六丈記2

備忘録のようなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

麻原彰晃は朝鮮系という噂

 「麻原彰晃の父親は在日朝鮮人」という話をネット上で何度か目にしたことがある。真偽不明な情報なので気にも留めていなかったが、「TOCANA」が麻原在日説を取り上げていたので、麻原在日説について考えてみる。

 「TOCANA」は、「宝島30」(1995年12月号)の「麻原彰晃・出生の謎」という記事を紹介してデマであるとし、「凶悪な事件が発生すると犯人が在日と規定される――さながら現代のヘイトスピーチにも通じるような現象である。」と結論を下していた。
 「TOCANA」が掲載していた「宝島30」の内容を要約するとこうなる。
●作家の中島渉氏が出生地である熊本や韓国を調べた。
●韓国の役場で戸籍調査したところ、「戦時中の創氏改名において麻原の本名となる松本性を名乗った朝鮮人はいたようだが、麻原の父や祖父の名前は見つからない。さらに、朝鮮で没したといわれる麻原の祖母についての記録も存在しなかった。」。
●祖父の職業は、日本人経営の農場に働きに来た小作人。
●麻原の出自の調査のために韓国を訪れた日本のマスコミは、中島氏の以前にはいなかった。
●被差別部落出身説についても、無関係。
●麻原が会う人物によって「私は在日」「私は部落民」と立場を変えた発言を行い、相手を取り込んでいった。
 「麻原彰晃の父は朝鮮で生まれている。麻原の祖父が家族で日本から朝鮮へ渡り、現地で子どもが生まれたもので、麻原の父は外地生まれの日本人となる。戦前戦中においては取り 立てて珍しいことではない。祖父の職業については、高山文彦氏の『麻原彰晃の誕生』(文藝春秋)においては警察官とされている」との記述があるが、これは「宝島30」に書いてあるのではなく、TOCANAのライターが独自に書き加えたものだろう。ちなみに、「麻原彰晃の誕生」の出版年は2006年だ。

 麻原は選挙に出馬していたので、日本国籍を保有していることに疑いは無い。であれば、日本の戸籍も保有している。
 麻原の家系が明治以降に帰化したかどうかを調べるのであれば、松本家の戸籍を遡って調査したらいいだけだ。韓国で戸籍調査をする必要はない。なのに、韓国に渡って戸籍調査をしたのは、松本家の除籍簿などを調べられなかったので、代わりに韓国で調べたということだろう。
 大体、韓国での戸籍調査にどれ程の意味があるのだろうか。朝鮮戸籍(併合中に朝鮮で用いられた戸籍)に記載されている松本性の朝鮮人の中に麻原の父や祖父の名前が無かったからといって、麻原のルーツが朝鮮と無関係であることを証明することにならない。麻原の父や祖父が、戦前に内地戸籍へ転籍した、若しくは戦後に帰化したのであれば、朝鮮戸籍で松本性の朝鮮人を調べても無意味だ。
 ところで、麻原の祖父が日本人経営の農場で小作人をしていたとの情報はどの様にして得たのだろうか。若し、韓国での調査で農場関係者から得られたのだとするなら、松本家の朝鮮での様子が語られてもいいと思うのだが。

 「麻原彰晃の父親は在日朝鮮人」という話は、「週刊現代」1995年5月27日号で、代議士だった栗本慎一郎氏が「父親は、在日朝鮮人である」と述べていたというのが根拠になっているらしい。該当の記事を確認してみると、「在日朝鮮人」とは書いていなかった。
*** 週刊現代1995年5月27日号「麻原オウム真理教と統一協会を結ぶ点と線」 ***
 実は’91年晩秋に、麻原と会談したことがある。話題は輪廻転生や空中浮遊の科学的根拠などで、当然彼の超能力の可能性は否定してやったんだが、会談に先立って、意外な事実をつかんだんです。麻原の父親は朝鮮から日本へ渡ってきた人だったんです。
***************************************************************************
 「麻原の父親は朝鮮から日本へ渡ってきた人」では、麻原の父が「朝鮮人」とも「朝鮮人ではない」とも断定できない。栗本氏はどの様な意味で言ったのだろうか。

