六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「わたしたちが正しい場所に花は咲かない」 狂信的にならないための自戒

 2014年7月22日のダ・ヴィンチニュースに以下の記事が掲載されていた。

*****************************
原発、集団的自衛権、ヘイトスピーチ…誰もが成りうる狂信主義とどう向き合えばいいのか?
http://ddnavi.com/news/201315/
~~ 略 ~~
 “わたしたちが正しい場所に花はぜったいに咲かない 春になっても。
  わたしたちが正しい場所は踏みかためられて かたい 内庭みたいに。”
――イェフダ・アミハイ「わたしたちが正しい場所」より

 エルサレム生まれのイスラエルの偉大な作家であり、平和運動団体「シャローム・アクシャヴ(今こそ平和を)」の創設メンバー、アモス・オズ氏の著書『わたしたちが正しい場所に花は咲かない』(村田靖子:訳/大月書店)を手にしたのは、ちょうどその時期。子ども時代をエルサレムで過ごし、中東をめぐる社会評論で国際的に評価されている同氏は、自らを「比較狂信主義学の専門家」と呼ぶ。同書では狂信主義とは何か、また、それがなぜ起こるかについて書かれてある。

 同氏はアメリカ同時多発テロ事件を例に出し、「これは、狂信者、つまりどんな目的であれ、その目的のためならどんな手段をとってもいいと考える者たちと、一般のわたしたち、つまり生きること、あるいは命がいちばん大切で、命を手段として使おうなどとはさらさら考えない者とのあいだの争いなのです」と言及。「狂信主義者と現実主義者のあいだの古くからある争いです。狂信主義と複数主義の争い。狂信と寛容の争い」。この文節は、そのまま、東日本大震災以降の日本社会にも当てはまるように思われる。

 狂信主義の神髄には、自分の主義・主張だけが正しく、他人をなにがなんでも変えてやりたいという願望がある。狂信者は、同調主義や意見の統一が絶対であるがゆえに、独善的な行動を取ることを厭わないのだ。

 また、狂信主義は伝染しやすく、変する者は裏切り者ととらえる。よって仲間内での分裂を起こしやすい。その紛争が善と悪の戦いではなく、互いが絶対と信じる正義と正義のぶつかりあいであれば、より理解し合うのは難しい。相手を殺してでも自分の主義・主張を飲み込ませたいという者が出てきてしまう。

 狂信主義の治療薬があるとするなら唯一、ユーモアのセンスだとオズ氏は主張する。「ユーモアの一つの要素は自分自身を笑うことです。ユーモアとは相対主義。ユーモアとは人が自分をどう見ているかがわかる力。ユーモアとは、たとえどんなに自分が正しかろうと、どんなに間違っていようと、人生にはいつでも、必ず少しだけ可笑しい面があることに気づく力。自分が正しければ正しいほど、自分が可笑しく見えてくる」。

 狂信者のメンタリティーの根はひどく感傷的で、同時に想像力を欠如しているからこそ、たとえわずかでも希望がもてる。「もしこういう人たちの心に想像力を注ぎ込んでやれば、それが功を奏して狂信者もそうそう自分のいうことがぜったいに正しいとは思えなくなる」。また、大きな夢から生まれたものは、やがて失望や幻滅に変化していくという、夢の特性について知ることも大事だ。

 「よい垣根はよい隣人をつくる」ということわざがあるように、オズ氏はイスラエル対パレスチナ問題についてかたくなに二国家解決法を主張している。異質な者どうしが、どう隣り合わせで暮らすか。決着をつけず、不確実なものをかかえながらどう共存していくか。黒白をはっきりとつけたがるのは、狂信者たちの悪い癖だ。国家の在り方のみならず、夫婦関係、親子関係など、すべての人間関係について考える時、オズ氏の皮肉まじりのユーモアが不思議と心を鎮めてくれる。
*****************************

 人は誰しも何かを信じて生きている。だから、程度の差こそあれ、誰もが狂信者的な部分を持っている。
 自分の意見を否定されれば、反論もしたくなるだろう。特別なことではない。だが、一歩引いて考え直してみることも大切だ。
 自分の意見に矛盾は無いか、固執していないか、感情に支配されていないか・・・等など。反論する前に考えてみる。それを忘れれば、エキセントリックな狂信者への道を歩んでしまい、より良き答えからは遠ざかる。

 自戒の念をこめてこの記事をエントリーした。

スポンサーサイト

PageTop

洞爺湖のトッシー?

