は同点に追いつかれたので、しっかり守り切りたかったのですが、まだ修正点もあると思いますし、これからやらなければならないこともあると思いますが、次の試合にしっかり勝って終わりたいと思います」
 あっけにとられた。反省云々以前に自分のプレイ内容を理解してない様子。Jリーグで頭角を現し、代表に呼ばれたのだろうが、しばらく代表選は難しいかもしれない。

 

 次のオーストラリア戦は香川が出れず、苦しくなるが、頑張れ日本代表。

PageTop

電子タバコ 32

有線MODの製作(5)

 

 有線MODの製作(4)の続き。

 

◆完成まで

●材料
AC/DCアダプタ
DCジャック
平行コード(VFF0.3)
ビニルキャップ

 

★製作手順
1)上部円筒と下部円筒をホットメルトで接着する。

2)平行コード、コードを配線図通りにハンダ付けする。

3)接続部をテープで絶縁する。

4)樹脂パイプにコードを押し込む。

5)ビニルキャップを樹脂パイプに押し込む。
6)アルミテープを巻いてみる。

7)DCジャックに平行コードをハンダ付けする。
8)ビニルキャップで被い、絶縁する。

9)AC/DCアダプタにDCジャックを接続し、カートリッジを取り付け、完成。

 

★完成写真

 

PageTop

電子タバコ 31

有線MODの製作(4)

 

 有線MODの製作(3)の続き。

 

◆下部円筒部の製作

●材料
樹脂パイプ(外径Φ10、内径Φ6.5、長さ70)
コード
押しボタンスイッチ

 

★製作手順
1)押しボタンスイッチにコードをハンダ付けする。

2)樹脂パイプにΦ4の穴を開ける。

3)押しボタンスイッチが入るように樹脂パイプ内径を拡張する。

4)上部円筒部からのコードをΦ4の穴に入れ、端面に出す。
5)樹脂パイプに押しボタンスイッチを押し込む。

PageTop

尖閣衝突事件の結末

元海上保安官、中国船船長とも起訴猶予
 沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突をめぐる映像流出事件で、東京地検は21日、国家公務員法(守秘義務)違反容疑で書類送検された一色正春・元海上保安官(44)=依願退職=を不起訴(起訴猶予)処分とした。那覇地検も同日、公務執行妨害容疑で逮捕され、処分保留のまま釈放された中国人船長(41)を起訴猶予処分とした。一連の事件の捜査は事実上終結した。
 東京地検は流出映像について、刑事事件の証拠であり、同法の「秘密」に当たると認定。しかし、海上保安庁の映像管理が不十分で入手は偶発的なことや、利益目的ではないことなどから、犯行は悪質ではないと判断した。
 一方、那覇地検は船長について、衝突された巡視船の損傷は航行に支障を生じるものではなく、負傷者がいなかったことなどを起訴猶予の理由に挙げた。今月20日に石垣海上保安部から追送検を受けた外国人漁業規制法違反容疑についても起訴猶予とした。
 那覇地検は勾留期限前の昨年9月25日、「日中関係を考慮する」などとして処分保留で釈放し、船長は帰国していた。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/486945/
一部抜粋

 

最後まで「日中関係」言及避ける 起訴猶予で最高検会見 尖閣事件
 21日午後4時半から東京・霞が関の法務・検察合同庁舎で行われた最高検の記者会見。中国人船長を起訴猶予とした理由に「日中関係への配慮は理由に含まれないのか」と確認する質問が相次いだが、田内正宏公安部長は、最後まで「日中関係」への言及を避け続けた。
 船長釈放時の那覇地検の会見で、次席検事は「日中関係を考慮」と述べていた。これについて、田内部長は「引き続き(船長の)身柄を勾留する必要があるかという判断に当たって、日中関係に言及した」と説明。映像流出事件の元海上保安官の処分が同じ日となったのは「処分できる時期が近接していたため」と釈明した。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/487024/
一部抜粋

 


 iZaの記事には起訴猶予処分についての詳しい理由が記載されていないので、日本経済新聞から引用する。(http://www.nikkei.com/tech/news/article/g=96958A9C93819695E0E3E2E6E28DE0E3E2E3E0E2E3E39191E3E2E2E2;da=96958A88889DE2E0E2E5EAE5E5E2E3E7E3E0E0E2E2EBE2E2E2E2E2E2
 元海上保安官の不起訴理由
 (1)海保の管理が不十分(2)映像の入手方法は悪質でない(3)利欲的な犯行ではない――などを考慮。海保の処分を受け依願退職していることも踏まえ「刑事処分は妥当ではない」。
 中国人船長の不起訴理由
 (1)既に中国へ帰国している(2)逃走するためには巡視船に衝突してもいいという程度の意思しか認められず、計画的ではない(3)巡視船の損傷は、航行に支障がなく、乗組員にもけががない。