 麻原の出自に関しては、この様な著作物もあるらしい。
●「週刊文春」2000年新年合併号
 「松本の祖父は熊本県出身の警察官で、戦前に朝鮮半島に渡り、その地で警察署長を務めた後、終戦後、熊本に引き揚げた」
●高山文彦著「麻原彰晃の誕生」(出版年は2006年)
 親族が「松本家は朝鮮半島の出自ではなく、朝鮮から引き揚げてきた日本人」と証言している。松本の父は現在の大韓民国全羅北道益山郡春浦面の生まれ。
●「オウム真理教大辞典」(出版年は2003年)
 麻原本人が「在日」「部落」発言をしていたという噂により、在日説、部落出身説があったが、デマである。

 「オウム真理教大辞典」は「宝島30」の「麻原彰晃・出生の謎」という記事を引用していると思われるので、新たなソースとして扱うわけにはいかないが、「週刊文春」と「麻原彰晃の誕生」からすると、「朝鮮から日本へ渡ってきた人」は引き揚げ者のことだと推測される。
 しかし、ネット上には「ジャーナリストの江川紹子氏も【朝鮮籍の子:松本智津夫として生まれた】 と裁判傍聴記録で確認している。」との記述も多く見られる。「裁判記録で確認」なら分かるが、「裁判傍聴記録で確認」というのは変だ。オウム裁判を丹念に傍聴していた江川氏が誰の傍聴の記録を参照したというのだろうか。
 調べてみると、江川氏の著書に「『オウム真理教』裁判傍聴記〈1〉」「『オウム真理教』裁判傍聴記〈2〉」という本があった。裁判傍聴記録とはこの本を指しているのではないかと思い、「『オウム真理教』裁判傍聴記」の中に「朝鮮籍の子:松本智津夫として生まれた」の記述があると示しているサイト等がないかと探してみたが見つからない。

 調べを進めていると、「国民が知らない反日の実態」というサイトの「■教祖・麻原彰晃(本名:松本智津夫)の父親は朝鮮人だった」に【朝鮮籍の子:松本智津夫として生まれた】との記述があり、リンク先が貼られているのが分かった。そのリンク先は「OKWave」だった。
****************************
http://okwave.jp/qa/q3002363.html
==質問==2007-05-15
「彼らは日本人じゃない?」
過去の質問と回答を見ていたら、浅原彰晃、池田小学校事件の宅間守、酒鬼薔薇聖斗の東慎一郎は、皆日本人ではないとの記述に出くわしました。これは事実でしょうか? ご存知の方教えてください。
=====

==回答No.3==2007-05-16
回答者:password
何も調査せずに、嘘付き呼ばわりするのも プロパガンタですので
誤魔化されないようにねw

麻原は父親の時に帰化していますので、日本人です。
(家族構成など、アメリカの報道機関で詳しく報道されています)

東慎一郎は 在日部落出身ですが、両親の代で 共に帰化している模様ですが
近所の人の話レベルの情報なので、帰化したかどうかは不明です
=====

==お礼コメント==2007-05-16
回答有難う御座います。 私が見たのとほぼ同じ回答ですが、参考までにアメリカ報道機関の報道内容、など具体的な根拠を示して頂くことは出来ないでしょうか?
=====

==回答No.4==2007-05-16
回答者:password
海外でのリンクは切れて、ミラーも無いようですね。

週刊現代平成7年5月27日号(栗本議員:当時)によれば、
祖父が戦前朝鮮に移民したのがキッカケで、
朝鮮籍の子:松本智津夫として生まれたそうです。

江川紹子氏も 裁判傍聴記録で確認しているそうですので
まあ、間違いは無いでしょう。

まあ 宅間以外は、『朝鮮系日本人であり 在日では無い』可能性の方が高いでしょう。
(宅間守も在日部落出身で 兄が朝鮮籍である事が晒されたので、在日の可能性がある程度です)
=====
****************************
 前述したが、栗本氏が週刊現代平成7年5月27日号の「麻原オウム真理教と統一協会を結ぶ点と線」で語っていたのは、「麻原の父親は朝鮮から日本へ渡ってきた人」であって、「朝鮮籍の子」ではない。なのに、江川氏が確認したことになっている。それに加え、栗本氏は麻原の祖父について一言も語っていないのに、麻原の祖父が戦前に朝鮮へ移民したと言ったことになっている。
 回答者のpassword氏は「朝鮮籍の子:松本智津夫として生まれたそうです。」をどの様な意味で書いたのだろうか。これでは「松本智津夫が生まれた時に朝鮮籍だった」、または「朝鮮籍の子の下に松本智津夫が生まれた(つまり、松本智津夫の親が朝鮮籍だった)」という2つの意味に取れる。確認する術は無いので、password氏の真意は測りかねるが、後者の意味として受け取られたようだ。