 撮った写真をパソコンに移してチェックしていたら、変な物が写っていることに気付いた。
トッシー1

 何が変なのか、分かるように赤丸を付ける。
トッシー2

 写真は、洞爺湖を黄色の丸の辺りから矢印方向を写した物で、岸と中島の間には何も無いはずなのに黒っぽい物体が写り込んでいる。位置関係からすると、かなり大きい物のようだ。洞爺湖には、大きな遊覧船も就航しているが、白い色で形も違う。すると、これは何だろうか。
トッシー3

 「UMA 洞爺湖」で検索すると、「トッシー」がヒットした。ウィキペデアの「湖の怪物」の項にも出ている。
 「不思議生物・UMAコレクション」というサイトによると、トッシーは、洞爺湖で目撃された海獣UMAだそうだ。このサイトには、以下の情報が記載されている。
◆目撃証言
1946年、国鉄職員の男性が洞爺湖の湖面を遊泳する謎の生物を目撃した。
1978年、湖の中央にある弁天島付近に、人間程の大きさがある丸太のようなものが立っているのが目撃された。その物体は左右にクネクネ動きながら視界から消えたという。
◆「トッシー」の特徴
目撃証言から、丸太が立ったような姿で、クネクネと泳ぐと言われている。
◆正体は?
目撃証言が他の地方のUMAより非常に少なく、誤認説や巨大魚説などが挙げられているよ。

 また、「山口敏太郎のUMA図鑑」には、トッシーは、一時期、屈斜路湖の「クッシー」や池田湖の「イッシー」と並び称された「湖の巨大未確認生物」だったそうだ。だが、最近は目撃されておらず、湖を渡るエゾシカを誤認したとする説、湖底の倒木が天然ガスにより噴き上げられたという説、ウナギなどの魚類が巨大化したものとする説などが唱えられている様だ。ただ、アイヌの神話にも「サスソモアイェプ」という湖沼にすむ大蛇の姿をした邪神が出て来るそうで、大昔にトッシーが目撃され、サスソモアイェプの原形になったとも考えられる。ちなみに、この邪神の姿はヘビのようで、背中には翼を持ち、目と口は赤く縁取られており、この邪神が通った後はひどい悪臭ですべての生物は死に絶え、草木はことごとく枯れ落ちてしまったと伝えられているとのことだ。

 この写真に写っている物体は、はたして「トッシー」なのか。UMAなのであろうか。


///////////////////////
洞爺湖の海獣UMA「トッシー」
http://narimichi.jp/entry/1394
【UMA図鑑(43)】「洞爺湖のトッシー」の正体はアイヌ伝説に残る大蛇の姿をした邪神!?
http://www.tokyo-sports.co.jp/blogtalent-yamaguchi/316/

続きを読む

PageTop

CMのベタ踏み坂



 ダイハツ・タントカスタムのCMの「ベタ踏み坂」、てっきりCGだと思っていましたが、実在する橋だそうです。その橋は、島根県と鳥取県の間に架かる「江島大橋」。
江島大橋1

江島大橋2

◆江島大橋
区間:鳥取県境港市渡町~島根県松江市八束町江島
工事期間:平成9年度~平成16年度
事業費:約230億円
構造:橋脚と橋桁が一体となったPCラーメン構造
全長:1.7km(うち橋梁部1446.2m)
高さ:水面から約45m(中央部)
最大橋脚間隔:250m(中央部)
幅員:標準部11.3m、非常駐車帯部15.3m
縦断勾配:江島側6.1%、渡側5.1%
制限速度:40km/h

 CMに映っているのは江島側で、とんでもない傾斜に見えますが、勾配が6.1%ということは約3.5度の傾斜です。それ程でもないですね。別角度から見るとそれがよく分かります。
●CM映像
江島大橋3

●上空から(左が江島側)
江島大橋4

●海上から
江島大橋5

 道路構造令で規定されている道路最大勾配(普通道路)は9%で、設計速度が40km/hの場合は7%(普通道路)です。ですから、この程度の傾斜の坂道は珍しくもありません。天空に伸びて行っているような感じがインパクトを与えていますが、スキー場のゲレンデで言えば緩斜面です。周りに地面が無いために遠近感を狂わし、余計に急勾配に感じさせるのでしょう。

 この江島大橋から西側に直線距離で50km程行くと出雲大社があります。現在の出雲大社本殿は、1744年に造営され、高さ約24mですが、平安時代の出雲大社本殿は約48mもあったそうです。950年頃に書かれた「口遊(くちずさみ)」という本には、東大寺の大仏殿よりも高いとの記述があります。
 江島大橋の中央部の高さが約45mですから、平安時代の出雲大社本殿と同じくらいの高さです。昔の本殿は、江島大橋のように見えていたのかもしれませんね。

●平安時代の出雲大社本殿を再現したイメージ図
江島大橋 平安出雲大社


 FC2に慣れるため、写真や動画を載せたエントリをアップしてみましたが、イザ!とは勝手が違いなかなか大変です。

//////////////////////////
ダイハツ公式 タントカスタム 坂篇 30秒ver
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=xySyTUJujhQ
江島大橋の概要
http://www3.pref.shimane.jp/houdou/files/3FC68CB9-4F24-46E5-9718-24A993F9C804.pdf
道路最大勾配
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/road_slope.html