 

 映像流出事件は不起訴となったことで、流出映像が「秘密」であったのか裁判で判断されなくなった。検察が「秘密」に当たると認定しただけに終わった。
 裁判になれば秘密性が争われるのは明らかで、検察は「誰が何時何を機密に指定し、誰に命令したのか」「その命令がどの様に処理され周知徹底されたのか」等、明らかにし「秘密」であることを立証しなければならなかった。公判の過程で様々な証拠が公開され、当時の大臣達の証言も有ったかも知れない。
 元海上保安官には悪いが、色々な事が明らかになる可能性があっただけに残念であった。検察としては面倒な事件であったために、初めから起訴するつもりはなかっただろうが。

 

 中国漁船衝突事件発生当初、検察は中国人船長を勾留した。被疑者を勾留するには要件を満たさなければできないことである。勾留要件は犯罪の嫌疑、勾留の理由、勾留の必要性であり、勾留の理由には住居不定、罪証隠滅のおそれ、逃亡のおそれがある。中国人船長は住居不定ではないし、漁船を抑えられている状態で罪証隠滅など出来るはずも無い。よって、勾留の理由は逃亡のおそれだったことは明らかだった。
 それにもかかわらず、検察は処分保留で釈放してしまい、案の定、中国人船長はさっさと帰国してしまった。釈放すれば帰国することなど検察も十分理解していたはずである。
 それなのに、中国人船長の不起訴理由の一つに中国への帰国を挙げるなど、なんという厚顔無恥。その原因を自分達が作ったとは微塵も思っていないのであろう。

 

 事件事務規程(法務省訓令)第72条では起訴猶予は「被疑事実が明白な場合において,被疑者の性格,年齢及び境遇,犯罪の軽重及び情状並びに犯罪後の情況により訴追を必要としないとき。」とある。中国人船長の行為はこれに該当するのであろうか。社会的制裁を受けている訳でもないし、謝罪や反省をしている訳でもない。もちろん、賠償もしていない。これが刑事処分するまでもないことなのか。

 

 今回、不起訴が決まったことにより、中国漁船衝突事件は確実に検察審査会に審査申し立てされるだろう。高い確率で起訴相当の決議が出されるのが予想される。強制起訴になることも十分ありうる。強制起訴になったとしても中国と犯罪人引渡し条約を結んではいないので、中国人船長が入国しない限り起訴できないのであるが。
 ただし、船長は国外にいる為、時効は停止される。事件が終わることはない。しかし、結局事件は風化し、忘れ去られるのだろう。非常にむなしい。

PageTop

電子タバコ 30

有線MODの製作(3)

 

 有線MODの製作(2)の続き。

 

◆上部円筒部の製作

●材料
樹脂パイプ(外径Φ10、内径Φ6.5、長さ80)
コード
タッピングビス2x6

 

★製作手順
1)発光部Φ1.5の穴2つとΦ3の穴を開ける。

2)1)の穴の反対側にΦ4の穴を開ける。

3)樹脂パイプのΦ3の穴の側の端面に空気溝を作る。

4)Φ3の穴にハンダを流し込み、コードを接合する。

5)この側の樹脂パイプの内側にM7の雌ネジを切る。

6)雌ネジにカートリッジを捻じ込み、接触するまで接触子を押し込む。

7)ビスで接触子を固定し、Φ4の穴からコードを出す。

8)発光部を樹脂パイプに押し込み、接着する。コードはΦ4の穴から出す。

PageTop

小沢不起訴は不当だったと言いたいのかな

石川被告の「誘導」録音、小沢氏の公判への影響は?

 

 再聴取時の録音記録などを基に「自白」の任意性、信用性を争う方針の石川知裕被告。小沢一郎氏の関与を認めた「石川供述」は検察審査会が起訴議決を出すにあたり重視しており、録音記録は小沢氏本人の公判にも影響を及ぼす可能性がある。ただ、法務・検察内では、「違法性はない」との見解で一致している。
 石川被告の関係者によると、録音したのは昨年5月17日に東京・霞が関の法務・検察合同庁舎で行われた約5時間の再聴取の様子。検察審査会が昨年4月に小沢氏について起訴相当と議決したのを受け、東京地検特捜部が石川被告に要請した任意の事情聴取だった。
 石川被告は逮捕勾留中の取り調べで、政治資金収支報告書の虚偽記載について「小沢先生に報告し、了承を得た」と供述していたが、再聴取では「記憶にない」と否定した。これに対し、検事は「供述を変えると、小沢氏からの圧力があったと検審の印象が悪くなり、小沢氏が強制起訴される」と言ったという。
 陸山会の土地購入費に充てられた小沢氏からの借入金4億円については「表に出せない金だと思って隠した」と供述していたが、再聴取では「違法な資金と思わなかった」と供述を翻した.
 最終的に、石川被告は捜査段階の供述を維持する調書に署名した。
 検審は昨年9月の起訴議決で、石川被告が再聴取でも小沢氏の関与を認める供述を維持した点を重くみており、小沢氏の公判で「石川供述」の信用性は最大の争点になる。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/486638/
一部抜粋