 「"朝鮮籍の子" "松本智津夫として生まれた"」で検索すると、twitter、ブログ、掲示板等に「朝鮮籍の子」と「松本智津夫として生まれた」の2つの語句を含んだ書き込みが見られるが、「回答No.4」以前、つまり2007年5月16日以前に書き込まれたものは無い。とすると、「ジャーナリストの江川紹子氏も【朝鮮籍の子:松本智津夫として生まれた】 と裁判傍聴記録で確認している。」のフレーズはOKWaveの回答を根拠として始まったと考えられる。そうだとしたら、信頼性は無いと言わざる得ないだろう。

 また、password氏は回答No.3で、麻原の父が帰化していてそれをアメリカの報道機関が報道しているとしているが、リンク切れしているとも言っている。
 一寸調べてみたが、麻原の父が帰化人と報道したアメリカのメディアは見つからなかった。時間を掛けて調べれば出で来るのかもしれないが、本当にその様な報道をしたアメリカメディアはあったのだろうか。

 アメリカメディアの報道と書いている訳ではないが、「国民が知らない反日の実態」というサイトには、「米大人類社会学のJames Lett教授 『The Aum Cult, the Cult of Poison Gas』」との記載があり、ウェブ魚拓のリンクが貼られている。
 ウェブ魚拓から「The Aum Cult, the Cult of Poison Gas」という文章を確認すると、「James Lett」の名は無く、「Copyright c 1995 by Jonathan Vankin and John Whalen」と表記されていた。著作権がこの2人にあると主張している文章に、James Lett教授の名が使われているのは何故だろうか。
 それはそうと、「The Aum Cult, the Cult of Poison Gas」にざっと目を通してみた。この文章は、オウム自体や一連の事件と騒動について、日本の報道を参考にして書かれたものの様だ。独自取材をしているようには感じない。
 とはいえ、麻原の出自に関する部分があるのでその部分を抜き出す。
****************************
The Japanese weekly press (the weeklies are Japan's sole bastion of crusading and every-so-often reckless journalism) has been filled with speculation about Aum's connection to the South Korean Unification Church--the Moonies, which itself has long had strong ties, even its origins, in the Korean CIA. This same speculation has extended beyond the pulpy pages of the weeklies. Last week, journalist Takashi Tachibana asserted the Moonie-Aum connection in a TV interview, as well as widespread links between Aum and prominent politicians.

Tachibana didn't cite any evidence, but he does have his credibility to ride on. He's the journalist whose revelations played a leading role in bringing down the government of Lockheed-scandal-connected Prime Minister Kakuei Tanaka.

One weekly reported that Asahara's own father is Korean. The conservative daily press and TV won't touch that one, for fear of stirring up anti-Korean resentment and, possibly, alienating the South Korean government which Japan has recently been bending over backwards to befriend. It was reported that, when the crackdown on Aum began, the cult gave some of its assets to another, unnamed religious organization for safekeeping. The Moonies, perhaps?
****************************
 翻訳する。
****************************
日本の週刊誌(週刊誌は日本における改革運動の唯一の砦で、あらゆることにおいてしばしば無鉄砲なジャーナリズム)は韓国の統一教会-統一教会自体、その出発点から韓国中央情報部と強い結び付きを長く持っている-に対するオウムのコネクションについての憶測で溢れた。この同じ憶測は、週刊誌の低俗なページを越えて広がった。 先週、ジャーナリストの立花隆は、テレビ取材で統一教会信者とオウムの関連性を断言し、その上広範囲に及ぶつながりがオウムと著名な政治家の間にあるとも。

立花は少しも証拠を引用しなかったが、彼は信頼性を持っている。 彼は、暴露によってロッキードスキャンダルと係わっていた田中角栄首相の政権を倒すことに主導的な役割果たしたジャーナリストである。

ある週刊誌が麻原の自身の父が韓国人であると報じた。保守的な日刊新聞とテレビは、反韓の怒りが巻き起こるのを恐れたのと、おそらく、日本が最近、仲良くなるために尽力していた韓国政府に反発することを恐れて、これに触れない。 オウムに対する取締りが始まった時、カルトは保全のために別の無名の宗教団体に一部のその資産を与えたと報じられた。 統一教会、たぶん?
****************************
 下手な翻訳だが、こんな感じだろう。
 麻原の父の情報は、日本の週刊誌からのものだった。おそらく、その週刊誌は「週刊現代」1995年5月27日号ではないだろうか。