PageTop

イザ!ブログ停止まで2ヶ月

 「イザ!」のトップページのデザインが変わりました。ニュースを開いてもブログの表示はされなくなったようです。ブログ閉鎖に向けて着々と進んでいるのでしょう。
 
 このブログも年内いっぱいで停止になります。他のイザブロガーの方々は引っ越し先を確保し、ブログを継続するようですが、私は迷っています。幾つかのブログサービスを覗いてみましたが、使い勝手や雰囲気などが合っている良さそうなブログサービスが見つかりません。
 当ブログは過疎ブログなので、エントリーを楽しみにしている方はいないでしょうし、このままフェードアウトしても惜しむ人はいないでしょう。イザブログと共に消え去るのもいいかもしれません。
 
 思えば、イザにやって来た切っ掛けは福島香織さんの「北京東京趣聞博客」でした。当初は福島さんのエントリーを読むだけだったのですが、なんらかの切っ掛けでご隠居さんの「こりあうぉっちんぐ」を読むようになり、よもぎねこさんの「よもぎねこです♪♪」でアンカーの動画を見るようになりました。
 初めはブログを開設するつもりなど無かったのですが、コメントを書き込むためにはイザIDが必要だったことと、色々な方がブログを開設している様子を見て、「試しにやってみるか」と思い立ったのが始まりでした。ですから、ブログ名や名前も特に意味はありません。ブログ名の「六丈記」は本棚に有った「方丈記」をもじっただけです。名前の「ボルト」も手元にボルトがあったから、これでいいかと付けました。
 この様に適当に始めたブログですが、もう丸3年になりました。この間、ブログの世界について色々と勉強させていただきました。ブログ紹介文に「皆もすなるブログといふものを、我もしてみむとて、するなり。」と書いていますが、当初の開設目的はこの通りでした。もう十分目的は果たしたと思います。内容の乏しい雑文を書くのを止める潮時なのかもしれません。
 

PageTop

長年の勘違いに気付く(ボーンチャイナのこと)

 ネットサーフィン(死語?)をしていると予期しない知識を得ることがあります。
 先日のこと、初めは土器について調べていたのに、いつの間にか西洋食器に関するページを読んでいました。そこにはボーンチャイナの記述がりあり、長年の勘違いを気付かされました。
 
 大航海時代以降、中国からは陶磁器が、日本からは漆器がヨーロッパに輸出されたことから、英語で陶磁器のことを「チャイナ(china)」、漆器のことを「ジャパン(japan)」と呼ぶと教えられたことがあります。実際は陶磁器のことをchinaと呼ぶのは一般的なようですが、漆器はlacquerwareが一般的で、japanはあまり使われていないようですが。
 その様に教わったものですから、ウェジウッドなどのボーンチャイナとは中国の技法を模倣して作られた物だと思っていました。「born(in)china」だと思っていたのです。
 ところが、ボーンチャイナのボーンとは骨(bone)のことだと言うじゃありませんか。英語表記だと「bone china」だったのです。
 ボーンチャイナとは原料に牛のボーンアッシュ(骨灰)を加えた磁器のことで、18世紀のイギリスで開発され、原料には牛の骨灰、カオリン、硅石、長石、蛙目粘土などを使用しているとのこと。骨灰磁器またはリン酸磁器とも呼ばれるようです。また、骨灰は牛骨灰でなくてはならず、他の動物の骨灰では作ることが出来ないそうです。何故、牛骨灰に限定されるかというと、牛骨の成分が他の動物の骨に比べリン酸カルシウムの含有量が多く、鉄分が少ないことが製造に向いているのだとか。
 
 ボーンチャイナは高級西洋食器メーカーのウェジウッドが製造している物ですので有名ですが、ニューボーンチャイナという磁器があるのをご存知でしょうか。私は勘違いを気付かされたサイトで初めて知りました。ボーンチャイナに「ニュー」が付いているだけですので、ボーンチャイナを改良した物と思いきや、別物なのだそうです。
 ニューボーンチャイナはボーンチャイナの風合を表現するために独自の手法で作られた物だとか。1961年に岐阜県のメーカーによって開発され、牛骨灰や燐酸カルシウムを一切含まない磁器のようです。ニューボーンチャイナの英語表記は「new bornchina」で、「bone」ではなく「born」ですから、「新しく誕生した磁器」という意味だそうです。
 ボーンチャイナのボーンは「骨」なのに、ニューボーンチャイナのボーンは「誕生」。カタカナ表記する日本人ならではでしょうけど、ややこしいですね。
 
 この先も西洋食器関係の本を読むことは無いでしょうから、インターネットをしていなかったら勘違いに一生気付かずにいたことでしょう。
 インターネット革命なんていう言葉は聞かなくなりましたが、この言葉が盛んに使われていた当時は「インターネットは人々と知の距離を縮める」なんて言われていたように記憶しています。なんだか、それを思い出しました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。