 

 小沢氏強制起訴までの過程をまとめる。
検察が小沢氏不起訴

昨年4月、検察審査会起訴相当議決

起訴相当議決を受け、検察が再捜査
石川被告に再聴取(録音はここでのこと)

検察が再び小沢氏不起訴

昨年9月、検察審査会が2度目の起訴相当議決

 

 石川被告は供述調書の信用性を揺るがし、捜査の信頼性を貶める目的で録音を公開したものと思われる。確かに、捜査の信頼性を落とすことにはなるだろう。
 しかし、「供述を変えると、小沢氏からの圧力があったと検審の印象が悪くなり、小沢氏が強制起訴される」の件は検察が小沢氏を不起訴にしたいという意思があったことを示すものである。実際、検察は再び不起訴にしている。これでは捜査の結果、証拠不十分で不起訴にしたのではなく、初めから不起訴にする方針で形ばかりの捜査をしたと言っているのに等しい。与党の大物政治家だから不起訴にしたとの疑惑を生む。
 現実として検察は与党の大物政治家には手を付けたくないのだろう。鳩山前首相の偽装献金事件では鳩山前首相にも母の安子さんにも事情聴取せず、上申書提出で済ませている。また、郵便不正事件では石井一議員に事情聴取しないまま対象から外した。

 

 この公開により、石川被告は自身の裁判を有利にする事は出来るかもしれないが、小沢氏の不起訴判断は不当であり、「小沢氏は法の下に平等に扱われていない」と印象付けてしまったのかもしれない。
 

PageTop

電子タバコ 29

有線MODの製作(2)

 

 電子タバコ24「有線MODの製作(1)」で示した図に従い、有線MODの製作を始める。

 

◆接触子の製作

●材料
透明パイプ(外径Φ6、内径Φ4、長さ15)
銅線Φ0.9
銅線Φ2
コード

 

★製作手順
1)銅線Φ2に銅線Φ0.9を巻き付ける。

2)1)全体をハンダでロウ付けし、コードも接合する。

3)ヤスリで整形する。

4)3)を透明パイプに差し込み、エポキシ接着剤で接着する。

 

 

◆発光部の製作

●材料
LED
抵抗(330Ω)
透明パイプ(外径Φ6、内径Φ4、長さ20)
コード

 

★製作手順
1)LEDに抵抗、コードをハンダ付けする。

2)露出部にテープを巻き、絶縁する。

3)2)を透明パイプに差し込み、接着する。

PageTop

電子タバコ 28

蒸留(1)

 

 電子タバコ(27)「蒸留装置の製造(3)」で製造した蒸留装置を使い、試験的に蒸留を実施した。

 電子タバコ(23)「電子タバコのリキッド製造(12)」で辛味抽出液3を作る際に出た、濾過後のアルコール漬けの残滓が残っていたのでそれを利用した。

 

◆蒸留手順
1)圧力鍋に水だけを入れ、ホースを繋ぐ。
2)鍋を加熱し、ホースから蒸気を出す。
3)蒸気からホース臭がしなくなったら予備蒸留終了。
4)鍋に残ったお湯を捨て、新たに少量の水と残滓を投入する。
5)鍋を加熱し、ホースから蒸気が出るまで待つ。
6)蒸気が出たらコーラ缶とサイダー缶(冷却水注入済み)の間にホースを差し込む。
7)コーラ缶を容器に溜めた冷却水に浸ける。
8)容器の冷却水を撹拌し続ける。
9)鍋の水が無くなったところで終了。蒸留水を取り出す。

 

◆結果
 75ccの無色透明の蒸留水を採取できた。

 アルコール漬けの残滓はシナモン臭を主とした強い臭いがあったが、蒸留水は僅かなシナモン臭がするだけで無味であった。
 唯の水と殆ど変わらないのでリキッド製造には使えないと判断した。

 今回は冷却水に水を多めにした雪との混合物(流動性がある)を用いたうえに、撹拌したことで冷却効果が上がり、缶から漏れる蒸気が少なくサイダー缶の温度もさほど上がらなかった。撹拌は効果的であることが分かった。
 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。