 色々調べてみたが、「麻原彰晃の父親は在日朝鮮人」という話に確かな証拠は見つからなかった。では、実際のところ、松本家はどの様に歩んできたのだろうか。改めて情報を整理する。
△麻原の祖父は熊本県出身。
◇麻原の祖父は日本人。
△麻原の祖父は戦前に朝鮮半島に渡った。
△麻原の祖父の朝鮮での職業は警察署長。
◇麻原の祖父の朝鮮での職業は警察官。
▽麻原の祖父の朝鮮での職業は日本人経営の農場で働いていた小作人。
▽麻原の祖母は朝鮮で没したといわれる。
△麻原の祖父は終戦後に熊本へ引き揚げた。
◇麻原の祖父は朝鮮から引き揚げてきた。
◇麻原の父は現在の大韓民国全羅北道益山郡春浦面の生まれ。
※▽、△、◇は引用元を示す。
▽「宝島30」1995年12月号より
△「週刊文春」2000年新年合併号より
◇「麻原彰晃の誕生」より

 松本家の親族が「朝鮮から引き揚げてきた日本人」と証言しているので、これは間違いないと思う。麻原の父が朝鮮生まれというのも、出生地の詳細さ(戸籍からの情報か?)から本当ではないだろうか。
 麻原の祖父の朝鮮での職業については、小作と警察官の二通りある。調べてみると、麻原の父が生まれたとされる全羅北道益山郡春浦面には、肥後熊本藩主だった細川家の第16代当主・細川護立が農場主を務めた「細川侯爵朝鮮農場」があった。細川家は1909年に850町歩の土地を大場村(日本人移民村)で確保し、農場経営を始めた。最盛期には3000町歩(全羅北道益山郡に2000町歩、全羅南道潭陽郡に1000町歩)所有し、数千人の小作人がいたようだ。春浦面大場村は、1996年に春浦面大場村里から春浦面春浦里に改名されたが、まだこの地に1940年代に建てられた細川農場の日本家屋が「旧細川農場家屋」(登録文化財第211号)として残っている。
 また、大場村には今村農場もあった。今村農場は、熊本の小学校校長だった今村一次郎(1874年生まれ)が1906年に朝鮮へ渡り、大場村で農場経営を始め、益山郡に350町歩(所有田250町歩、信託田100町歩)を持つに至ったようだ。
 麻原の祖父の出身地に縁のある地主が、麻原の父の出生地に農場を持っていたということは何らかのつながりを感じさせる。しかし、週刊文春と高山文彦氏が揃って麻原の祖父の職業を警察官としているので、それなりの根拠があることだとも思う。この2つについて整合性を取るとしたら、こういうことになるだろうか。麻原の祖父が地縁絡みで朝鮮に移住してみたものの、異郷での小作農は思った以上に厳しく、日韓併合で警察官が必要とされていたので、早々に転職した。台湾でも日本人小作移民を招来して小作制経営をしよとしたが、離農者が続出してほとんどいなくなり、台湾人小作人を使って成功した農場(南隆農場)があったことを考えると、当たらずとも遠からずではないだろうか。

 麻原の祖父は熊本出身で間違いないだろうが、祖母もそうだとは限らない。麻原の祖父の子が、麻原の父なのか母なのかも分からない。そればかりか、麻原の親が麻原の祖父の実子なのか養子なのかも分からない。ただ、麻原の12歳年上の長兄は1943年頃(麻原は1955年生まれ)に生まれているから、麻原の両親はこの時までに朝鮮で結婚していた筈。長兄が生まれた年には、少なくとも18歳であっただろう。だったら、麻原の親は1925年以前に誕生していると推測される。この頃の男性の初婚年齢は27歳位、女性の初婚年齢は23歳位なので、それを当てはめると、麻原の父は1916年生まれ、麻原の母は1920年生まれとなる。麻原の親が麻原の祖父の長子とは限らないので、麻原の祖父が朝鮮半島にいた時期はもっと前とも考えられる。そう考えると、麻原の祖父は早い時期、例えば細川農場の開設に合わせて朝鮮へ渡っていたのではないかと思えてくる。そうだとすると、麻原の祖父が警察に勤めていた勤続年数は30年を超えていたかもしれず、警察署長になっていた可能性もあるだろう。麻原の祖父が警察署長という話も本当なのかもしれない。

 麻原のルーツに朝鮮が関係しているとしたら、次のようなケースだろう。
●麻原の祖父が朝鮮で朝鮮人と結婚した(祖母が朝鮮人)
●麻原の祖父が朝鮮人から養子を迎えた(親が朝鮮人)
●麻原の父が朝鮮で朝鮮人と結婚した(母が朝鮮人)
●麻原の母が朝鮮で朝鮮人と結婚し、婿養子にした(父が朝鮮人)
 でも、この様なことに関する情報は全く無い。だから、麻原が朝鮮系という証拠は無いが、朝鮮系では無いという証拠も無い。松本家の誰かが戸籍を遡って調査し、公開すればハッキリすることだが、そういうことは行われないだろう。
 一度立ったこの類の噂は、嘘であることが証明されない限りなかなか消えない。明確な証拠が示される見込みが無いのだから、この先も麻原が朝鮮系という言説は燻り続けるだろう。

///////////////////////////
麻原彰晃・在日説はなぜ拡散した? 今、総括するオウム真理教
http://tocana.jp/2015/03/post_5957.html
オウム麻原の父親は朝鮮人。サリンテロは朝鮮人による日本人虐殺テロ攻撃
http://ameblo.jp/sinesayoku/entry-10147496793.html
◎統一協会とオーム真理教と北朝鮮の関係
http://www.asyura2.com/0311/lunchbreak2/msg/944.html
麻原彰晃
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BA%BB%E5%8E%9F%E5%BD%B0%E6%99%83
■教祖・麻原彰晃(本名:松本智津夫)の父親は朝鮮人だった
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/668.html
彼らは日本人じゃない?
http://okwave.jp/qa/q3002363.html
益山・旧細川農場家屋
http://liumeiuru.hacca.jp/75/
韓国KBS【韓国再発見】全羅北道益山市編(2/16)紹介された名所
http://ameblo.jp/tangnamu/entry-11472662960.html
益山イクサンの近代文化遺産 萬頃堤防と細川農場家屋・今井農場家屋 益山再発見の旅②
http://ameblo.jp/tangnamu/entry-11586703284.html
植民地期朝鮮における万頃江改修工事と土地収用令 - 福岡大学
http://www.adm.fukuoka-u.ac.jp/fu844/home2/Ronso/RonsyuA/Vol10-3/A1003_0001.pdf
三五公司南隆農場
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E4%BA%94%E5%85%AC%E5%8F%B8%E5%8D%97%E9%9A%86%E8%BE%B2%E5%A0%B4
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

小生、麻原彰晃には会って話をしたことがあります。
と言っても、まだオウムを起こす少し前習志野自衛隊の近くで健康食品店を営んでる時の店主と客としてでしたが…
この店結構健康食品店としては先進的で他で売ってないものが結構有ったので、時々買いに行かされたものです。
実際目が悪いという触れ込みでしたがまあ普通に店番をしてましたしレジもやってたと記憶してます。今を遡ること30年以上前の話ですがね。

オウム事件で色々言われた時に小生のまわりではあああの時の…という反応が大でした。

kazk | URL | 2015-03-29(Sun)14:08 [編集]


Re: タイトルなし

> 小生、麻原彰晃には会って話をしたことがあります。
> と言っても、まだオウムを起こす少し前習志野自衛隊の近くで健康食品店を営んでる時の店主と客としてでしたが…
> この店結構健康食品店としては先進的で他で売ってないものが結構有ったので、時々買いに行かされたものです。
> 実際目が悪いという触れ込みでしたがまあ普通に店番をしてましたしレジもやってたと記憶してます。今を遡ること30年以上前の話ですがね。
>
> オウム事件で色々言われた時に小生のまわりではあああの時の…という反応が大でした。

麻原は1981年2月にBMA薬局を開業し、翌年6月にニセ漢方薬の製造販売により薬事法違反で逮捕されていますから、Kazkさんが出会ったのはこの頃でしょうか。
麻原がオウム事件を起こしても「あああの時の…」程度の反応だったということは、あの男ならやりかねないと思われていたのでしょうか。

M8ボルト | URL | 2015-03-29(Sun)22:04 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。